2022年1月 | インフォキャット

2022年01月一覧

ロジクール ERGO M575に傾斜スタンド取り付けてみた

ロジクールのトラックボールERGO M575に傾斜スタンドを取り付けてみました。 今回はBOOTHに出品している「STIプリント販売所」さんから購入しました。 EX ERGOの傾斜角20°と同様にトラックボールの位置が高くなりました。 しかし、実際にはボール高さはEX ERGOより8mmほど高く、また掌を乗せる面も大きく傾斜します。 以下に、もう少し詳しくお伝えします。 傾斜スタンドを取り付ける 傾斜スタンドを取り付けると、トラックボールの高さはテーブ...

空気清浄機で花粉対策~ ダイキン・シャープ・パナソニックの違いは?

ダイキン、シャープ、パナソニックの3社の空気清浄機の花粉対策の違いを比べてみました。 各社とも部屋の空気を吸引し、集塵フィルターで花粉をキャッチする方法がメインです。 それに加え、ダイキンはストリーマとアクティブプラズマイオン、シャープはプラズマクラスター、パナソニックはナノイーで花粉を分解無力化し抑制する機能もあります。 花粉対策用に空気清浄機を選ぶ際の参考になればと思います。 ダイキンはTAFUフィルター、シャープとパナソニックはHEPAフィルターで花粉をキャッチ 3社...

ロジクール トラックボールのチャタリングで買い替えする前に試してみることは?

ロジクールのトラックボールに限りませんが、ボタンのチャタリングはいつか発生します。 特に使用頻度の多い左ボタンがチャタリングを起こしやすいと感じます。 マイクロスイッチを取り換えればよいのですが、それには半田付け作業が必要です。 しかし、マイクロスイッチの接点が汚れただけなら、洗浄だけで済みます。 マイクロスイッチの洗浄の洗浄 下の写真はロジクールのトラックボールに使われているOMRONのマイクロスイッチです。実際に使っているのはカスタム仕様のマイクロスイッチですが、形状は...

ロジクールオプションでM570はUnifying受信機に追加接続できる?

M570をUnifying受信機に接続するために、ロジクールオプションが使えるのか試してみました。 現在、M570(2台)、MX ERGO(1台)、ERGO M575(1台)が手元にあります。 これらすべてを、ロジクールオプションでUnifyingに追加接続してみました。 記事は1分あれば読めますので、気になる方はどうぞ。 Unifying受信機に追加接続成功 さっそく、試してみたところ、M570もUnifying受信機に追加接続できました。 ERGO M575は「マ...

MX ERGOのチャタリングが接点洗浄剤で解消できた

MX ERGOのチャタリングが接点洗浄剤で解消できました。使用した接点洗浄剤や洗浄方法などをメモしました。 作業は、接点洗浄剤を使うだけで、マイクロスイッチの交換はしません。 これなら、トラックボールのネジを外すだけなので誰でもできまが、ネジが特殊なのでトルクスドライバーが必要です。 なお、M570のチャタリング修正についても記載しました。 必要な材料 ① 接点洗浄剤 今回使用したのはサンハヤトの接点洗浄剤RC-S201です。電子機器の接点についた油膜やカーボ...

ロジクールのトラックボール ERGO M575とMX ERGOの違い~おすすめは?

ERGO M575とMX ERGOの違いについてお伝えします。 4年ほどMX ERGOを使用していましたが、右クリック、左クリックでチャタリングがひどくなり、今回は試しに機能は落ちますがERGO M575(M575GR)を買ってみました。 実際に使用してMX ERGOとERGO M575の違いをまとめてみました。 M575のMX ERGOに対する違いを簡単にまとめると以下の通りです。 価格にあまり抵抗がなければMX ERGOを選んでおくと間違えありません。 ① ...