アイリス モップ付きKIC-SLDCP5、KIC-SLDCP6の違い?

スポンサーリンク

アイリスオーヤマの静電モップ付き極細計量スティッククリーナーKIC-SLDCP5とKIC-SLDCP6の違いをお伝えします。

重心位置がKIC-SLDCP5は下に、KIC-SLDCP6は上にあります。その結果、KIC-SLDCP5は性能重視、KIC-SLDCP6は使いやすさを重視しているといえるでしょう。

アイリスオーヤマ モップ付きKIC-SLDCP5、KIC-SLDCP6の違い

掃除機のモーター位置が違う。重心が低いのがKIC-SLDCP5で高いのがKIC-SLDCP6

KIC-SLDCP5とKIC-SLDCP6は見た目もずいぶん違っています。モーター部がパワーヘッドのすぐ近くについているのがKIC-SLDC5。持ち手の近くについているのがKIC-SLDCP6です。

スチッククリーナーの重心位置がKIC-SLDCP5とKIC-SLDCP6では真逆ですね。

テコの原理を持ち出すまでもないですが、KIC-SLDCP5では長いスティックの先に重りをつけているようなものです。当然、先端を持ち上げるときはおおきな力が必要です。

一方のKIC-SLDCP6ではハンドルのすぐ近くにモーターがあるので小さな力でヘッドを持ち上げることができます。ヘッドのあるスティック下の部分は軽いので当然ですね。

段差のある場所の掃除ではヘッドを頻繁に上げ下げします。そのためKIC-SLDCP5とKIC-SLDCP6では腕の疲れ方に大きな差が出ます。

KIC-SLDCP5よりKIC-SLDCP6の方は200g重いのですが、ヘッド上げ下げをするのはKIC-SLDCP5より楽にできます。

カラー・ハンドル部の形状の違い

KIC-SLDCP5のグリップ部は細いですね。力を入れにくいかもしれません。何しろスティックの先端に重たいモーターがあるので力も必要です。ハンディーで使う時もグリップが細いのが難点です。カラーはピンクゴールドです。

KIC-SLDCP6のハンドル部は大きくてグリップしやすそうです。しかも重たいモーターはすぐ近くにあるのでヘッドの上下も楽ですね。ハンディーで使うときもグリップが大きくしっかり握れるので疲れにくそうです。カラーはブラウンピンク

吸引力の違い

取扱説明書やホームページには書かれていませんが、サポートさんにお聞きしたところ、わずかですがKIC-SLDCP5の方が吸引力が強いそうです。具体的な数字は教えてくれませんでしたが、少しでも吸引力の強いのが必要であればKIC-SLDCP5の方がいいと思います。

稼働時間の違い

KIC-SLDCP5

標準モード:約20分
ターボモード:約8分
自動モード:約30分(満充電・バッテリー初期/20℃時)

KIC-SLDCP6

標準モード:約18分
ターボモード:約8分
自動モード:約20~30分

KIC-SLDCP5の方がわずかですが稼働時間が長くなっています。モーターがヘッド近くにあるKIC-SLDCP5の方が効率がいいのかもしれないですね。KIC-SLDCP6はスティックの長さだけゴミを吸い上げるのでちょっと不利です。使い勝手の良さを選ぶか、性能で選ぶかといったところですね。

重さの違い

KIC-SLDCP5

1.4kg
(フロアヘッド・スティックハンドル・バッテリー含む、モップ帯電ケース含まず)

KIC-SLDCP6

1.6kg
(フロアヘッド・スティックハンドル・バッテリー含む)

寸法の違い

KIC-SLDCP5

本体のみ:幅224x奥行163x高さ1043mm

充電スタンド設置時:幅236x奥行210x高さ1098mm

KIC-SLDCP6

本体のみ:幅236x奥行175x高さ1015mm

充電スタンド設置時:幅247x奥行281x高さ1060mm

付属品

KIC-SLDCP5

充電アダプター、充電スタンド、すき間ノズル、静電モップ、モップ帯電ケース、使い捨てダストパック×81枚(1枚 本体内にセット済み)

KIC-SLDCP6

充電アダプター、スタンド、壁置きパーツ、ねじ×2本、接着シート(予備)、静電モップ、モップ帯電ケース、使い捨てダストパック×25枚(1枚 本体内にセット済み)

まとめ

KIC-SLDCP5とKIC-SLDCP6の大きな違いは、モーターが下のヘッド部近くにあるか、上のハンドル部近くにあるかの違いです。

KIC-SLDCP5ではスチックの先に重たいモータ部があるので、ヘッドを持ち上げる必要があるときは大きな力が必要で力の弱い方だと疲れてしまいます。

KIC-SLDCP6ではモーターが持ち手近くにあるので先端は軽いです。そのためヘッドの上げ下げも楽にできます。

その他はそれほど特筆するような違いではありませんが、吸引力はKIC-SLDCP5の方が少し強いとのことです。

KIC-SLDCP5が向いている方

腕力のある方なら問題なく使えます。吸引力やバッテリーの持ちもわずかながらKIC-SLDCPを上回っているので性能重視の方にもおすすめです。

KIC-SLDCP6が向いている方

腕力が弱い方はKIC-SLDCP6です。スティックの先端部分にモーターがないのでヘッドの上下にあまり力がいりません。高いところも楽々お掃除できます。日常的に使うのもなので無理なく使えるKIC-SLDCP6を検討してください。

通販価格情報

KIC-SLDCP5

楽天市場IRIS 極細軽量スティッククリーナー KIC-SLDCP5楽天市場安値ショップ一覧

アマゾンIRIS 極細軽量スティッククリーナー KIC-SLDCP5アマゾン安値ショップ一覧

YAHOO!IRIS 極細軽量スティッククリーナー KIC-SLDCP5ヤフー安値ショップ一覧

KIC-SLDCP6

楽天市場IRIS 極細軽量スティッククリーナー KIC-SLDCP6楽天市場安値ショップ一覧

アマゾンIRIS 極細軽量スティッククリーナー KIC-SLDCP6アマゾン安値ショップ一覧

YAHOO!IRIS 極細軽量スティッククリーナー KIC-SLDCP6ヤフー安値ショップ一覧

まとめ

一番の違いは重心の位置というお話を先にしました。重心の低いKIC-SLDCP5は重心の高いKIC-SLDCP6に比べヘッドの上下に大きな力が必要です。

楽に掃除をしたいとお考えであればKIC-SLDCP6がいいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする