USB DC5VをDC12Vに変換するケーブルの購入レビュー

スポンサーリンク

USB DC5VをDC12Vに変換するケーブルを購入して使用しています。しばらく使ってみたのでレビューします。

USB DC5VをDC12Vに変換するケーブルの購入してみた

USB DC5VをDC12Vに変換するケーブルの仕様

USB入力:USB DC5V/2A

出力電圧:DC12V(最大1A未満)

DCジャック形状:5.5*2.1mm、1m長

変換効率:約80%~90%)

出力電圧の確認

実際に出力される電圧を測ってみました。無負荷状態での田與ですが、結果はおおむね仕様東リです。

USBバッテリー+12V変換ケーブル

測定結果は11.83Vです。

USB AC アダブター + 12V変換ケーブル

先のUSBバッテリーと同じ11.83Vです。

出力電圧はほぼ仕様通りでした。

実機で試してみる

使用する機器

ky Watcher AZ-GTiマウント

天体観察や写真を撮るのに使う電動の経緯台です。

電源仕様:7.5V~14V、0.75A

駆動は単三乾電池を8本で行います。ただ、単三電池の入れ替えが面倒なので何とかUSBバッテリーで代用できないかと思い、今回のUSB DC5VをDC12Vに変換するケーブルを使ってみました。

電動経緯台の電源として使用した例です。電動経緯台の電源は7.5V~14V、0.75A。最大0.75Aの電流も供給できているようです。一晩中動作させても問題ありません。

せっかくなのでYAMAHAのキーボードにも使ってみました。当然ですがちゃんと音が出て演奏できました。

これで重たいACアダプターを使わなくても済みます。ヤマハのACアダプターはとにかく大きくてかさばるのでこの変換ケーブルは大助かりです。もう一本必要ですね。

使用感は?

電動経緯台、YAMAHAキーボードともに問題なく使えました。モバイルバッテリーが使えるため配線がすっきりします。また、変換回路からのノイズ音もありません。

USBコネクターーに電圧変換回路が入っているので少し長めのサイズになっていますが、もう少し短いともっと使いやすいですね。

USB AC アダブターを使えば時間を気にせず使い続けられとても便利です。

今回購入したのはこちらです

とても安く買えるものなので何本か持っていると便利かと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする