日立ビートウォッシュBW-DX100GとBW-DX100Fの違い~おすすめはどちら?

日立ビートウォッシュBW-DX100GとBW-DX100Fの違い~おすすめはどちら?

スポンサーリンク

日立ビートウォッシュ2021年モデルBW-DX100Gは2020年モデルBW-DX100Fに比べ機能やコースか追加されました。おすすめはどちらでしょうか?

日立ビートウォッシュBW-DX100GとBW-DX100Fの違い

2021年モデルとなり追加されたコースや機能は次のとおりです。

① シワ低減コース

② スマートフォン連携

③ つけおきプラス

④ 除菌清潔コース

また、BW-DXシリーズのラインナップに洗濯容量が12kgのタイプが追加されました。

洗濯/乾燥容量 2021年モデル 2020年モデル
12/6 BW-DX120G
10/5.5 BW-DX100G BW-DX100F
9/5 BW-DX90G BW-DX90F

① シワ低減コースとは?

洗い時と乾燥時に、衣類がからみにくい動かし方を採用。また新開発のモーターで風速をアップ。これらの技術により、衣類をほぐれた状態にして風を当てることで、乾燥時のシワを抑えてきれいに仕上げます。

このコースを選ぶと標準コースに比べ、使用水量・消費電力量・運転時間、運転音などが、いずれも増加します。

完全にシワがない状態になるわけではなく、あくまでもシワが低減されるだけです。

しかし、アイロンをかけても、なかなか取れない洗濯シワも中にはあります。このシワ低減コースで、シワが薄くなればアイロンがけも楽になるのではないでしょうか。

以下はシワ低減コースで洗ったサンプルです。自宅で着用するならアイロンかけなくてもいいぐらいです。これなら衣類スチーマーでハンガーにかけたままでシワがきれいに取れるレベルですね。

アイロンがけの手間を少しでも省きたい方は2021年モデル要チェックです。

形態安定シャツ
(防シワ加工あり)
ポリエステル65%・綿35%

カジュアルシャツ
綿100%

カットソー
ポリエステル79%・
綿18%・ポリウレタン3%

半袖カットソー
ポリエステル65%・綿35%

ハンカチ
綿100%

② スマートフォン連携とは?

スマホと連携することで洗濯をサポートするコンシェルジェのような機能です。洗濯機には最大5台スマホが接続できますが、同時に接続できるのは1台だけです。

洗濯機やスマホは、家の中では無線ルーター経由で、家の外ではドコモやAUなどのモバイルネットワーク経由で、日立の提供するネットワークサービスに接続され、様々なサービス、運転開始、運転状況の確認などができるようになります。

中でも、遠隔で洗濯の開始ができるので、帰宅時間にあわせて洗濯が終了する事ができるので便利かもしれません。

ただし、様々なことができて便利なのですが、インターネット接続と無線ルーターが必須になります。また、スマホには専用アプリをインストールする必要もあります。

これらを設定しないとスマートフォン連携ができないのです。

設定の手順としては次のようになります。

1.家のインターネットにスマホをWiFi接続

2.家のインターネットに洗濯機本体をWiFi接続

3.洗濯機をアクセスポイントにして、そこにスマホをWiFi接続)ーこれを日立ではペアリングと呼ぶ(一般のブルートゥースのペアリングではないので注意)、ここでスマホと洗濯機がペアとなります。

ある程度ネットワーク接続がわかる人でないと、設定は難しいかもしれません。設定に自信がなければ、わかる方に設定してもらったほうが良いと思います。

③ つけおきプラスとは?

「つけおきプラス」は、洗コースの開始に先立って30分のつけおきを行う機能です。

つけおきをした後、選んだコースが自動的に開始されるので手軽につけおきができる便利な機能です。

従来の独立した「つけおき120分」とか「つけおき360分」コースとは違った、お手軽なつけおき機能です。

いままで、つけおきが面倒だった方も、この様に「つけおきプラス」なら、つけおき後に自動でコースが始まるのでお手軽に利用できると思います。

④ 除菌清潔コースとは?

商品説明ページで以下のように説明されています。ぬいぐるみや帽子、スーツなどの除菌や消臭ができる機能です。こどものぬいぐるみも除菌できるのがいいですね。

水道水のミストを衣類に吹きつけて、温風で加熱。衣類に湿気を加えることで、熱を伝えやすくし、除菌※1します。また、ニオイが気になるものの消臭も。槽全体を低速回転させるので、形くずれも抑えます。

おすすめは?

今回の2021年モデルBW-DX100Gは、BW-DX100Fににはないシワ低減コースや除菌清潔コースなどが追加され一段と使いやすい便利な洗濯機になりました。

また、スマートフォン連携機能は外出が多い方には便利な機能です。

ただ、WiFi接続などちょっと面倒なところもあるのも事実です。

スマホ連携を使わなくとも、十分に旧モデルに比べ進化しているのでスマホ連携をしないという理由で選ばないのはもったいないと思います。

これから長く使用することを考えれば、BW-DX100Gがおすすめです。

容量違いのBW-DX120GやBW-DX90Gもおすすめです。BW-DX100Gと同様にシワ低減コース、除菌清潔コースがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする