シャープ KC-N50よりKC-H50がおすすめ~2つの理由、どこが違う?

シャープの加湿空気清浄機KC-H50とKC-N50では、機能面で見るとKC-H50のほうが上です。KC-H50以降の機種では、いくつかの機能が削除されてしまいました。そのため、今でもKC-H50は人気があります。 現在、主に入手できるKC50シリーズは次の通りです。2017年発売のKC-H50は、2021/2/8現在の時点でも購入できます。なお、KC-N50、KC-L50、KC-J50はほぼ同等です。 形名 販売年 備考 KC-N50 2020 照度...

温泉たまごが上手にできると評判のたまごメーカーは?

今回は温泉たまごが上手にできると評判のゆで玉子メーカーのご紹介です。美味しいというのは人それぞれ微妙に違いますが、参考としてご覧ください。 温泉たまご器 たま5ちゃん 温泉たまごが誰でも失敗せず作れる温泉たまご専用器です。 お湯とたまご(最大5個)、温泉たまご器があれば20分で完成です。 電気もレンジも不要、お湯さえあればいつどこでも温泉卵ができます。お湯を沸かすのが面倒という方は残念ながら「たま5ちゃん」は避けましょう。 容...

レンジでゆでたまご~簡単にできる人気のゆでたまごメーカー 専用容器選び方

電子レンに直接たまごを入れて加熱ぃすれば間違えなく破裂してしまいます。しかし専用容器を使うことで破裂させることなくゆでたまごができます。 今回は、レンジでゆでたまごをつくのに便利なおすすめのゆでたまご用容器をお伝えします。 レンジでゆでたまご~簡単にできる人気のゆでたまごメーカー 専用容器選び方 電子レンジで破裂せずにゆでたまごができるのは? 専用容器は蒸し器になっています。蒸し器の水は電子レンジで加熱され蒸気になります。この蒸気でたまごが加熱されゆでたまごができます。 ...

二酸化炭素濃度計(CO2モニター)のおすすめは?

換気の状態を確認するためCO2濃度を測るのがよいとされています。特に店舗では不特定多数の方が出入りするので換気は重要です。 最近は、店舗はもとより家庭でも換気の必要性が求められています。このような状況の中、CO2の濃度を測定する機器が多数販売されています。 価格も数千円から数万円とばらつき、どれを購入したら良いのか正直迷いそうです。 ここではCO2モニターのおすすめをいくつかお伝えしています。 おすすめのCO2モニター T&D(デイアンドデイ) TR-76U...

血中酸素濃度の測定~スマートウォッチと指先パルスオキシメーターの違い~おすすめは?

フィットネスやウェルネスを対象にしたスマートウォッチ内臓のパルスオキシメーターと、指先に装着するクリップ型のパルスオキシメーターの違いをお伝えします。 血中酸素濃度測定 スマートウォッチと指先パルスオキシメーターの違い 反射光を使うか透過光を使うかの違い ●スマートウォッチは腕にバンドで固定されています。光で腕を透過するのはスマートウォッチではパワー的に難しいので、測定は皮膚に当てた光の反射を利用して血中酸素濃度を測定します。下の写真はappleのスマートウォッチのお腹の部分です。...

ブルークロスのパルスオキシメーター購入~製造メーカーは?

ブルークロスのパルスオキシメーターを購入したので、早速使用してみました。有機ELディスプレーを採用したとても見やすい表示です。 今回は楽天のポイントが溜まっていたの楽天から購入しました。 ブルークロスのパルスオキシメーターが届いた この様な小箱に入っていました。 内容物です。 取説、認証番号(器21内臓機能検査用器具~)、本体、乾電池、ストラップ、ポーチなどが入っていました。 製造元は台湾企業 Acare Technology Co., Ltd 本体です。ブ...

シロカの遠赤軽量ヒーターSN-M251/257の特徴と電気代~おすすめの人は?

シロカの遠赤軽量ヒーターは速暖マイカヒーターの後継機として2020年9月に発売されました。名前から「マイカ」がなくなってしまいましたが、しっかり「マイカ」は従来どおり使用しています。 特徴は、前の速暖マイカヒーターと同様にマイカを(雲母)を使ったマイカヒーターであるということです。マイカによって遠赤外線をたっぷり放射する点は以前は健在です。 今回は、この遠赤軽量ヒーターの特長や電気代、そして、どのような人におすすめなのかなどをお伝えします。 シロカの遠赤軽量ヒーターの特徴と...

SengokuのCV-23K,HeavenのHQC-23K,SHC-23Kの違い~おすすめは?

Sengoku CV-23K,Heaven HQC-23K,SHC-23Kは、ちょっと情報不足でわかりにくいのですが、いずれも灯油を使用する対流形ストーブです。 アマゾンの商品ページを見るといずれも日本の(株)千石の商品であることがわかります。千石はアラジンの商標を使用できる日本エー・アイ・シーを買収しアラジン製品の生産をしています。販売は日本エー・アイ・シーで行っています。 しかし、今回の石油ストーブはアラジンとは異なるブランドになっています。千石独自の製品のようです。 ...

コロナSL-5120とトヨトミKR-47A 対流形ストーブの比較~違いは?

コロナSL-5120とトヨトミKR-47Aはどちらも人気の対流形ストーブです。暖房出力はコロナのほうが少し大きいですがライバル機同士といったところです。 購入にあたっては、どちらにしようかと迷う方も多いのではと思います。ここでは、コロナSL-5120とトヨトミKR-47Aの比較と違いについてお伝えします。 コロナSL-5120 トヨトミKR-47A コロナSL-5120とトヨトミKR-47A 対流形ストーブの比較~違いは? 暖房出力と適用床面積 コロナ...

石油ストーブに助燃剤・添加剤~暖房機器メーカーの対応は?

灯油を使った暖房機器には石油ストーブ、ファンヒーター、対流型ストーブなどいろいろな種類があります。灯油を燃焼して発生した熱で暖房をするわけですが、ランニングコストとして灯油代がかかります。 灯油代を少しでも節約したいと考えて助燃剤と呼ばれる添加剤をお考えの方も多いのではないかと思います。 助燃剤を石油ストーブに使って、エラーがでなくなったとか、火力が強くなったとかというレビューが多く見られます。これらのレビューを見ると使ってみたいと思ってしまいます。 そこで、暖房機器メーカーは...