モダンデコ リモコンLED電球付きフロアスタンド~Sofiaの使用感は?

スポンサーリンク

モダンデコのフロアスタンドを購入しましたので、使用感と開梱・組み立て・リモコン設定などについてお伝えします。

モダンデコ リモコンLED電球付きフロアスタンドSofiaの開梱から組み立て

中国で梱包されています。

取説と六角レンチが入っています。

ビニル袋に各パーツが入っています。発泡スチロールはキメが粗くすぐにバリッと割れます。パーツを取り出すだけで発泡のカスが飛び散ります。外で開ければよかったです。

内容物です。丸い鉄板ベースのネジを外して、ポールが組みあがったら最後に、このねじでベースとパイプをつなぎます。

ここで忘れずにやっておくのは、パイプのついている保護用と思われるプラスチックリングを外しておくことと、パイプからはみ出ている電源ケーブルのパイプ間余長をできるだけ短くなるようにあらかじめ調整しておくとネジ込みがスムーズにいきます。

LED電球の入っていた箱です。調光調色のできるLED電球は原則リモコンとセットで購入することになります。

リモコンの箱です。

電源コードを100Vにつないで点灯させてみました。まぶしいです。

放熱穴とジョイント部。首の動きは少し固めです。

べースの上にあるのが、フットスイッチです。ケーブルが長くて邪魔です。リモコンがあるのでフットスイッチは使いません。

リモコンです。1チャンネルが接触不良で使えませんが、他は大丈夫です。1チャンネルのボタンを強く何回も押していたら突然治りました。ただ、いつダメになるかわからないんでとりあえず2チャンネルで接続しています。1年の保証期間があるので様子を見ることにしました。

リモコンの設定は簡単です。今回は2チャンネルに接続します。フットスイッチで電源をONしたら、3秒以内に2チャンネルボタンを1秒ほど押します。するとLED電球が3回点滅して接続が完了します。

リモコンとフットスイッチの関係は次のようになっています。

●リモコンで主にLED電球のON/OFFをするときは常にフットスイッチはONの状態にしておく必要があります。

●リモコンを主に調光や調色に使い、LED電球のON/OFFはフットスイッチで行う時はリモコンはONの状態にしておく必要があります。

リモコンとフットスイッチは上記のような関係にあるので

●リモコンでOFFにすると、フットスイッチをONにしても点灯しません

●フットスイッチをOFFにすると、リモコンは使えません。

フットスイッチは100Vの入り切りするスイッチなので、この様になります。

使用感

フットスイッチとリモコンはON/OFFするのはどちらで行うのかをぃめておくといいです。リビングなどでON/OFFするならリモコンが便利です。また、両手に荷物をもっているようなときはフットスイッチが便利です。しかし、リモコンでもフットスイッチでもON/OFFすると非常に使い勝手が悪くなります。

フットスイッチでOFFにすると、コンセントを抜いた状態になるので、当然リモコンでONすることができません。なので、基本はフットスイッチはONにして起きた方がいいと感じます。

両手がふさがった状態でON/OFFするならリモコンはONにしたまま、フットスイッチでON/OFFするのがよいと思います。

それと、複数の人がそれぞれれのリモコンで廊下の明かりなどをON/OFFできれば便利ですが、残念ながらLED電球に対して複数のリモコンは使えません(モダンデコに確認済)

別の商品では1つのLED照明に対して複数のリモコンを最大4台登録できるものがあります。どうしても必要になれば、そちらのLED電球とリモコンに取り換えようと思います。

楽天で調べていたらこのようなものがありました。

1つのLED電球に複数のリモコン登録

複数リモコンで1つのLED電球をON/OFFしたいときは要チェックです。

今回、購入hしたのはこちら

まとめ

今回はホワイト購入しましたが、すっきりしたデザインで質感もよく高級感があります。LED電球も調光調色タイプです。必要に応じて明るさや色合いを変えることができるので大変便利です。

リモコンとフットスイッチが混在するので、リモコンメインにするのかフットスイッチメインにするのか決めておくと迷わず使えるようになります。

  • リモコンメインの場合は、フットスイッチは常時ON
  • フットスイッチメインの場合は、リモコンは常時ON

このようにしておけば迷わず便利に使えます。

また、モダンデコのSofiaでは1つのLED電球を複数のリモコンでON/OFFはできないので、その場合は別メーカーのLED電球とリモコンに変えれば可能になります。

以上、開梱から使用感までお伝えしました。お役に立てば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする