コロナ 衣類乾燥除湿機 CD-H1818とBD-H187の違いは?

スポンサーリンク

コロナの除湿能力が18L/日の衣類乾燥除湿機械にはCD-H1818とBD-H187があってよく似ています。どちらもコロナでは最高除湿能力を持った除湿機です。今回はこの2機種の違いについてまとめてみましたので、購入時の参考にしてみてください。

人気の除湿機はここからも探せます
↓ ↓ ↓
Check>>【楽天】除湿機ランキング

コロナ 衣類乾除燥湿機 CD-H1818とBD-H187の違い

仕様・機能

仕様 CD-H1818 BD-H187
除湿能力 16.0/18.0
消費電力 280/310
タンク容量 約4.5L
質量 12.5kg
付属品 ウィルス抑制・除菌・脱臭10年交換不要フィルター
運転の種類・設定 CD-H1818 BD-H187
自動
冬モード
サーキュレーター標準H
(送風運転)
サーキュレータ―静音L
(送風運転)
湿度設定 50,55,60,
65,70%を選べる
約60%に固定

除湿能力や消費電力など基本的な仕様は全く同じです。違うのは運転モードと湿度設定です。

運転モ―ドではCD-H1818にはサーキュレーター標準H、サーキュレーター静音Lというモードがついています。これは、送風モードのことです。送風モードの強、弱といったところです。

湿度設定ではCD-H1818では50~70%の湿度を5%刻みでセレクトできます。BD-187では60%だけですが、幅をもって湿度を設定できるようになっています。60%になっていれば通常では特に不都合なことはないので特筆するような機能ではないと思います。

外観・寸法・質量

  • 外形寸法:570x365x202mm (共通)
  • 質量:12.5kg (共通)

デザイン

  • CD-H1818

アーバンブルーとエレガントブルーの2色から選べます。

  • BD-H187

グレイッシュブルー1色だけです。

非常に似た機種が2種類あるのは?

コロナの除湿器は販売咲によって4種類に分かれています。

①家電ホームセン量販店・ター向け商品

②家電量販店向け商品

③ホームセンター向け商品

④一般ルート向け商品

CD-H1818は①の家電ホームセン量販店・ター向け商品で、HD-H187は④の一般ルート向け商品になっています。

ベースになる商品は同じですが、マイナーチェンジで量販店向けに付加価値を付けていることがあります。今回の場合はサーキュレーターという付加価値を付けています。

ベースは同一商品なので、単なる送風モードをサーキュレーターモードと呼んでちょっと付加価値が付いた感じにしているようです。

この付加価値についていえば、HD-187には送風モードがないので、HD1818のサーキュレーターモードは便利な機能だと言えます。

値段が同程度あればHD-1818の方がちょっと便利ですね。

コロナ 衣類乾除燥湿機 CD-H1818とBD-H187の価格

CD-H1818
楽天最安ショップ
↓ ↓ ↓

楽天市場コロナ除湿機HD-1818楽天安値ショップ一覧

アマゾンコロナ除湿機HD-1818アマゾン安値ショップ一覧

BD-H187
楽天最安ショップ
↓ ↓ ↓

楽天市場コロナ除湿機BD-187楽天安値ショップ一覧

アマゾンコロナ除湿機BD-187アマゾン安値ショップ一覧

まとめ

コロナ 衣類乾除燥湿機 CD-H1818はBD-H187に比べ次の点が追加されています。

  1. サーキュレーター標準・静音という送風モードがある
  2. 湿度設定が50~70%まで5%刻みでできる
  3. カラーが2色ある

CD-H1818が若干機能が増えてはいますが、現時点では価格差が5~6千円もあるので、BD-H187を購入するのがコスパとしては優れています。

送風モードが必要であればCD-H1818をそうでなければBD-H187がいいと思います。価格が同じ程度であればCD-H1818をおすすめします。

人気の除湿機はここからも探せます
↓ ↓ ↓
Check>>【楽天】除湿機ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする