アラジン CAG-G13B(G)とAEG-G13A(W)の違い~おすすめはどちら?

スポンサーリンク

アラジンのグラファイトグリラーの2019年モデルには百貨店向けモデルCAG-G13B(G)と量販店向けモデルAEG-G13A(W)があります。2021年現在でもモデルに変更はありません。

同じグラファイトグリラーですが、百貨店モデルと量販店モデルということで違っているところもあります。

今回は、この違いについてお伝えします。

アラジン CAG-G13B(G)とAEG-G13A(W)の違いは?

基本仕様は同じですが、外観、プレート、付属品、販売先などが違っています。

一番大きな違いはプレートです。

従来は別売だったマジックプレートがCAG-G13B(G)には標準で付ついています。

その分CAG-G13B(G)はお値段も高くなっています。

以下にそれぞれ説明していきます。

外観の違い

下の写真で分かる通り、本体カラーとプレートが違っています。

AEG-G13A(W)はグラファイトグリラーで初めてホワイトが使われているのも新しいです。

CAG-G13B(G)

AEG-G13A(W)

付属しているプレートが違っている

CAG-G13B(G):マジックプレート

AEG-G13A(W):新グリルプレート

●マジックプレートとは?

チーズやソース、たれなどの液体を使用した調理に適したプレートです。従来は別売でしたが、CAG-G13B(G)にはこのマジックプレートが標準で付いています。

●新グリルプレートとは?

軽量化と加熱性能向上を実現したホーロー加工のプレートです。

その他の付属品の違い

CAG-G13B(G)

  • ヘルシーネット/トング/本体カバー/収納バッグ

AEG-G13A(W)

  • なし

仕向け先の違い

CAG-G13B(G)は百貨店向け仕様でマジックプレートをはじめ便利な付属品がついたグラファイトグリラーです。

一方のAEG-G13A(W)は低価格な量販店向けの仕様です。付属品をなくし新プレートを搭載した軽量で低コスト化のグラファイトグリラーです。

マジックプレートも必要に応じて購入すればよいので、購入費用を抑えたいときは助かります。

以上、CAG-G13B(G)とAEG-G13A(W)の違いをお伝えしましたが、初めてのグラファイトグリラーであれば、価格の安いAEG-G13A(W)でスタートするのもよいと思います。

なお、マジックプレートは追加で購入したほうがお得の場合もあります。

マジックプレートの評判~必要か?

焼き肉する上でマジックプレートは必要か?購入者さんのレビューを調べると、マジックプレートは必需品のようです。

例えば、アマゾン 2020年6月26日レビューには次のような書き込みがあります。

本体としては期待通りですが、付属のグリルプレートが問題ありです。鉄の板にちょっとコーティングしてある程度で、焦げるし煙と臭いも出るしで使えません。マジックプレートは必ず買いましょう。

2021年2月9日のレビュー記事です。

また、付属の鉄板であるマジックプレートが非常に便利
鉄板の形状が凸凹しているのと、中心ほど熱くなる熱源の特性のおかげで、温度勾配ができ、焼き具合によって位置を変えることで焼き加減を調整しやすい

2020年9月29日 アマゾンレビューです。この方はAEG-G13A(W)にマジックプレートを買い足したようです。

グリラー のホワイトとマジックプレートを購入。赤身肉は焼いた後の臭いがほぼない!焼き加減次第で美味しい。

野菜はマジックプレート別売りを購入したので、ポケット部位に入れて焼きましたが、加熱しすぎ無ければ丁度良かったです。

レビューを見る限りマジックプレートは、美味しく調理するのには欠かせないようですね。逆にマジックプレートを使わないと焦げ付きなどで困ることになりそうです。

実際に使われている方たちのレビューからも、マジックプレートはあったほうがいいですね。でも、だからといって即CAG-G13B(G)を買うのはちょっと待ってくださいね。

次に、お得な購入方法をお伝えしていますので、参考にしてください。

おすすめは、AEG-G13A(W)にマジックプレートを買い足しです!

CAG-G13B(G)と、AEG-G13A(W)の価格差は現時点で1万円以上あります。

マジックプレートのお値段はアマゾンなどでは5480円(変動します)です。

ということは、AEG-G13A(W)とマジックプレートを同時に購入するとCAG-G13B(G)より安くなるということです。

少なくとも製品価格さがマジックプレートの価格より大きい場合は、AEG-G13A(W)にマジックプレートを買い足したほうがお得だと言うことです。

アマゾンではAEG-G13A(W)のほうがCAG-G13B(G)より売れていますが、以上のようなことも、その理由の一つだと思います。

おすすめはAEG-G13A(W)の方です。同時にマジックプレートも購入するか、あるいは様子を見てからマジックプレートを購入してもよいかと思います。

CAG-G13B(G)/AEG-G13A(W)の仕様

カラー

  • CAG-G13B(G) アラジングリーン
  • AEG-G13A(W) ホワイト

消費電力

  • 1300W

ヒーター

  • グラファイトヒーター

コード長

  • 約2.3m

本体寸法

  • W550xD310xH314mm

質量

  • CAG-G13B(G) 約5.2kg(トレイ・マジックプレート・電源コード含む)
  • AEG-G13A(W) 約4.3kg(トレイ・新プレート・電源コード含む)

通販情報

すでにお伝えしたとおり、AEG-G13A(W)とマジックプレートの組み合わせがおすすめです。

CAG-G13B(G)

楽天市場CAG-G13B(G)を楽天送料無料安値ショップ一覧でチェック

アマゾンCAG-G13B(G)をアマゾンでチェク

AEG-G13A(W) オススメ

楽天市場AEG-G13A(W)を楽天送料無料安値ショップ一覧でチェック

アマゾンAEG-G13A(W)をアマゾンでチェク

マジックプレート オススメ

楽天市場マジックプレートCAG-MP01を送料無料楽天安値ショップ一覧でチェック

アマゾンマジックプレートCAG-MP01をアマゾンでチェク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする