アラジン CAT-GP14AとAGT-G13Aの違い~オススメな選び方は?

スポンサーリンク

アラジンのグラファイトトースターの新モデルCAT-GP14Aが出ました。2018年モデルAGT-G13Aと比べてかなり大きくて重たくなっています。

機能面ではダイヤル式のメニューがついて使い勝手が良くなりました。

その一方、内容容積は従来とあまり変わりません。高さが17mmほど増えたので少し調理がしやすくなりました。

アラジン CAT-GP14AとAGT-G13Aの違い

CAT-GP14A AGT-G13A 新型へのコメント
マイコン制御 マイコン制御で細かな調整ができるようになった
外寸WxDxH 39.1×39.1×27.6 36×35.5×25 外寸が大きくなったが、庫内サイズはあまり変わらない
庫内WxDxH 31.0×27.8×10.7 31×28.5×9
質量 約7.1kg 約4.7kg かなり重たくなった。
コード長 1.2m 1m 取り回しが少し楽になった
定格消費電力 1430W 1300W
温度調整 40~90(5°C刻み)/100~320(10°C刻み) 100~280無段階 調理の幅が拡がった。
タイマー 電子式3時間タイマー(報知音付き) 15分計タイマー(報知音付き) トーストの焼き具合を5段で階設定できる
付属品 焼き網・グリルパン(浅)・グリルパン(深)・すのこ・炊飯釜(参考蓋付き)・計量カップ グリルパン(深型)・グリルパン(浅型)・グリルネット・焼き網 専本格的な炊飯が可能に。

蒸気口 本体天面と庫内に蒸気口 なし
パッキン 本体と扉の間にパッキンを配置して気密性を高めた なし
グラファイトヒーターコントロール グラファイトヒーターの赤熱する温度を3段階に分け、中央部分を消すことでムラなく均一に焼き上げています(下の写真参照) なし

大まかな違いは以上通りです。CAT-GP14Aは一口で言えば、より低温調理や蒸し料理などの調理の幅をさらに拡げたグラファイトグリル&トースターです。

メインの調理機として使うのであればCAT-GP14Aのほうがつかやすいと思います。もちろんAGT-G13Aでも様々な調理ができるので、お値段と相談しながら検討するのが良いと思います。

以下は、もう少し違いを補足しています。ご興味があれば御覧ください。

グリルパンの違い

CAT-GP14Aのグリルパン(深)は深さがAGT-G13Aのグリルパン(深)より3cmも深くなりました。容量が2倍になったので多くの量が調理できます。更にホーロー加工されているので酸やアルカリにもつよく、ニオイもつきにくくなります。

炊飯釜はCAT-GP14Aにしかついていません。アルミ製でフッ素加工してあるため使い勝手は良いです。1~2合のご飯が炊けます。

なお、グリルパン(浅)はグリルパン(深)のフタとしても使えるので便利です。

AGT-G13Aのグリルパンです。

すのことグルルネット

CAT-GP14Aにはすのこ、AGT-G13Aにはグリルネットが付属しています。すのこはシリコン加工されているのでノンフライ調理や、グリルパン(深)の底に敷いて肉まんなどの蒸し料理にも使えます。

蒸気口とパッキン、ヒーターコントロール

左はグラファイトヒーターです。中央部が黒くなっています。熱ムラを抑えることができるそうです。

右はパッキンです。穴が見えますが、蒸気口です。この蒸気口で庫内の温度コントロールをするそうです。いろいろ工夫しているようです。

操作パネルの違い

CAT-GP14Aはマイコン制御になり表示がデジタル化されています。一方のAGT-G13Aは機械式でつまみが2つだけのとてもシンプルな構成です。

CAT-GP14A

回転式のグリルメニューと加熱温度、加熱時間(トースト時は焼き色5段階)、スタートストップボタンが配置されています。つまみを残すことで今までのレトロ感が残っています。

AGT-G13A

写真の解像度が悪くてよく見えませんが、左が温度調整つまみ、右がタイマーつまみです。タイマーは最大15分です。

レシピ検索

CAT-GP14AとAGT-G13Aでは、多少CAT-GP14Aのほうが調理の幅は拡がるようですが、AGT-G13Aでも十分色々な調理ができます。

下記サイトでは新しいレシピが追加されています。このサイトから、機種ごとのレシピ検索ができますので、どのような物ができるのか見に行って見手はいかがでしょう。

↓ ↓

http://aladdin-recipe.com/

当サイトからはリンクしていないので、上のURLに直接アクセス願います。

検索結果例

例えばCAT-GP14Aのレシピを選ぶと下図のようなレシピ一覧が出てきます。どのようなものができるのかとても参考になるのでぜひご覧ください。

AGT-G13Aでは、次のようなレシピが出てきました。

オススメの選び方は?

メーカーの希望価格は次のとおりです。

CAT-GP14A:39,000円

AGT-G13A:22,000円

2021年5月現在で17,000円の値差があります。

CAT-GP14AとAGT-G13Aの違いに価値を感じるかどうで決めることになりますが、迷うようであればAGT-G13Aで十分だと思います。

本格的な調理をするならオーブンレンジを検討したほうが、さらに調理の幅が広がりおすすめです。

created by Rinker
Aladdin(アラジン)
¥20,700 (2021/06/23 14:38:25時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする