シャープ 空気清浄機 FU-H50とKC-H50の違い おすすめはどっち?

スポンサーリンク

シャープ 空気清浄機 FU-H50と加湿空気清浄機KC-H50の違いと、おすすめなはどちらなのかをお伝えしています。

FU-H50

KC-H50

シャープ 空気清浄機 FU-H50とKC-H50の違い

大きな違いは、加湿器機能です。FU-H50は空気清浄専用で加湿機能がありません。それに対しKC-H50は加湿機能があります。そのためKC-H50であれば乾燥時期に加湿器をわざわざ用意する必要がありません。

清浄時間

FU-H50 KC-H50
8畳/12分 8畳/12分)

空気清浄の適用床面積目安

FU-H50 KC-H50
23畳(38m3) 23畳(38m3)

空気清浄できる床面積は同じ23畳までです。実際にはこの半分ぐらいの大きさの部屋で使用するのがよいと思います。

プラズマクラスター7000も適用床面積目安

FU-H50 KC-H50
14畳(23m3) 13畳(21m3)

プラズマクラスター7000の適用床面積はFU-H50の方が少し大きくなっています。空気清浄のてき適用床面に比べプラズマクラスターの適用床面積は6割程度しかありません。

プラズマクラスターの効果もしっかりと得るのであれば、どちらの機種も13~14畳までになります。

空気清浄風量の比較

単位:m3/分

FU-H50 KC-H50
強:3.4
中:2.4
静音:1.0
強:5.1
中:2.9
静音:1.0

風量はKC-H50の方が大きいです。

空気清時の浄運転音比較

単位:dB

FU-H50 KC-H50
強:52
中:40
静音:21
強:52
中:38
静音:20

運転音は同じ程度です。静音ではとても静かです。

空気清浄時の消費電力比較

単位:W(円/時間)

FU-H50 KC-H50
強:49(1.32)
中:13(0.35)
静音:2.6(0.07)
強:54(1.46)
中:13(0.35)
静音:3.3(0.09)

消費電力はKC-H50の方がわずかですが大きいです。電気代の違いは無視できるほど少ないです。

外形寸法(幅x奥行x高さmm)・質量(kg)

FU-H50 KC-H50
外形寸法:383×209×540
質量:約4.9
外形寸法:399×230×615
質量:約7.7

加湿器のがある分、KC-H50の方がサイズ、質量ともに大きくなっています。

参考:加湿空気清浄 KC-H50

適用床面積目安 プレハブ洋室:14畳(23m3)
木造和室:8.5畳(14m3)
清浄時間 8畳を17分 強運転時
風量(m3/分) 強:3.4
中:2.0
静音:1.0
消費電力(W) 強:20
中:11
静音:3.8
電気代(円) 強:0.54
中:0.30
静音:0.10
加湿量(mL/h) 強:500
中:400
静音:200
運転音(dB) 強:42
中:35
静音:20

適用床面積と清浄時間~できるだけ速く空気清浄できた方が快適!

適用床面積というのは、粉じん濃度が1.25mg/m3から0.15mg/m3に30分で下がる部屋の大きさを表します。

8畳の清浄時間とは、8畳で空気清浄したとき粉じん濃度が1.25mg/m3から0.15mg/m3まで下がる時間です。この空気清浄機はともに12分です。

表現の方法が違いますが、8畳で何分の方がわかりやすい気がします。適用床面積には30分としっかり書かれていないのでわかりにくいのだと思います。

23畳で30分なので、単純に8畳なら10分となりますが、清浄時間の表記は12分です。ちょっと違いますが、大雑把には合っています。6畳なら8分ぐらいで空気がきれいになるといった感じです。

速く空気清浄をしたい場合は使用する部屋より適用床面積が大きなものを選ぶといいわけですね。大きすぎるからと言ってサイズや重量を別にすれば悪いことは何もありません。

使用する部屋の大きさはプラズマクラスターの適用床面積14畳までにしておくと比較的快適に使えると思います。空気清浄に17~18分かかりますが、23畳で使用すれば、空気清浄に30分もかかります。それに比べればずっと快適ですね。

おすすめは~加湿機能があるKC-H50がお得です

FU-H50、KC-H50ともに空気清浄機能やプラズマクラスター7000を最大限に活かすのであれば14畳以下での使用がお勧めです。

ところでFU-H50とKC-H50では、どちらがおすすめでしょう?

設置する部屋にはすでに加湿器があるのであれば、FU-H50でよさそうですが、万が一現在使用中の加湿器の調子が悪くなったりしたときにはKC-H50はピンチヒッターになれますし、あるいは、今ある加湿器を別の部屋で使うこともできます。

加湿機能がついて、現在の価格差はほとんどないのでKC-H50がおすすめです。加湿は気化式なので超音波式のように白い粉が飛んだり、雑菌が飛んだりする心配はあまりありまりません。

加湿機能を今後も使う予定がないのであれば、軽くて小さなFU-H50がいいですが、冬季のインフルエンザの季節には加湿機能ががあった方が安心できると思います。

通販価格情報

FU-H50

楽天市場シャープ空気清浄機FU-H50楽天市場安値ショップ一覧

アマゾンシャープ空気清浄機FU-H50アマゾン安値ショップ一覧

YAHOO!シャープ空気清浄機FU-H50ヤフー安値ショップ一覧

KC-H50

楽天市場シャープ加湿空気清浄機KC-H50楽天市場安値ショップ一覧

アマゾンシャープ加湿空気清浄機KC-H50アマゾン安値ショップ一覧

YAHOO!シャープ加湿空気清浄機KC-H50ヤフー安値ショップ一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする