アマゾンUSAに2段階認証を設定してみた

スポンサーリンク

あまりアマゾンUSAで買い物をすることはないのですが、今回2段階認証(2SV)を設定してみました。

日本のアマゾンはしょっちゅう使うので異変には多分すぐ気が付くと思います。

しかし、あまり使わないアメリカのアマゾンはアカウントが乗っ取られてもすぐには気が付かず被害が大きくなる可能性があります。

また、海外のアマゾンに問い合わせる場合は言葉の問題があります。

今のところ一番安全そうなのは2段階認証だと言われていますので、今回はアメリカのアマゾンで設定してみました。非常にできるので詳しい説明は省略します。詳しく日本のアマゾンサイトに説明されていますので、そちらを参照してください。

アマゾンUSAで2段階承認を設定

アカウントの項目になるログインとセキュリティーを開きます。(下図の赤枠)

開くと次のような編集画面ができます。

赤枠の横にあるEditをクリックします。途中は省略しますが、ここではPreferred methodにSMSメール、Backup methodsに認証アプリを設定しています。逆でも可能です。

Backup methodは何らかの理由でPreferred methodにアクセスできなくなった場合に使用します。安全システムのようなものです。

これで2SVが設定されました。OTP(ワンタイムパスワード)は今回登録したPCでサインインするときはいらないので普段通りです。他のデバイスでもOTPがいらなくすることもできるので実運用上はOTPを気にせずサインインできます。

認証アプリ

認証アプリはいろいろありますが、今回はすでにxserverの2段階認証で使っているIIJのSmartKeyというアプリを使いました。理由は使いやすく、トラブルもないからです。

有名なものではグーグルのGoogle AuthenticatorやアップルのAuthyなどがあるので気に入ったものを使えばよいと思います。

日本のアマゾンの2段階認証も、見る限りほとんど同じ感じです。

今回はあまり使わないアマゾンUSAが心配なので2段階認証しましたが、すべての有名サイトへのサインインには2段階認証が必須となりつつあります。

楽天は2段階認証に非対応だけど、ほかの多くのサイトは対応

残念ながら楽天市場は2段階認証に対応していません。そのため、定期的なログイン履歴の確認が必須です。

また、ヤフーショッピングは2段階認証に対応しているので安全です。

この他、facebook、Twitter、Google、Line、その他多くのサービスも2段階認証に対応しているので、できるだけ早く2段階認証を取り入れるのがよさそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする