アラジングラファイトトースター2019年モデルと旧モデルの違いは?

スポンサーリンク

アラジングラファイトトースターの2019年モデルがようやく発売されました。2016年モデルとは何が違っているのでしょうか?今回は2019年モデルCAT-GS13B(G)/CAT-GS13B(G)と2016年モデルAET-GS13NW/CAT-GS13AGの違いをお伝えします。

アラジングラファイトトースター2019年モデルと旧モデルの違い

2019年モデル 

CAT-GS13B(G):グリーン/AET-GS13B(W):ホワイト

2016年モデル 

CAT-GS13AG:グリーン/AET-GS13NW:ホワイト

2019年モデルは2016年モデルと見た目はあまり変わりませんが、ユーザーさんから多く寄せられた要望を取り入れたリニューアルになっています。

焼き網が外れるようになった

2019年モデル の焼き網は、本体から外すことができるようになりました。2016年モデルでは焼き網が外せなかったので、これでかなり手入れがしやすくなります。

焼き網が焼きムラを抑えるように改良された

また、焼き網自体もトーストの焼きムラを抑えるように改良され、トーストが一層美味しく焼き上がりそうです。下記は焼き網の変更についてのアラジンの説明です。裏面が焼け過ぎていたのを、新しい焼き網では改善しているようです。

焼き網の左右と中央部分の幅を変え、裏面の焼き性能にもこだわりました。
中央部分の幅を狭くすることで、食パンの裏面が焼けすぎるのを防ぎ、
焼き目にムラがない、よりおいしいトーストを実現しました。

温度調整・タイマーつまみのサイズが大きくなって操作性がよくなった

2016年モデルに比べ2019年モデルの温度調整とタイマーのつまみが大きくなり、操作性がよくなっています。

まとめると、次の通りです。

  1. 焼き網が外れる
  2. 焼き網の改良で裏の焼き過ぎ防止
  3. 大きなつまみで操作性が向上

どの改善点も、今までのユーザーさんからの意見や要望を反映したものだそうです。ということは、2019年モデルを選ぶのがベストですね。

おすすめは?

取り外しできる焼き網、改良された焼き網でトーストがより美味しく焼けるなどトースターとして大事なポイントが改良されています。

おすすめするのは、お手入れが簡単で、よりおいしいトーストが焼ける2019年モデルになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする