お祝いにぴったりなチョコ ゴディバの好みによる選び方は?

スポンサーリンク

お祝いなどで人気のチョコレートといえばゴディバ。我が家も、ゴディバをお祝いにごく最近贈りました。あした当たり届くかな。

今回は、ゴディバのチョコ選びのポイントをまとめてみましたので、誰かにプレゼントするときの参考にどうぞ。

ゴディバって?

初めてゴディバという名前を聞いたときなんて変な名前だろうと正直思いました。ゴジラみたいな響きです。まさか、それがチョコのトップブランドとは驚きました。

当初は「ショコラトリー・ドラップス」という名前でした。ベルギーで1326年に生まれたチョコレートメーカーです。その後、ゴディバという名前に変わりました。

このゴディバというのは古いイングランドの伝説にあるLady Godiva(ゴダイヴァ婦人)からとったそうです。ゴディバのロゴマークも、この伝説のLady Godiva(ゴダイヴァ婦人)です。裸のゴダイヴァが梅に乗ったロゴですね。

発音はフランス語だと「ゴディヴァ」に近く、そのため日本では「ゴディバ」になったそうです(ウィキペヂアより)

好みによりゴディバの好みによる選び方

好みや目的でチョコレートを選びましょう。

ゴディバのコレクションは

  • キューブトリュフ
  • ゴールドディスカバリー
  • ゴールドコレクション
  • レジェンデールトリュフ
  • グランプラス
  • カレ アソートメント

などがあります。

チョコの種類としては、大きく5種類あります。それぞれの代表セットは矢印の右側になります。

  • プラリネ ⇒ ゴールドセレクション
  • カレ ⇒ カレ アソートメント
  • ガナッシュ ⇒ ゴールドセレクション
  • キャラメル ⇒ ゴールセレクション
  • tリュフ ⇒ トリュフアソートメント

セットはこれらの組み合わせです。

贈る相手の好みで選ぶ

ガナッシュが好き

チョコレートと牛乳やクリームを混ぜ合わせたガナッシュを、ミルクチョコやダークチョコで包んだものです。おすすめはゴールドコレクションです。

トリュフが好き

トリュフが好きな方なら、トリュフチョコだけの詰め合わせがいいと思います。ゴディバの初期トリュフから最新のトリュフまで歴代トリュフが入っているのでトリュフが好きな方には楽しいセットです。トリュフといいうい名前は、きのこのtリュフに形が似ているところからつけたようですが、似てますかね?おすすめはトリュフ アソートメントです。

ナッツやキャラメルが好き

クリームやナッツが入ったチョコが好きならールドディスカバリーあるいはゴールドセレクションです。ヘーゼルナッツプラリネをミルクチョコで包んだケールレやキャラメルをダークチョコで包んだエキュソンをはじめ多くの種類が楽しめます。おすすめはゴールド コレクションです。

シンプルなチョコが好き

シンプルなプレーンチョコが好みなら、カレ アソートメントがおすすめです。チョコ本来のカカオ味が楽しめます。ミルクチョコ、ダークチョコ、ホワイトチョコなどがあります。四角いパッケージです。

ヘーゼルナッツが好き

へーセルナッツをローストして砂糖と混ぜ合わたものを微視に砕き熟成します。このヘーゼナッツのクリームが中に入ったチョコです。おすすめはゴールド コレクションです。

どんなのが好きなのか不明

どんなのがいいのかわからないのであれば、グランプラスがおすすめです。宝石箱みたいなチョコセットです。いろいろなタイプのチョコが楽しめますよ。

時には自分用にチョコを

疲れたりお腹がすいたら、ミルクチョコがおすすめ。

カロリー制限をしているのであればちょっとほろ苦いダークチョコ。カカオマスが70%以上を選びましょう。

最後に

複雑そうに見えたチョコですが。5種類のチョコを組み合わせることで多くの方の好みに合ったセットを用意してくれているのですね。5種類とはいうものの、種類の中にもバリエーションがあるので全種類は数えてみたら32種類ほどありました。

楽天市場ゴディバチョコレートを楽天でチェック

アマゾンゴディバチョコレートをアマゾンでチェック

YAHOO!ゴディバチョコレートをヤフーでチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする