パナソニックNE-BS605とNE-BS604の違い~おすすめは?

パナソニックNE-BS605とNE-BS604は通販でも人気の26Lスチームオーブンです。調理の幅がNE-BS605では拡がったので、単純に価格だけで選ぶわけにもいかないと思います。ここでは、NE-BS605とNE-BS604の違いをまとめていますので購入時の参考にしてもらえればと思います。

NE-BS605 2018年モデル

NE-BS604 2017年モデル

価格差があまりなければ新しいNE-BS605を選べば良いと思いますが、価格差が大きいときは新仕様や新機能が価格差に見合うかどうかも気になるところです。

パナソニックNE-BS605とNE-BS604の違い

NE-BS605に新たに追加された機能や機能の違いなど

1.パンのあたため

パンを焼き立てのようにする機能です。総菜パンあたため、ロールパンあたため、フランスパンあたための3コースがあります。パンをよく食べる方にはうれしい機能です。

2.低温オーブン

NE-BS605:80℃~ 250℃

NE-BS604:100℃~250℃

オーブンの温度調整範囲が従来の100℃~250℃から80℃~250℃になりました。低温側が伸びたので、NE-BS605はコンフィや、ドライフルーツなどの調理ができます。

3.取説掲載レシピ数(自動メニュー数)

NE-BS605:95(63)

NE-BS604:89(66)

レシピ数はNE-605が少し増えています。自動メニュー数はわずかに減っています。バージョンが新しくなるたびにレシピ数は増えます。レシピの数が多いほどオーブンの活躍する場面が増えますね。

4.合わせ技セット数

2つの異なったメニューが一度でできる調理時間の短縮ができる機能です。NE-BS605では2パターン少なくなりました。

NE-BS605:3パターン

  1. 豚の蒸し焼き&五目おこわ
  2. 塩さば&五色きんぴら
  3. 鶏の照り焼き&ポテトサラダ

NE-BS604:5パターン

  1. 豚の蒸し焼き&五目おこわ
  2. 塩さば&なすのピリ辛あえ
  3. 塩さば&五色きんぴら
  4. 鶏の照り焼き&かぼちゃの煮物
  5. 鶏の照り焼き&ポテトサラダ

5.トースト1枚での焼き時間短縮(2枚以上は同じ)

NE-BS605:約4分50秒

NE-BS604:約4分55秒

5秒ぐらいは誤差内だと思いますが、マニュアルには一応このように書かれています。

以上の5点が追加されたり違ったりしているところです。

1番、2番あたりが大きな違いですが、もしパンの温めや低温オーブンでの料理をするのであればNE-BS605がおすすめです。価格差があまりなければNE-BS605を選べばよいと思います。

通販価格情報

NE-BS605

楽天市場パナソニック ビストロ NE-BS605楽天市場安値ショップ一覧

アマゾンパナソニック ビストロ NE-BS605アマゾン安値ショップ一覧

YAHOO!パナソニック ビストロ NE-BS605ヤフー安値ショップ一覧

NE-BS604

楽天市場パナソニック ビストロ NE-BS604楽天市場安値ショップ一覧

アマゾンパナソニック ビストロ NE-BS604アマゾン安値ショップ一覧

YAHOO!パナソニック ビストロ NE-BS604ヤフー安値ショップ一覧

まとめ

NE-BS605とNE-BS604の違いを見てきましたが、オーブンの温度範囲が低温側に20℃下がったNE-BS605は低温オーブンの調理の分だけ調理できる範囲が広くなりました。また、パンのあたため機能はパン食の多い方には便利な機能ですね。

この記事を書いている時点ではそれほど大きな価格差は2~3千円程度でした。現時点での、おすすめはNE-BS605です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする