nuinui CE-15とモニカピクシーDX5720 違いと評判は?

シンガーの電子ミシン nuinui CE-15とモニカピクシーDX5720はともにモニカピクシーDX5710の後継機種として新たに登場したシンガーの人気機種です。性能もあまり変わらないので、どちらにしようか悩ましいところですね。お値段的にはCE-15の方が4~5千円ほどお安いので魅力的です。今回はCE-15とモニカピクシーDX5720のの違いについて調べてみましたので、参考にしていただければと思います。

CE-15とモニカーピクシーDX5720の主な違い

サイズ

CE-15 h287xw439xd195mm
5720 h295xw415xd172mm

サイズは同じぐらいですね。CE-15の方が気持ち大きく見えるかもしれません。

重量

CE-15 8.0kg
5720 8.0kg

どちらも8kgと重量級です。これだけあれば安定感もあり縫っていてもストレスを感じないでしょう。

送り歯の枚数

CE-15 7枚
5720 5枚

CE-15は7枚歯でより確実に布を送ります。

ステッチ

CE-15 1、直線縫い(針位置:左)
2、直線縫い(針位置:中)
3、ジグザグ縫い(小幅)
4、ジグザグ縫い(中幅)
5、ジグザグ縫い(大幅)
6、まつりぬい
7、点線ジグザグ縫い(つくろいぬい)
8、ふちかがりぬい
9、三重ジグザグ縫い(伸縮強化ぬい)
10、伸縮縫い
11、三重直線縫い(伸縮強化ぬい)
12(a,b)、 ボタンホールぬい
5720 1、 ボタンホール(ボタン穴)
2、 直線縫い(中基線)
3、 直線縫い(左基線)
4、 ジグザグ縫い(小幅)
5、 ジグザグ縫い(中幅)
6、 ジグザグ縫い(大幅)
7、くけ縫い(まつり縫い)
8、点線ジグザグ縫い(伸縮縁かがり)
9、シェルタック(飾り縫い)
10、ファゴティング(つき合わせ、飾り縫い)
11、縁がかり縫い(オーバーロック)
12、スモッキング(つきあわせ、飾り縫い)
13、装飾ステッチ(伸縮縫い、飾り縫い)
14、三重ジグザグ縫い(飾り縫い)
15、三重直線縫い(伸縮縫い)

種類はDX5720の方が少し多めです。CE-15は伸縮縫いがあるので便利です。別になくてもジグザグ縫いなど代用はできます。

消費電力

CE-15 60W
5720 54W

消費電力はほとんど同じです。ショップに聞いてみたらパワーもほぼ同等だそうです。どちらを選んでも大きな違いはなさそうです。

ドロップフィード

CE-15 なし
5720 あり

DX5720はレバーで送り歯が下がるので、フリーモーションキルトに便利です。

全自動ボタンホール

CE-15 2ステップ
5720 あり

DX5720は1工程でボタンホールができます。ボタンホールたくさん縫う場合は便利ですね。

段ぬ押さえボタン

CE-15 なし
5720 あり

厚地をはじめから縫う場合や、縫い代が重なった部分などを縫う場合は便利な機能です。

ステッチ比較

ミシンに実際にプリントされているステッチです。EC-15のステッチの数が足りないことはないと思います。

CE-15

DX5720

DX5720はパ選んだターンの下の数字が光るので、模様の確認がしやすいですね。

nuinui CE-15とモニカピクシーDX5720の評判

楽天みんなのレビューに寄せられたCE-15とDX5720のレビューを見ると、ともに高い評価でどちらの購入者さんも満足しているようでした。

総合評価(5点満点中)

CE-15 4.48
5720 4.57

CE-15

評価点 件数 割合 %
5 259 53.8 95.8
4 201 41.9
3 14 2.9 2.9
2 4 0.8 1.3
1 2 0.4

DX5720

評価点 件数 割合 %
5 892 60.9 95.9
4 512 35.0
3 57 3.9 3.9
2 2 0.1 0.2
1 1 0.1

ご覧の通り、両機種とも96%もの方が高得点を付けています。これだけ評判が良いとますますどちらにしようかと悩んでしまいそうです。

ショップの方に相談してもどちらも使いやすいし、厚地も薄地も問題なく縫えますとのことでした。

ただDX5720はミシン上部面板部分が開閉式なので糸掛け確認やちょっとした掃除などが楽にできます。ちょっとその点が便利です。

さいごに

EC-15とDX5720はほとんど同じ能力の電子ミシンですね。ミシンショップにお聞きしてもどちらをお買いになっても満足できるミシンだとおっしゃっていました。少しだけ高い分、DX5720の方が表示が見やすいようです。パワーもできることもほとんど同じなので、好みで選ぶか、割り切って価格の安いEC-15を選べばよいと思います。

ここまで、お読みいただきありがとうございました。この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする