シャープの衣類乾燥除湿機 CV-J180とCV-H180の違いと特長は?

スポンサーリンク

シャープの除湿機パワフルタイプは強力な除湿パワーが魅力です。1日に50Hz地域で16L、60Hz地域では18Lのトップクラスの除湿能力を持っています。

今回新たにCV-J180が発売されましたが、前モデルCV-H180に比べると新製品ということもあってとても高額です。アマゾンで見ても3万円以上値差がありました(この記事を書いた時点、2019年4月12日)。

シャープの衣類乾燥除湿機 CV-J180とCV-H180の違い

CV-J180とCV-H180の違いは仕様を見る限り見当たりません。2019年モデルとして型番だけを変えているのだと思います。

一応念のためシャープのサポートサービスにお聞きしたところ仕様の変更はないとの答えをいただきました。同じってことですね。

型落ちを気にしないのであれば、現時点ではCV-H180を選ぶのが賢い買い物になります。シャープさんの製品は多くは新製品より価格が下がっている型落ち品が人気です。

この除湿機もその流れです。シャープさんの製品を買う時は型落ちを狙うのがお得です。

ただし、大きな仕様変更がある商品では必ずしも型落ちの方が安くて良いというわけにはいきませんので、そこだけは注意してください。

CV-J180とCV-H180の違いはないので、安く買うならCV-H180がおすすめです。

シャープの衣類乾燥除湿機 CV-J180、CV-H180の特長と口コミ

特長

プラズマクラスター7000搭載

CV-J180とCv-H180が同じだということはお伝えした通りです。特長はシャープの除湿機にはプラズマクラスター7000が搭載されていることです。そのため生乾き臭や汗臭、タバコ付着臭、付着カビ菌の増殖抑制などの効果が期待できると広告ページには記されています。

上下左右のワイドなスイング

上下190cm、左右165cmの範囲をカバーするので2段干しにも対応できます。大量の洗濯物にも対応できとても便利だと思います。

スポット送風

短時間で乾かすスポット送風も便利です。わずか40分で体操服上下が乾燥します。乾燥しにくい厚手の衣類もスポット送風なら短時間で乾燥させることができます。

パワフルタイプCV-H180の口コミ

ものすごい風量でゴーッツと風が出るので、そりゃあ乾くだろうという感じです。一気に乾かす感じで、周囲のものもばらばらとなびく。

除湿能力にビックリ!
6年くらいから同じシャープの除湿機を使用してましたが、この製品に買い替えてビックリしたのは除湿能力です。タンクの容量は2倍ほどあるのに満タンになる時間があまり変わらない事です。

それでいて部屋の湿度が下がり過ぎないので喉が痛くならず、購入して良かったと思います。

不満な点は、除湿能力が高いのでしょうがないのですが、音がうるさいです。弱にしても気になるので、寝室では夜に使えません。あとは色にブラックがあれば良かったなと思います。

快適

自動設定だと、洗濯物の乾きが不十分でしたが、乾燥(強)にすると、十分です。満足です

(出典:価格com)

除湿能力は十分ですね。洗濯物の十分乾くようです。自動設定は湿度を検出して除湿を止めてしまうので、場合によっては洗濯物が生乾きになることもあるようです。

参考:コンパクトタイプの口コミ(除湿能力が7.1L/日)

失敗 反省 後悔

7年前に購入したCV-Z100のファンが動かなくなり、代替え器にて購入。コンプレッサー式にて期待するも、以前と比べてパワー不足で煩い。安いけど、、洗濯物を乾かしきれず 後悔で胸いっぱい。シャープ製のエアコンで後悔したばかりなのに、、またシャープ製を購入してしまったこと値段に勝てない自分が悲しすぎる

衣類乾燥機としてやはり、狭い部屋だと効果が半端ない。すぐに湿度が50パーセント台まで落ちて、温度もやや上がり。理想的な環境。夜干して、朝には洗濯物ぱりぱり?。貯水タンクはまだ余力ありでした。

除湿機として朝の時点で、部屋の湿度計は95パーセントを振り切った状態。お任せモードで除湿すると 約6時間でタンクが満水になって停止。

部屋の湿度計は75パーセント。こんだけ除湿しても、適正湿度にはならないくらい部屋はジメジメである。部屋は約20畳

(出典:価格com)

コンパクトタイプは本当に小さな部屋でしか使えないですね。使用場所をよく考えたうえで購入したほうがよさそうです。洗濯物を乾かすに徹するのであればパワフルタイプのCV-J180とCV-H180がお勧めです。価格面からはCV-H180ですね。

他のタイプとの除湿パワー比較

パワフルタイプ

CV-J180、CV-H180 衣類乾燥/除湿/消臭

除湿能力(60Hz) : 18L/日(50Hz 時:16L/日)
衣類乾燥時間 : 約80分(2kg)

スタンダードタイプ

CV-J120、CV-H120 衣類乾燥/除湿/消臭

除湿能力(60Hz) : 12L/日(50Hz 時:11L/日)
衣類乾燥時間 : 約100分(2kg)

コンパクトタイプ

CV-J71、CV-H71、CV-G71 衣類乾燥/除湿/消臭

除湿能力(60Hz) : 7.1L/日(50Hz時:6.3L/日)
衣類乾燥時間 : 約180分(2kg)

今回ご紹介しているCV-J180、CV-H180はスタンダートタイプの1.5倍、コンパクトタイプの2.5倍の除湿パワーがあります。

ご存知の通り、洗濯物を速く乾かすには除湿パワーと洗濯物に充てる風量が必要です。圧倒的な除湿パワーのあるパワフルタイプを選べば衣類乾燥では間違えありません。ただし、運転音はうるさいです。

CV-J180、CV-H180の購入は?

CV-J180、CV-H180はともに通販で購入できます。通販価格は変動が激しいので直接通販で価格を確認いただいた方が間違えないです。

楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングの販売ページリストは下記の赤、緑、ブルーのラベルが付いたリンクから行けます。価格順にリストされているので最新価格や最安ショップもすぐわかります。

CV-J180

楽天市場シャープ衣類乾燥除湿機CV-J180楽天市場安値ショップ一覧

アマゾンシャープ衣類乾燥除湿機CV-J180アマゾン安値ショップ一覧

YAHOO!シャープ衣類乾燥除湿機CV-J180ヤフー安値ショップ一覧

CV-H180

楽天市場シャープ衣類乾燥除湿機CV-H180楽天市場安値ショップ一覧

アマゾンシャープ衣類乾燥除湿機CV-H180アマゾン安値ショップ一覧

YAHOO!シャープ衣類乾燥除湿機CV-H180ヤフー安値ショップ一覧

まとめ

シャープの衣類乾燥除湿機 CV-J180とCV-H180の違いはないという結論になりました。先にも説明しましたが空気清浄機や除湿機などのシャープ製品は新製品が出ても型落ちの方が売れ続けます。

その理由は価格が安いからです。シャープの販売戦略ですね。ですから、よほど仕様が変わらない限りは型落ちであっても安いものを買うのが鉄則のようです。

来年になりまた新モデルが出るころは本年の新製品がお買い得になっているはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする