東芝 冷蔵庫 551L GR-T550FZとGR-T550FHの違い~おすすめは?

スポンサーリンク

東芝のハイグレードモデルGR-T550FZとスタンダードモデルGR-T550FHの違い、おすすめの選び方のポイントについてお伝えしています。

東芝 冷蔵庫 551L GR-T550FZとGR-T550FHの違い

東芝の551Lタイプの機種にはハイグレードのGR-T550FZとスタンダードのGR-T550FHの2機種あります。

主な違いは機能にあります。これらの機能をフルに活用するのか、あまり使わないかでどちらの機種にするのか決めるのがおすすめです。

冷蔵室の機能

タッチオープンと氷結晶チルドモードの有無に注目です。

タッチオープンは両手ふさがっていても腕や肘でタッチするだけで

扉が開くので便利です。また、力の弱い方でも同様にスムーズに扉が開けラるのでとても助かります。

氷結晶チルドは冷凍せずに下図のように生鮮食品を長く保存するときには便利です。

他にも違いはあります。下表はGR-T550FZ、GR-T550FHの冷蔵室の機能一覧です。○は対応していることを示します。

機能 メーカーの説明 GR-T550FZ GR-T550FH
たっぷり保湿冷蔵 うるおいたっぷりな冷気で湿度約85%※4だから、食材をしっとりやわらかく、おいしい状態のままで保存します。
タッチオープン スイッチ部をタッチすると冷蔵室の扉が自動で開きます
シーリングブライト照明/フロントブライト照明(LED) 冷蔵室のLED照明。庫内天井面に加え、ドア側面からも庫内を明るく見やすく照らします。
フリードアポケット ドアポケットの付け替えなしで、お好みの高さに調節できます。(左側の扉ポケット)
自在ドアポケット 両扉のポケット。食材の高さに合わせて、2段階にドアポケットの位置を調節できます。
卵収納 卵ケースを庫内のフリーケースまたは、ドアポケットに設置し、卵を収納できます。(卵収納数 14個、11個のケースが付属)
卵ケースを庫内または、ドアポケットに設置し、卵を収納できます。(卵収納数 14個)
ダブルボトルポケット ドアポケットに2Lペットボトルを計5本入れられます。
2Lペットボトル ドアポケットに2Lペットボトルを5本入れられます。
チューブスタンド付きドアポケット チューブ式の調味料など小物の整理に便利なポケットが付いています。
氷結晶チルドモード うるおい冷気の水分を利用し、食材の表面を氷の膜で包み込むことで生のおいしさと鮮度を守ります。
速鮮チルドモード チルドルーム上段で約1時間で約-3℃まで急速解凍。冷凍した肉や魚も約30分で切れるくらいまで解凍できます。
全段ガラス棚 棚に強化ガラスを採用。汚れもサッと拭くだけで、お掃除が簡単で清潔に保てます。
2アクション棚(プラス1段) 前後2つに分割できるガラス棚。レイアウトを変えることで棚を1段増やしたり、背の高い食材を入れることができます。
自在棚(プラス1段) 棚の手前半分を移動して1段増やすことができ、背の高い食材を入れられます。
フリーケース 小物の整理や、卵といった普段使いの多い食材をまとめて収納するのにおすすめです。
浄水フィルター付給水タンク ミネラルウォーター※7も使用可能。清潔でおいしい氷を作ります。

野菜室の機能

GR-T550FZGR-T550FHともに野菜室は真ん中にあるので野菜の出し入れは楽です。

どちらも低温高湿で野菜を野菜を新鮮に保ちますが、GR-T550FZでは余分な湿気を容器外に出す昨日あるため水ぐされ防止もできます。

エチレンガス分解は熟成を抑えるのに有効な方法です。GR-T550FZはプラチナ触媒で、GR-T550FHは従来の光触媒ルネキャットでの分解です。

更にGR-T550FZはUV(紫外線)で野菜室の除菌を行う機能も搭載しています。

野菜の保存はGR-T550FZのほうが優れていますが、GR-T550FHでも十分に野菜を新鮮な状態で保存できます。

大量に野菜をストックするならGR-T550FZ、そうでなければGR-T550FHで良さそうです。

下のみずみずしさ比較データからもGR-T550FHの野菜保存がしっかりできていることがわかります。

GR-T550FHのみずみずしさ比較データ

下の表はGR-T550FZとGR-T550FHの野菜室機能一覧です。

機能 GR-T550FZ GR-T550FH
野菜室がまんなか まんなかにレイアウトされた野菜室だから、重い野菜などの出し入れもスムーズにできます。
ミストチャージユニット 野菜容器の奥に設置された湿度コントロールユニット。うるおい冷気から水分を抽出して野菜室に送り続けます。また余分な湿気を容器の外に逃がす働きもあり、野菜に適した保存環境を守ります。
もっと潤う 摘みたて野菜室 ミストチャージユニットから水分を補給し、野菜に潤いを与えます。密閉性の高い構造設計により温度と湿度が安定するので乾燥や結露の心配もなく、野菜に適した保存環境で鮮度とおいしさを守ります。
新鮮 摘みたて野菜室 エチレン分解機能とツイン冷却の低温高湿度冷気で収穫したてのようなみずみずしさとおいしさが長持ちします。
おそうじ口 フタを外して、穴から野菜くずや泥を落とせるのでお掃除ラクラク。
ボトルコーナー 手前側の収納スペースに2Lペットボトルを3本入れられます。
2Lペットボトル 野菜室手前の収納スペースに2Lペットボトルを3本入れられます。
野菜除菌モード 野菜室内にUVを照射し、食品の表面を除菌することができます。

製氷室の機能

違いはみられません。

機能 GR-T550FZ GR-T550FH
かってに氷 いつでもたっぷり、おいしい氷が作れる自動製氷機能です。(貯氷量※9約160個)。
一気製氷 冷気を強力に送りこむことで、約1時間で1回分の氷ができます。
洗える給水経路 給水経路(給水タンク・ホース・ポンプ)を取り外して、丸洗いできます。
Ag+抗菌製氷皿 銀イオン抗菌により、製氷皿を外して洗わなくても、清潔でおいしい氷を作ります。

切り替え冷凍冷(凍室上段)の機能

機能 GR-T550FZ GR-T550FH
野菜そのまま冷凍 面倒な下ゆでの手間なく、野菜を生のまま冷凍できます。
野菜冷凍ドライ 野菜そのまま冷凍」よりも食材の水分量を減らして冷凍できます。味や栄養が凝縮され料理がもっとおいしくなります。
一気冷凍 冷気を強力に送りこむことで、鮮度を逃さず一気にフリージングできます。

冷凍室の機能

冷凍室も大きな違いはありません。

機能 GR-T550FZ GR-T550FH
オートパワフル冷凍
(可変プレクール)
運転状況に合わせて、適切に庫内を冷却します。霜取り前にあらかじめ温度を下げ、霜取り中の温度上昇を抑えます。
仕切り板付き収納ケース 食品の大きさや収納量に合わせて仕切り板を動かし、整理整頓できる収納ケースです。

その他の機能

GR-T550FZとGR-T550FHの大きな違いとして、GR-T550FZの無線LAN接続機能があります。GR-T550FZはスマホと冷蔵庫の連携ができ便利なスマホアプリが利用できます。

家庭にインターネット環境が必要になりますが、アプリではいろいろなことができますが、例えば冷蔵庫内の食品管理や買い物リストなどをスマホなどでチェックできたりします。

機能 GR-T550FZ GR-T550FH
IoLIFE(無線LAN接続) 無線LANに接続することでスマートフォン専用アプリIoLIFEをご利用いただけます。
USBポート 冷蔵室の扉に給電用のUSBポートを搭載。スマートフォンやキッチングッズなどの充電に便利です。
ガラスドア 扉に美しい質感のガラス素材を採用。お手入れもしやすいです。
Ag+セラミック光触媒 AAg+フィルターとセラミック光触媒フィルターを用いて、高効率な構造を採用した新・除菌・脱臭システム。冷蔵室と野菜室を清潔な空間に保ちます。
Ag+低温触媒除菌 銀イオンと低温触媒により庫内を除菌し、気になるニオイも脱臭します。
UV-LED LEDの光で、チルドルームを除菌。食品の表面に付いた菌の繁殖を抑制します。
抗菌ハンドル 野菜室、冷凍室、製氷室の扉ハンドル部分を抗菌仕様に。清潔に使用できます。
らくらくオープン
(野菜室・冷凍室下段)
重たい物を入れてもスムーズに引き出せます。
半ドアアラーム ドアが約1分以上開いていたり、半ドアの状態が続いたりするとアラームでお知らせします。
新鮮ツイン冷却システム 冷蔵ゾーンと冷凍ゾーン、それぞれ専用の冷却器で冷やすことで温度と湿度をコントロール。食材にとって最適な庫内環境を作ります。
マジック大容量(断熱構造) 設置スペースを生かした大容量冷蔵庫。ひろびろ庫内に、使いやすさも充実。更に本体外壁の薄型化により庫内容量を拡大しながらも、高い断熱性能を確保しており、大容量と省エネを両立しています。
DSP制御 デジタル制御のインバーターで庫内温度の変化をチェックし、冷却環境をコントロール。省エネ・鮮度キープに貢献します。
ecoモード 多数のセンサーを搭載することにより、運転状況を把握し、効率的な省エネを実現します。
自動節電機能 通常運転より約10%の節電を自動でおこないます。24時間扉の開閉がないと自動でおでかけモード※25に切り替わり、約20%※26の節電運転をします。

おすすめは

GR-T550FZにGR-T550FHにはない無線LAN機能、タッチオープン、UC除菌機能など魅力的な機能があります。

野菜室でもGR-T550FZのほうがGR-T550FHより機能は上ですが、実用上は大きな差はないと思われます。

無線LANやタッチオープン機能は特に必要がないのであればコスパに優れたGR-T550FHはおすすめです。

価格差が大きい場合はGR-T550FHを検討してはいかがでしょうか?

[GR-T550FH-ZC] ベジータ FHシリーズ 東芝 冷蔵庫 両開き 551L 【4人以上向け】 【大型】 ラピスアイボリー 【送料無料】【大型重量品につき特別配送※配送にお日にちかかります】【設置無料】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする