家電一覧

パナソニックNA-FW100K8/90K8/80K8 保証期間後の修理費は?

パナソニックNA-FW100K8 、NA-FW90K8、NA-FW80K8は液体洗剤・柔軟剤自動投入機能があるタテ型乾燥洗濯機です。それぞれ10kg,9kg,8kgと洗濯容量が異なりますが性能や機能は同じです。 ここではメーカー保証期間がすぎてから故障した場合の修理費目安をお伝えします。 パナソニックNA-FW100K8/90K8/80K8 保証期間後の修理費は? パナソニックの故障診断ナビを見ると、故障費応じた修理費の目安がわかります。一覧表になっていないため一つ一つたどって...

NA-VX800BL/Rのエラーコードと修理費目安の一覧表

NA-VX800BL/Rのエラーコードと修理費目安の一覧表です。すべてパナソニックの修理診断ナビから得られた2020年12月14日現在の情報です。 どの様なエラーが想定されているのか、またその修理はどのくらいかかるのかおおよその事がわかります。 また、エラーコードがあるということは、その様な不具合や故障がおこりえるということなので、「U」のエラーは、購入前にざっと目を通していくと役に立ちます。 下の「U]のコードを見ると、乾燥のトラブルや排水関係、給水関係のトラブルが使用中に起...

NA-VX900Bのエラーコード~保証期間を過ぎたら修理費はいくら?

パナソニックのドラム式洗濯乾燥機NA-VX900BL/Rのエラーコードは「U」、「H」に数字2桁で表示されます。このエラーコードがでた場合は自分で対応できるのが「U」、即修理依頼しなくてはならないのが「H」です。もちろん「U」でもエラーが解消できなければ修理が必要になります。 今回はNA-VX900BL/Rのエラーコードに対応した修理費の目安を一覧にしました。すべてパナソニックが公開しているもです。情報はパナソニックの「修理診断ナビ」から取得しました。 NA-VX900Bのエラー...

パナソニック NA-VX900BとNA-VX800Bの違い~おすすめは?

パナソニックのドラム式洗濯乾燥機NA-VX900BとNA-VX800Bは洗濯や乾燥機能は全く同じです。今回はどこが違うのかをお伝えします。また、おすすめの選び方も合わせてお伝えしています。 パナソニック NA-VX900BとNA-VX800Bの違い NA-VX900BとNA-VX800Bは洗濯・脱塩・乾燥など基本仕様は全く同じです。違いは次の3つです。 1.操作パネルの違い 2.ナノイーX搭載の有無(NA-VX900B:あり、NA-VX800B:なし) ...

ドラム式洗濯乾燥機とタテ型洗濯機はどう選ぶ?

ドラム式洗濯乾燥機とタテ型洗濯機を比べるとドラム式は高級機というイメージがありますが、実はそんな事全くありません。ドラム式は洗濯機と乾燥機が合体したもので、そもそもタテ型とは用途が違います。タテ型にも乾燥機能が温風乾燥機能がついたものもありますが、まだ化繊に限られているのが現状です。ここではタテ型は一応脱水までとして扱っています。 ドラム式洗濯乾燥機とタテ型洗濯機はどう選ぶ? 一般的な判断基準に加えてと個人的な意見も入っています。この様な見方もあるのかなと思って御覧ください。 部屋干し、外...

8kg洗濯機 パナソニックNA-FA80H8と日立 8KG BW-V80Fの違いと評判は?

8kgタイプのタテ型人気洗濯機パナソニックNA-FA80H8と日立 8KG BW-V80Fは価格も近く購入時には迷いそうな機種です。 今回はパナソニックNA-FA80H8と日立 8KG BW-V80Fの違いと、評判はどうなのかをお伝えします。 8kg洗濯機 パナソニックNA-FA80H8と日立 8KG BW-V80Fの違いと評判は? 容量 NA-FA80H8 BW-V80F 洗濯・脱水容量 8kg 8kg 乾燥容量 送風乾燥:2kg...

洗濯機の騒音レベル一覧~夜中に使える静かな機種は?

マンションやアパートでも夜中に騒音を気にせず洗濯できる洗濯機をお伝えします。 運転音が洗濯時で30dB以下という大変静かな機種もありますが、脱水時の運転音は40dBを超えるものがほとんどです。 夜中に使用する洗濯機としては、できるだけ運転音が小さなものを選びたいですね。更に洗濯機の下に防振マットなどを敷けば振動も防ぐことができます。 下記はパナソニク、日立、東芝、シャープの洗濯機の運転音の一覧です。目安として洗濯時は30dB前後、脱水時の運転音は40dB前後あたりとすれば良いか...

気化式加湿器とハイブリッド式(加熱気化式)加湿器はどちらがおすすめ?

気化式加湿器にはハイブリッド式(加熱気化式)加湿器があります。加湿量を増加させるために温風を使用するタイプです。 ランニングコストを考えるとハイブリッド式(加熱気化式)加湿器より温風のない気化式加湿器のほうが有利です。以後温風を使わない気化式加湿器をヒーターレス気化式加湿器と呼ぶことに足ます。 しかし加湿量が不足するようではハイブリッド式(加熱気化式)加湿器を選ぶしかありません。 今回は、ランニングコストと加湿量などからどちらがおすすめなのかみてみました。 気化式加湿器とハイ...

除加湿空気清浄機 シャープKC-HD70とダイキンMCZ70Xの違い~おすすめは?

除湿、加湿、空気清浄の3つの機能を持った除加湿空気清浄機は1台3役の便利なものです。 シャープのKC-HD70とダイキンのMCZ70はスペック的に近いのでどちらにしようか迷いそうです。 今回はシャープKC-HD70とダイキンのMCZ70Xの違いをお伝えします。 KC-HD70 MCZ70X 除加湿空気清浄機 シャープKC-HD70とダイキンMCZ70Xの違い 除湿機能 シャープの除湿は湿度の設定ができませんが、ダイキンは湿度設定が可能です。 運転音は「...

トーカ堂加湿空気清浄機KC-30T7とKC-30T6の違い~どちらがおすすめ?

トーカ堂のベストセラー加湿空気清浄機KC-30T6の後継機としてKC-30T7が発売されました。実際は形名が変わっただけで中身は同じなので価格や納期でどちらにするかを決めればよいですね。 トーカ堂加湿空気清浄機KC-30T7とKC-30T6の違い トーカ堂の加湿空気清浄機は最近では形名が次のように変わっています。 KC-30T5 → KC-30T6 → KC-30T7 形名は変わりますが中身は同じものので、KC-30T6でもKC-30T7でも価格の安い、納期が短い方を選べ...