コロナ 窓用エアコン CW-1618とCW-FA1618~おすすめは?

スポンサーリンク

コロナ 窓用エアコンのCW-1618とCW-FA1618は見かけ上も性能もとても良く似ています。今回はCW-1618とCW-FA1618の仕様や機能の違いからおすすめはどちらなのか探ってみました。購入時の参考にしてみてくださいね。

こちらからも人気の窓用エアコンをチェックできます。
↓ ↓ ↓

Check!! 窓用エアコン人気ランキング【楽天】

コロナ 窓用エアコン CW-1618とCW-FA1618 おすすめはどっち?

イオン運転ができるのはCW-FA1618だけ

CW-1618にはイオン運転モードはありません。CW-FA1618にだけ搭載されたモードです。

イオン運転ではマイナスイオンを滝や渓流付近と同じ程度に発生させます。マイナスイオンがたくさん含まれていると滝や渓流のような美味しくてすがすがしい空気を感じtられるといわれています。

とはいっても科学的な根拠がしっかりしているわけではないようです。パナソニックのナノイーとかシャープのプラズマクラスターとかと同じですね。これらはイオン生成時にオゾンなども発生しますので気になる方は要注意です。

換気運転ができるのはCW-FA1618だけ

CW-1618は換気機能はありません。CW-FA1618の機能ですが換気運転中はマイナスイオンは発生できません。

CW-FA1618では換気運転だけの単独運転ができます。窓を開けて空気を入れ替えなくてもいいので便利ですね。

10年交換不要の脱臭フィルター搭載はCW-FA1618だけ

CW-FA1618は脱臭効果を10年継続して発揮するフィルターを搭載しています。しかし、実際に10年間持つかどうかは環境により違ってくるはずです。せめて初期の脱臭能力の○○パーセントまでは交換不要。その○○パーセントまでになるのが10年ですとかであれば分かりやすいですね。

コロナ 窓用エアコン CW-1618とCW-FA1618の仕様比較

一覧にすると次のようになります。マイナスイオン発生器が搭載されているのが一番大きな違いです。

CW-1618 CW-FA1618
イオン運転
換気運転
10年交換不要脱臭フィルター
消費電力(50/60Hz) 545/625kW
冷房面積の目安(50/60Hz) 鉄筋アパート(南向き洋室):10/11m3
木造(南向き和室):6/7m3
除湿能力(50/60Hz) 0.8/1.0L/h
除運転音 (50/60Hz) 室内51/53dB 室外62/64dB
総質量 21kg
外形寸法 750x335x240mm

仕様や機能を見るとCW-1618はCW-FA1618に比べ見劣りするように見えますが、実際のところはどうなんでしょうか?

イオン運転、換気運転、10年交換不要フィルターなどどれも絶対に必要なものではなく、あれば便利だというものばかりです。

逆に基本的な冷房能力や除湿能力、運転音などは同じです。そうなると価格との見合いになりますね。同じぐらいならFAでもいいですが、価格差が大きければ安いほうを選ぶべきです。

コロナ 窓用エアコン CW-1618とCW-FA1618の価格比較

CW-1618
楽天最安ショップ
↓ ↓ ↓

楽天市場コロナ窓エアコンCW1618楽天安値ショップ一覧

アマゾンコロナ窓エアコンCW1618アマゾン安値ショップ一覧

CW-FA1618
楽天最安ショップ
↓ ↓ ↓

楽天市場コロナ窓用エアコンCW-FA1618楽天安値ショップ一覧

アマゾンコロナ窓用エアコンCW-FA1618アマゾン安値ショップ一覧

結論:おすすめはCW-1618です

現時点では価格差は2万円以上あります。換気やマイナスイオンが絶対に欲しいというわけでないのであれば価格の安いCW-1618がおすすめです。

楽天やアマゾンなどの大手通販で売れているのは圧倒的にCW-1618なので、今の価格であればCW-1618を選んで間違えはないですね。

こちらからも人気の窓用エアコンをチェックできます。
↓ ↓ ↓

Check!! 窓用エアコン人気ランキング【楽天】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする