コンパクトオーブンNB-DT52とオーブントースターNT-D700の違いは?

スポンサーリンク

ビストロ オーブントースター NT-D7000はNB-DT52の後継機です。

遠近トリプルヒーターなど基本性能は同じで、大きな違いはデザインと自動メニュー数です。寸法も庫内サイズの高さが10mm低くなり、外形は逆に少し大きくなっています。

NT-D700はトーストやパンのあたためなどの自動メニューが増えてオーブントースターとしてさらに進化しています。

NT-D7000とNB-DT52の価格差はあまりないので、NT-D7000がおすすめです。

コンパクトオーブンNB-DT52とオーブントースターNT-D700の違い

NT-D700(新モデル) NB-DT52(旧モデル)
外観
外寸WxDxH cm 34.1×32.8×26.9 33.1×30.5×26.3
庫内WxDxH cm 26.0×25.0×9.5 26.0×25.0×10.5
受皿WxDxH cm 23.4×23.4×1.8 23.5×23.5×1.8
質量 kg 約4.3 約3.4
自動メニュー うすぎりトースト
あつぎりトースト
アレンジトースト
冷凍うすぎりトースト
冷凍あつぎりトースト
そうざいパン
フランスパン 手動メニュー
クロワッサン
冷凍クロワッサン
チルドピザ
冷凍ピザ
フライ温め
パックもち
焼きいも
じっくり焼きいも
電源コード長 m 1.0 1.2

以下は共通点です。

共通仕様
消費電力 1300W
遠近トリプルヒーター 上:遠赤外線・近赤外線ダブル加熱

  • 奥側:近赤外線ヒーター
  • 前側:遠赤外線ヒーター

下:遠赤外線ヒーター

インテリジェント制御 庫内の食材の状態に適した運転を自動で行う機能
手動メニュー設定範囲 温度調整:120℃~260℃

タイマー:30秒~25分

コード長さ m 1.0

コンパクトオーブンからオーブントースターと名前を変更していますが、それに合わせてトーストやパンの自動メニューが増えています。

旧モデルNB-DT52と新モデルNT-D700の価格差も、さほどないので購入するならNT-D700をおすすめします。

遠近トリプルヒーターとインテリジェント制御

遠近トリプルヒーター(ヒーターは上2本、下1本のトリプル構成)

上ヒーターは遠近赤外線ダブル加熱です。奥側に近赤外線ヒーターで食材の中を暖めます。手前の遠赤外線ヒーターで外をこんがりと焼きます。遠赤外線ヒーターは石英管ヒーターの様に赤く光らないブラックヒーターです。NB-DT52の仕様にはミラクロンヒーターと書かれていますが、遠赤外線ヒーターのことです。NT-D700の仕様には遠赤外線ヒーターと書かれています。一般的な呼び方に変えたようです。

下ヒーターには遠赤外線ヒーターを使用しています。赤く光らないブラックヒーターです。

遠赤外線ヒーターが表面をこんがりサクッと焼き上げ、パナソニック独自の近赤外線ヒーターが食材の中へ浸透し、中まであつあつにします。

インテリジェント制御

インテリジェント制御はどちらにも装備されていますが、NT-D700は自動メニューが増えた分、プログラムもそれに対応し変わってると思われます。

下図のように近赤ヒーターと遠赤ヒーターを食材の状態に合わせて自動で制御できるところが特徴です。(下図はNT-D700の場合)

「遠近トリプルヒーター」と「インテリジェント制御」の効果

遠赤外線ヒーターだけのトースター(低価格のオーブントースター)に比べパンの内部まで熱が伝わっていることがわかります。

近赤外線の内部まで入り込む性質をうまく利用しています。

なお、近赤外線ヒーターを搭載したオーブントースターはパナソニック以外には見たことがありません。

まとめ

NB-DT52とNT-D700は基本性性能は同じですが、NT-D700になってオーブントースターとしてより進化したといえます。

もちろん、NB-DT52もおいしくパンを焼けますが、トーストメニューが多いNT-D700の方がトースターとしてより使いやすくなりました。

NB-DT52とNT-D700で迷ったらNT-D700をおすすめします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました