象印の加湿器 2シーズン目の加湿量は大丈夫?~実測してみた結果は?

スポンサーリンク

2017年11月に購入した象印の加湿器EE-RM35が2年目です。2019年3月に入ってもフル稼働です。2シーズン目に入って、加湿量に変化があるのか調べてみました。

2シーズンで加湿能力は変化したか調べた結果

1.測定方法は次の通りです。

測定にはワットモニターを使用。

加湿量を調べたかったので、加湿器を満水にして沸騰するまで約20分ほど待ちます。測定は連続加湿モードの「強」で行いました。

以下、沸騰してから測定します。

15:17 4424g(満水状態の加湿器の重量)

17:18 3730g(2時間後の加湿器の重量)

2.加湿能力は2年目も大丈夫?

約2時間で蒸発した水は、

4424-3730=694ml

1時間で蒸発した量は、

694ml/2h=347ml/h

簡易的な方法で測定しましたが、ほぼ定格の350ml/hに近い値になりました。パワーは落ちていませんでした。

スタート時の湿度は30%とカラカラでしたが、連続加湿しているので1時間ほどで60%になっていました。通常は自動運転で標準にしているので40~50%ぐらいです。

加湿能力は2シーズン目になってもほぼ定格通りでした。電気ポットみたいでカッコ悪いとか言われる加湿器ですが、きっちりと仕事をしてくれています。この調子なら来シーズンも問題なさそうです。

2シーズン目のEE-RM35です。

象印加湿器のスペック

2.2Lタイプ(今回実測したタイプです)

  • 容量:2.2L
  • 消費電力:985W
  • 加湿時最大消費電力:305W
  • 定格加湿能力:350ml/h
  • 連続加湿時間:「強」約6時間、「弱」約27時間
  • コード長:1.2m
  • 質量:約2.3kg

3.0Lタイプ

  • 容量:3.0L
  • 消費電力:985W
  • 加湿時最大消費電力:410W
  • 定格加湿能力:480ml/h
  • 連続加湿時間:「強」約6時間、「弱」約24時間
  • コード長:1.2m
  • 質量:約2.4kg

今回測定したのは2017年モデルEE-RM35ですが、最新モデルはEE-RN35です。また、3Lタイプの最新モデルはEE-RN50です。部屋の大きさで選択すればいいと思いますが、3Lタイプが給水回数が少なくて済むのでおすすめです。電気代も自動運転であれば大差ないと思います。

EE-RN35

楽天市場象印 加湿器EE-RN35楽天市場安値ショップ一覧

アマゾン象印 加湿器EE-RN35アマゾン安値ショップ一覧

YAHOO!象印 加湿器EE-RN35ヤフー安値ショップ一覧

EE-RN50

楽天市場象印 加湿器EE-RN50楽天市場安値ショップ一覧

アマゾン象印 加湿器EE-RN50アマゾン安値ショップ一覧

YAHOO!象印 加湿器EE-RN50ヤフー安値ショップ一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする