山善リビングファン YLR-C30とYLT-C30の違いと電気代

スポンサーリンク

山善の30cmリビングファンが人気です。楽天の扇風機ランキングでも山善のリビングファンは上位にランインクインしています。

その中でも人気なのは、

  • YLR-C30
  • YLT-C30

です。

YLR-C30は、リモコン付きでマイコンが入った扇風機です。一方のYLT-C30はリモコンなしの機械式扇風機です。以下に違いについて細かく見てみましたので参考にしてくださいね。

リビングファンの楽天人気ランキング一覧
↓ ↓ ↓
楽天市場リビングファン人気ランキング【楽天】

山善リビングファン YLR-C30とYLT-C30の違い

YLR-C30とTYL-C30の項目別比較表から違いを確認できます。

サイズ

YLR-C30 幅37x奥行34x高さ67~87cm
YLT-C30 幅37x奥行34x高さ67~87cm

重量

YLR-C30 約3.1kg
YLT-C30 約2.9kg

消費電力(50/60Hz)

YLR-C30 強:46/48W 弱:33/35W
YLT-C30 強:46/48W 弱:33/35W

風速(m/min)

YLR-C30 強:185/190
YLT-C30 強:185/190

風量(m3/min)

YLR-C30 強:40/43
YLT-C30 強:40/43

口コミです。

風量は弱でもパワーがあり、家族も「これ本当に弱??」と確認していたほどです。
置く場所を調節すればいいのでさほどそこは気になりません。パワーがない方が困るので。
またお安くなったら部屋ごとに購入してもいいなぁと思っています。

タイマー

YLR-C30 1h→2h→4h→解除
YLT-C30 180分

リズム風

YLR-C30 あり
YLT-C30 なし

首振り

YLR-C30 首振りつまみの上下
YLT-C30 首振りつまみの上下

昔ながらの首振りです。つまみを押し下げると首振り開始で、上に引き戻すと首振り停止です。リモコンは使えません。メインのモーターを利用した首振り方式だと思われます。最近のものはメインのモーターではなく首振り専用の小さなモータ―が入っているものもありますが、これがうるさかったり、壊れたりします。今回はメインモーターで駆動させていると思われるのでうるさいということはないと思います。

口コミです。

引越し後初めての扇風機購入はやはりお気に入りの山善サンの所にしました。
安いのにとても人気があるようでしたので心配はしていませんでした。
一日使いましたが、しっかりした作りで首振りもなめらかでした。

ガード

YLR-C30 メッシュガード
YLT-C30 メッシュガード

メッシュガードなので小さなお子さんがいても指を突っ込んだりできないので安心です。ワイヤーガードの物は小さなお子さんのいるお家では危険ですね。

口コミです。

なんといってもメッシュガードなので、オテンバ娘でも安心。プラスマイナス0は指が入る隙間があるのでせっかくオシャレなデザインなのに、カバーをしてましたがこれのらカバーいらず!

子供がいるのでメッシュガードはカバーをつけたりしなくていいのですごくいいです。

操作パネル

YLR-C30

操作パネルの上にリモコンを格納した状態です。リモコンと操作パネルは同じデザインなのでリモコンを使わないときは、この場所に格納します。これならリモコンを探し回ることがなくなりますね。

先にも書きましたが、リモコンでは首振り操作はできません。

口コミです。

リモコンを一緒に置いておく場所があるのも便利です。

リモコンは手の平サイズで小さくてボタンが4つでわかりやすいです。

YLT-C30

機械式です。タイマーもダイヤル式で最大180分までセットできます。ここで電源の入り切りもできます。直感的に操作ができるのでわかりやすいですね。

口コミです。

年老いた母はタッチパネルなど洒落た物は操作が出来ない、
その点これは昔ながらのプッシュ式ボタン操作が出来る、
難点は山膳すべてに言えるが造りが頼りない、

YLR-C30とYLT-C30は扇風機としては同じ性能ですが、リモコンの有無、リズム風、タイマーの長さなどに違いがありました。直感的でわかりやすいのはYLT-C30です。リモコンが必要ならYLR-C30ですね。

YLR-C30、YLT-C30電気代

消費電力は同じなので電気代も同じです。

電力料金の目安単価を27円/kwhとして計算します。

  • 50Hzでは強:46W、弱:33W
  • 60Hzでは強:48W、弱:35W

強の場合

  • 電気代(50Hz)=27円/kwh x 0.046kw=1.24円/時間
  • 電気代(60Hz)=27円/kwh x 0.048kw=1.3円/時間

弱の場合

  • 電気代(50Hz)=27円/kwh x 0.033kw=0.89円/時間
  • 電気代(60Hz)=27円/kwh x 0.035kw=0.95円/時間

仮に一日12時間使うとすれば、

強の場合

  • 50Hz:14.9円/日、447円/月
  • 60Hz:15.6円/日、468円/月

弱の場合

  • 50Hz:10.7円、321円/月
  • 60Hz:11.4円、342円/月

ワンシーズンを6か月とすると

強の場合

  • 50Hz:2682円
  • 60Hz:2808円

弱の場合

  • 50Hz:1926円
  • 60Hz:2052円

強で使ってもワンシーズン3000円以下で済みますね。

さいごに

LR-C30、YLT-C30の違いを見てきました。扇風機の性能は全く同じですが、機械式かマイコン式かで操作方法が違っていました。YLT-C30は昔ながらのボタンを押したりダイヤルを回したりといった機械方式ですが、その分直感的でわかりやすいですね。一方のYLR-C30はマイコン式なのでリモコンが使えるという便利さがあります。どちらが優れているということはないのでお好みで選べばよいと思います。機械式の方が安いのでお買い得感はあります。

さいごまでお読みいただきありがとうございました。この記事がお役に立てれば幸いです。

リビングファンの楽天人気ランキング一覧
↓ ↓ ↓
楽天市場リビングファン人気ランキング【楽天】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする