東芝 紙パック 掃除機 VC-PC6AとVC-D50Kの違いと価格は?

東芝の紙パック式掃除機 VC-PC6AとVC-D50Kはともに人気の掃除機です。VC-PC6Aはアマゾンでは売れ筋ランキングで1位。VC-D50Kはアマゾン売れ筋ランキングで6位、楽天週間ランキングで2位です。今回はこのVC-PC6AとVC-D50の違いと通販価格をお伝えします。

VC-PC6A

  • 発売:2013年2月

C-D50K

  • 発売:2014年4月

ここからも紙パック式掃除機のチェックができます
↓ ↓ ↓
Check!!人気の紙パック掃除機(楽天)

東芝 紙パック 掃除機 VC-PC6AとVC-D50Kの違い

VC-PC6A VC-D50K
ヘッド
フローリングターボヘッド(エアー式) すいすい床ブラシ(回転ブラシなし)
吸引仕事率
520W~約90W 470W~約90W
消費電力
1000W~約250W 1000W~約250W
運転音
68dB~約58dB 68dB~約58dB
排気方式
やわらか分散排気 やわらか分散排気
集じん容積
1.6L 1.6L
電源コード長
5m 5m
外形寸法
302x254x230mm 302x254x230mm
質量
4.2kg
ホース・伸縮延長菅・床ブラシ含む
4.2kg
ホース・伸縮延長菅・床ブラシ含む
付属品
すき間ノズル ※適応するメーカー純正紙パック・VPF-7、VPF-6、VPF-5 すき間ノズル ※適応するメーカー純正紙パック・VPF-7、VPF-6、VPF-5

*赤字の部分が違っているところです。

VC-PC6AとVC-D50Kはほぼ同じで、違うのはヘッド部分が違っています。また吸引仕事率がVC-PC6Aの方が大きいので、VC-D50Kより吸い込力が強いです。

ただし、両機種も絨毯の中まで入り込んだ小さなハウスダストまでしっかり吸い上げる力は十分にあります。

やはり一番の違いはヘッドということになります。最近の掃除機はほとんど回転ブラシ付きですが、ご自分の使用環境に合うものを選べばよいと思います。

回転ブラシはゴミを掻きあげるのでカーペットや絨毯などの掃除には適していますが、ペットなどの長毛が落ちているとブラシに絡みつきヘッドの掃除が面倒だったりします。ペットの毛などが多い場面では回転ブラシでないほうが便利ですね。

東芝 紙パック 掃除機 VC-PC6AとVC-D50Kの価格

VC-PC6A楽天最安値
↓ ↓ ↓

★最安値は変動するので、下記の赤または緑のリンクから最新の価格を確認してください。

楽天市場東芝紙パック掃除機VC-PC6A楽天市場安値ショップ一覧

アマゾン東芝紙パック掃除機VC-PC6Aアマゾン安値ショップ一覧

VC-D50K楽天最安値
↓ ↓ ↓

★最安値は変動するので、下記の赤または緑のリンクから最新の価格を確認してください。

楽天市場東芝紙パック掃除機VC-D50K楽天市場安値ショップ一覧

アマゾン東芝紙パック掃除機VC-D50Kアマゾン安値ショップ一覧

さいごに

VC-PC6AとVC-D50Kの違いはヘッドの差でした。

VC-PC6A:フローリングターボヘッド(エアー式回転ブラシ)

VC-D50K:すいすい床ブラシ(回転ブラシなし)

ヘッド以外はほぼ同じなので、ヘッドをどちらにするかで選べばいいですね。

ここからも紙パック式掃除機のチェックができます
↓ ↓ ↓
Check!!人気の紙パック掃除機(楽天)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする