アイリスオーヤマ IMB-T174と山善MRB-207の違いと評判

アイリスオーヤマの電子レンジIMB-T174と山善の電子レンジMRB-207はどちょらも単機能な格安電子レンジです。実勢価格もあまり変わらずどちらにしようか悩みそうです。そこで今回はアイリスオーヤマ IMB-T174と山善MRB-207の違いをまとめてみました。購入時の参考にしてくださいね。

アイリスオーヤマ IMB-T174と山善MRB-207の違い

スペックの比較

IMB-T174/MBL-17T(白/黒) MRB-207
   
庫内容量
 17L 17L
 本体サイズ(幅x奥x高)cm
 44×32.5×25.5  44×34×25.8
 庫内サイズ(幅x奥x高)cm
 30.6×30.7×19.0  30.7×29.1×19.1
 消費電力
 1150W  1150W
 出力(W)
200/500/700  200/500/700
ターンテーブル
約25.5cm 約25.5cm
 タイマー
 15分  15分
 質量
 11.1kg  11kg
コード長
 1.5m  1.5m

同じOEM先ではないかと思えるほどそっくりですね。サイズも重量も出力ワット数もほぼ同じです。性能的には、どちらを買っても同じです。デザインとお値段で決めてしまってもよさそうですね。

ちなみにアイリスオーヤマの資本金は約1億円、山善は約79億円で会社は山善のほうがずっと大きいです。どちらも信頼できる日本もメーカーですが、今回の商品は中国からのOEMのようですね。

アイリスオーヤマ IMB-T174と山善MRB-207の評判

使いやすさについて評判を集めてみました。アイリスのタイマーは当てにしないほうがよさそうです。チンの音もアイリス、山善ともに小さくて貧弱な音のようですね。

アイリスも山善に対しても、この価格なので温めさえできればよいというのであれば、とても良い製品だというのは多くの方が書き込んでいました。

IMB-T174

  • コンパクトで安くて満足。ひとりものは買ってよい。
  • 温めるだけの機能があればよいと思い購入。解凍もあって便利です。
  • 耐久性もよく汚れもすぐ取れます。電子レンジとした申し分なしです。
  • ターンテーブルが外れるので掃除がしやすいです。
  • タイマーが怪しいが安物の定めとそのままにしています。
  • 会社でお弁当を温めるのに使用。安くてよい製品です。
  • シンプルで使いやすいが天板がフラットでないので物を載せにくい。
  • チンの音が聞こえにくい。次第に聞こえなくなってきた。
  • 音がうるさいが、その他は問題なしです。

MRB-207

  • シンプルで使いやすい。待機電力ゼロというのもいいです。
  • お安くて機能もよく買ってよかったです。
  • シンプルだがタイマーが右回りで使いにくい
  • チンという音が貧弱で、時々ゴーという異音がする。
  • 温めるだけの用途ならおすすめです。解答もあり便利です。
  • 操作が簡単なので母のために購入しました。
  • 機能がシンプルでよい。
  • 見た目がすっきりで、使い勝手もいいです。
  • 機能がいらないのであれば安くておすすめします。

通販価格

IMB-T174(白)/MBL-17T(黒)

楽天市場アイリスオーヤマ電子レンジIMB-T174楽天市場安値ショップ一覧

アマゾンアイリスオーヤマ電子レンジIMB-T174-5(50Hz専用)アマゾン安値ショップ一覧

アマゾンアイリスオーヤマ電子レンジIMB-T174-6(60Hz専用)アマゾン安値ショップ一覧

YAHOO!アイリスオーヤマ電子レンジIMB-T174ヤフー安値ショップ一覧

MRB-207

楽天市場山善 電子レンジMRB-207楽天市場安値ショップ一覧

アマゾン山善 電子レンジMRB-207(W)5(50Hz専用)7アマゾン安値ショップ一覧

アマゾン山善 電子レンジMRB-207(W)6(60Hz専用)7アマゾン安値ショップ一覧

YAHOO!山善 電子レンジMRB-207ヤフー安値ショップ一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする