除湿機 三菱MJ-P180PXとシャープCV-J180の違い~おすすめは?

スポンサーリンク

三菱の除湿機MJ-P180PXとシャープの除湿機CV-J180の違いをお伝えしています。どちらもコンプレッサー方式の除湿機で大きめの部屋の除湿や多めの衣類乾燥に対応できます。

三菱MJ-P180PX

シャープCV-J180

コンプレッサー式除湿機 三菱MJ-P180PXとシャープCV-J180の違い

除湿面積の目安

三菱MJ-P180PX シャープCV-J180
木造:19畳

鉄筋:39畳

木造:20畳

鉄筋:40畳

三菱の方がわずかに適用床面積目安が少ないですね。

除湿能力

三菱MJ-P180PX シャープCV-J180
50Hz:15.5L/日

60Hz:18L/日

50Hz:16L/日

60Hz:18L/日

除湿量は除湿「強」運転時で室温27℃相対湿度60%を維持し続けたときの1日あたりの除湿量のことです。50Hzでは三菱の除湿能力が小さくなっていますが、60Hzでは同等です。

衣類乾燥モード

三菱MJ-P180PX シャープCV-J180
標準モード

  • 洗濯物を速く乾かしたいとき

夜干ノード

  • タンク満水でアラーム音オフ
  • タンク満水で送風に切り替え乾燥
消臭(強)

  • 風量「強」+「プラズマクラスター」で連続運転
  • 排水タンク満タンでも運転する

消臭(弱)

  • 風量「弱」+「プラズマクラスター」で連続運転
  • 排水タンク満タンでも運転

乾燥(強)

  • 風量「強」の連続運転で衣類乾燥

乾燥(弱)

  • 風量「弱」の連続運転で静かに衣類乾燥

乾燥自動

  • 風量「強」で除湿と送風をくり返すことで消費電力を抑える

シャープにはプラズマクラスターによる消臭モードが特徴です。洗濯物の生乾き臭などの抑制が可能です。さらに乾燥自動モードでは節電もできます。

三菱は標準モードと夜モードの2モードとシンプルです。夜モードはアラーム音が止まるので使い勝手がよさそうです。

衣類乾燥時間

三菱MJ-P180PX シャープCV-J180
約114分  約80分

ほぼ同じ除湿能力なのに衣類乾燥時間はシャープの方が速くなっています。送風能力がシャープの方が高く乾燥しやすいのかもしれません。

実際に部屋干しをするときは、乾燥させる洗濯物によって時間はまちまちです。少しでも速く乾燥させるのにはサーキュレーターや扇風機などとの併用が効果的です。

除湿モード

三菱MJ-P180PX シャープCV-J180
自動除湿

  • 室温によって湿度を50%、60%にキープ

  • 送風「強」の連続運転で除湿

  • 送風「弱」の連続運転で除湿

湿度設定

  • 50、55、60、65、70%に設定可

浴室カビガード

  • 湿度50%まで除湿したら、その後約4時間運転して停止。時間は条件で変化。モード選択後、最短4時間(20°C以下では6時間)、最長12時間運転。
自動

  • 室温によって湿度を55%、60%でキープ

  • 風量 「強」の連続運転で除湿

  • 風量 「弱」の連続運転で除湿

カビバリア

  • 最初の10分は最大風量し、その後は風量「強」で、除湿/送風を湿度に応じて繰り返す。プラズマクラスターも併用。

三菱では湿度を細かく湿度設定ができるのが特徴です。自動モードはほぼ同じです。

消費電力と電気代

三菱MJ-P180PX シャープCV-J180
衣類乾燥

(室温30°C)

  • 50Hz:360W(9.7円)
  • 60Hz:425W(11.5円)

(室温27°C)

  • 50Hz:330W(8.9円)
  • 60Hz:390W(10.5円)
衣類乾燥(強)

(室温30°C)

  • 50Hz:365W(9.9円)
  • 60Hz:415W(11.2円)

(室温27°C)

  • 50Hz:345W(9.3円)
  • 60Hz:385W(10.4円)
除湿

(室温27°C)

50Hz:330W(8.9円)
60Hz:390W(10.5円)

除湿

(室温27°C)

  • 50Hz:325W(8.8円)
  • 60Hz:370W(10.0円)

消臭(強)

(室温27°C)

  • 50Hz:325W(8.8円)
  • 60Hz:370W(10.0円)

シャープも三菱も消費電力はあまり差がありません。

空気清浄

三菱MJ-P180PX シャープCV-J180
銀イオン抗アレルフィルター

プラチナ抗菌フィルター

 エアフィルター

プラズマクラスター

空気清浄機能としては、シャープはプラズマクラスターで三菱は銀イオン抗アレルフィルターとプラチナ抗菌フィルターで行います。銀イオン抗アレルフィルターは2年で交換することが推奨されています。

運転音

三菱MJ-P180PX シャープCV-J180
除湿

  • 強:45dB
  • 弱:34dB
  • 冬モード:49dB

衣類乾燥

  • 標準:47dB
  • 夜干:36dB
除湿(50Hz/60Hz)

  • 強 43/41dB
  • 弱 39/36dB

衣類乾燥(50Hz/60Hz)

  • 強 52/52dB
  • 弱 39/37dB

衣類消臭(50Hz/60Hz)

  • 強 52/52dB
  • 弱 26/26dB

運転音はあまり変わりませんが、しいて言うなら三菱の方が少し静かな感じです。

排水タンク

  • 三菱MJ-P180PX:約4.7L
  • シャープCV-J180:約4.5L

入り切りタイマー

  • 三菱MJ-P180PX:1~9時間
  • シャープCV-J180:1~12時間

使用可能温度範囲

  • 三菱MJ-P180PX:1~40°C
  • シャープCV-J180:4~38°C

三菱はシャープより寒さには強いので、温度が下がる地域では三菱の方が有利です。三菱もシャープも低温時に使用するときは除湿能力が落ちるため、脱衣所などのように狭い場所で衣類乾燥をした方が速く乾きます。

キャスター

  • 三菱MJ-P180PX:4輪〈自在〉
  • シャープCV-J180:4輪〈横移動のみ〉

質量

  • 三菱MJ-P180PX:約14.9kg
  • シャープCV-J180:約16.5kg

外形寸法

  • 三菱MJ-P180PX:W372xD281xH594mm
  • シャープCV-J180:W359xD248xH665mm

おすすめは?

低温に強い冬モード搭載の三菱MJ-P180PX

低温時も衣類乾燥や除湿をするのであれば三菱MJ-P180PXが1°Cから使えるので便利です。

衣類乾燥の速さで選ぶとシャープCV-J180

衣類乾燥の速さで選ぶのであればシャープCV-J180が速くてお勧めですが、除湿能力は同じなので三菱J-P180PXも別途サーキュレーターを併用すれば乾燥時間が短縮で切る可能性大です。

空気清浄はお好みで

空気清浄機能については三菱は銀イオン抗アレルフィルターとプラチナ抗菌フィルターを搭載、シャープCV-J180はプラズマクラスターを搭載しています。好みで選べばと思います。

衣類消臭もするならシャープCV-J180

プラズマクラスターであれば衣類などに付着した臭いの消臭もできるので衣類消臭としても使いたいのであればシャープが便利です。

created by Rinker
三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)
¥37,500 (2019/08/22 00:25:01時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥34,461 (2019/08/22 00:25:02時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする