タニ タ キッチンスケール KW-320の感想~丸ごと洗える防水仕様!

今まで使っていた結婚式の引き出物のキッチンスケールが急に壊れました。精度もあまりよくなくて使いにくかったのですが、縁あって我が家にきたキッチンスケールなので大事に使っていましたが突然のことでした。

キッチンスケールはパン作りにはかかせませんので、すぐに手に入れないといけないのですが、たくさんあって悩んでしまいました。

計りといえばタニタが有名かなと思って、タニタのキッチンスケールを色々探しました。

どうせ買うなら、もう少し精度の高いもにしようと思い01gまで計れるのを探しました。計りのMAXは3kgで、微量モードがついているものは、タニタのキッチンスケールは5種類ありました。

どれも同じような内容ですが、違うのがディスプレー文字の大きさと防水のありなしです。

それならば、できるだけ文字の大きいやつで、丸洗いしても大丈夫な防水タイプがいいと思いました。

「洗えるクッキングスケール KW-320」というのを買いました!

今回購入したタニタ キッチンスケールKW-320
↓ ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タニ タ クッキングスケール KW-320☆送料無料(沖縄・離島以外)
価格:5890円(税込、送料無料) (2018/2/15時点)

今日、我が家に到着したのでお披露目します。

ごくフツーのキッチンスケールですが、ご興味あれば参考にしてくださいね。

タニ タ キッチンスケール KW-320 開封写真集

タニカのキッチンスケール到着

今回はポイントがたまっていたので楽天で購入しました。全部ポイントで買えたのでちょっと得した気分です。楽天だとクロネコがいつも届けてくれます。

段ボールを開けたところ

こんな感じで入っていました。結構丁寧な梱包です。

本体の化粧箱を取り出したところ

化粧箱はプチプチに大事に巻かれていました。

最近は恐ろしいことに化粧箱に直接伝票を張り付けて送ってくることがほとんどだったので、何かちょっと安心しました。

化粧箱はクロネコなどの運搬には強度的に心配ですね。今回は良かったです。

プチプチを取りのぞく

「洗えるクッキングスケール」控えめなデザインの箱が出てきました。

化粧箱から中身を取り出したところ

取説と本体が出てきました。

取説

取説はネットからもダウンロード出来るのでなくしても安心。紙の取説は横長の長い説明書を折りたたんだものですが、ダウンロードしたものは1ページづつのものでした。

ゴムマットを載せたところ

KW-320にはシリコーンゴムマットが付属します(KW-220には付属しない)

上皿を外したところ

上皿は反時計回りにひねると外せます。お掃除が楽にできますね。上皿をセットするときは真ん中の軸穴に上皿の出っ張り棒を突っ込むのですが、穴位置が一発では決まらないです。

裏側

裏返すと電池カバーが見ます。付属していた単4を2本入れます。

裏面には、ちゃんと丸正マークやJISマークがついています。防塵防止保護等級はIP65です。

(注)IP65とは、「粉塵が内部に侵入するのを完全に防止するするもの」「あらゆる方向からの噴流水を受けても有害な影響がないもの」というJIS C 0920の規格です。

電池の蓋が華奢なので浸水が心配ですが水没させるわけではなの大丈夫でしょう。

電池をいれたところ

これでもIP65クリアできるんですね!電池ぶたもよく考えてあります。

電源オン

電源スイッチを入れたら、0が表示。0.0じゃない?

通常モード

微量モードというスイッチを押さないと1g単位になってしまいます。微量モードでないと下記の様にカエルさんも10gと表示されます。

微量モードにする

微量モードにすると、下の写真のように9.8gとカエルさんのおもさが計れます。

更に微量追加

更にますカエルを追加すると、11.1gに。ますカエルは0.3gですね。

地域設定

はかりの地域設定なんてやったことなかったのですが、高精度のはかりになると地球の重力と遠心力の影響を受けるのだそうです。

重さというのは重力から遠心力を引いた値になるので、場所により違ってきます。高さによっての違ってきます。

そういった影響を少しでも軽減するため、このはかりにも地域設定するようになっています。

超高精度なはかりは現地での校正ですが、このような精度の低いはかりでは重力加速度と呼ばれる値を地域ごとに設定するそうです。

我が家は東京なので、取説に従いH5にセットします。というか初期値がH5になっていました。下の写真の通りです。

これで、我が家で計った値も、沖縄で計った値もほぼ同じになるはずです。

このはかりは日本の地域しか補正できないので海外に持っていったら場所によっては値が違ってきます。

南極や北極に行けば重くなるし、シンガポールのような赤道直下では軽くなります。

余談ですがロケットの打ち上げ基地は赤道付近に多いそうです。日本のロケット基地は種子島です。ウィキペディアによると、ロケットの発射条件は沖縄の方がよかったのですが当時は沖縄がまだ日本に返還される前でダメだったようです。

いずれにせよ、海外に持ち出すときは注意が必要です。でも、あまり持ちだすことはないでしょう。

箱の裏

「このはかりはタニタ自社工場製です」と書かれています。中国にあるタニタの工場で作られているのですね。中国のOEM品でなくて良かったです。

化粧箱がちょっとめくれていました。

化粧箱がちょっとめくれてるのに気が付きました。どうでもいいことですが。

以上でタニタ キッチンスケール KW-320のご紹介は終わりです。

おわりに

急いで買った割にはベストチョイスできていました。表示文字が大きいし、ボタンも押しやすくていい感じです。まだ試しにちょっと使っただけですがこれから活躍してくれるものと期待しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

今回購入したタニタ キッチンスケールKW-320
↓ ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タニ タ クッキングスケール KW-320☆送料無料(沖縄・離島以外)
価格:5890円(税込、送料無料) (2018/2/15時点)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする