パナソニック衣類スチーマーNI-FS750(CFS750)の特長と価格は?

スポンサーリンク

パナソニックの衣類スチーマー新モデルNI-FS750(CFS750)の価格と従来との違いについてお伝えします。NI-FS750とNI-CFS750は流通経路の違いで型番が違っているだけです。

特長1 スチーム持続時間が従来の2倍の8分に

2019年モデルNI-FS750(CFS750)はパナソニックの今までの衣類スチーマーから大きな変更があります。

それは、注水量です。従来はすべて50mlであったものが倍の100mlになりました。これは、パナソニックが利用者さんの調査をした結果、作業途中での給水が多くあったからだそうです。途中給水回数が少なくなればスチームかけも楽になりますね。

いままでは連続スチーム噴出時間が4分だったのが、注水量を2倍にしたので約8分になりました。8分あれば十分ですね。

特長2 手が疲れにくい低重心設計

注水量が多くなれば、それだけ重たくなります。そこはメーカーさんも考えていて、スチーマーの高さを従来の15cmから13cmにすることで対応しています。

高さを低くすることでスチーマーの重心を持ち手に近づけ、手や腕への負担が大きくならない様にしています。てこの原理ですね。多くは持ち上げて使うので少しでも軽く動かせる方がいいですね。

2018年モデルNI-FS540との違いは

違いはスチーム持続時間と低重心設計です。他の消費電力や穴の数、立ち上がり時間、3倍パワフルスチーム機能などは同等です。

同時にリリースされたNI-FS550との違いは?

なお、NI-FS750(CFS750)に合わせNI-FS550リリースされましたが、スペックは重量が15gほど軽くなったぐらいで従来のNI-FS540大きな違いはありません。

2018年、2019年モデルの簡単な比較表

型番 製造 消費電力 立ち上がり
時間
3倍パワフル
スチーム
連続噴出
し時間
穴の数
NI-FS340 2018 950W 30秒 約4分 5
NI-FS540 2018 950W 24秒 約4分 6
NI-FS550 2019 950W 24秒 約4分 6
NI-FS750
NI-CFS750
2019 950W 24秒 約8分 6

通販価格情報

楽天市場パナソニック衣類スチーマーを楽天でチェック

アマゾンパナソニック衣類スチーマーをアマゾンでチェック

YAHOO!パナソニック衣類スチーマーをヤフーでチェック

まとめ

パナソニックの衣類スチーマーは2019年モデルNI-FS750(NI-FS750)でタンク容量が2倍の100mlになり、使い勝手がかなり良くなると思います。スチームかけの途中での給水の手間がかなり省けます。

毎日のように使うのであればタンク容量の大きなNI-FS750(NI-FS750)はお勧めです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする