グラファイト グリラーとホットプレートの違い~焼き肉で煙やニオイが少ないのは?

スポンサーリンク

グラファイトグリラーは遠赤外線を使用した卓上型調理器です。従来の電気ヒーターで鉄板を加熱するホットプレートなどと比べ煙やニオイはどうなんでしょう?

グラファイト グリラーとホットプレートの違い

グラファイト グリル ホットプレート
遠赤外線の輻射熱で加熱

焼くのに時間がかかる

煙・油の飛び散り・ニオイは少ない

焦げは少ない

一度にできる調理量は少ない

鉄板で加熱

速く焼き上がる

煙・油の飛び散り・ニオイは多い

焦げは避けられない

一度にたくさん調理できる

グラファイト グリラー

グラファイト グリルは上部に配置されたグラファイトヒーターからの遠赤外線輻射熱で食材を直接加熱します。ちょうど炭火焼きのイメージです。炭火焼き料理が美味しいいのは炭から出る輻射熱で食材を加熱するからと言われています。グラファイト グリラーも同じですね。

焼き肉などでは、加熱された肉から出た脂は下の水トレイに落下し、煙や油の飛散を防ぐとともに、ニオイも抑えます。

輻射熱で加熱するため、直接熱伝導で加熱するホットプレートに比べ調理時間は長くなる。

また、赤外線の輻射熱で加熱するため食材を加熱するスペースは限られるので一度の多くの食材は調理できません。

ホットプレート

ホットプレートは、加熱された鉄板で焼くので、食材から出た出た脂は鉄板で加熱され煙やニオイなどが出ます。また加熱された油は周囲に飛散しテーブルを汚します。

直接鉄板で食材を加熱するため、調理時間は短くすむ。また、プレート全面が使えるため多くの食材を調理できます。

グラファイト グリラーは本当に煙やニオイ、そして油の飛散がすくない?

ここからは、実際にグラファイト グリラーの使用者の方のレビューをご紹介します。メーカーの謳い文句は、実際どうなのかレビューを見るとある程度わかります。

レビュー例

煙に対するレビュー(抜粋)

2020年5月31日 アマゾンレビューより

早速焼き肉しましたが本当に煙が出ない!!
でも近くにいると暑いので真夏はエアコン効いたとこでないとしんどいかも!!
焼けるのに時間はかかるんで別売りのマジックプレート買ったら高さが出て熱源の近くで焼けるみたいなので買おうかと思ってます。

2020年8月23日 アマゾンレビューより

煙は少なく匂いも気にならない
部屋で使うのに問題なし

2020年8月2日 アマゾンレビューより

まず、煙が全然出ません。
これには感動しました。ベランダで使用しましたが、全然気になりません。

2020年7月26日 アマゾンレビューより

本当に煙がほとんど出ない!新築にしてから中でも焼肉は諦めていましたが、これなら大丈夫でした

2021年2月22日 アマゾンレビューより

煙は本当に殆ど出ませんが
焼けるのに時間が掛かるのと
上から遠赤外線の赤色で
肉は特に焼き加減が見えにくいのが弱点です

2020年6月26日 アマゾンレビューより

本体としては期待通りですが、付属のグリルプレートが問題ありです。鉄の板にちょっとコーティングしてある程度で、焦げるし煙と臭いも出るしで使えません。マジックプレートは必ず買いましょう。

本当に煙は出ないようですが、マジックプレートは必須のようですね。食材から落ちた油が、すぐに水の入ったトレーに落ちるため油が燃えないからです。ホットプレートでは、加熱されたプレートで落ちた油が加熱あれ煙が出やすくなります。

ニオイに対するレビュー(抜粋)

2020年9月3日 アマゾンレビューより

自宅で焼肉は、けむりやニオイや油ハネが気になってなかなか出来ないですが
やはりアラジンのグラファイトグリラーはその点けむりやニオイが気になりません。これは素晴らしいです。

2020年8月22日

煙は少なく匂いも気にならない
部屋で使うのに問題なし

2020年7月26日

次の日もほとんど部屋に匂いが残りませんでした。

2020年5月27日 アマゾンレビューより

煙がほとんど出ず、匂いも、やきまるで焼くのと比べるとほぼ臭わない。
かなり大きいですが、収納場所に困らなければお家焼肉には最適です。

ニオイも、かなり抑えられているようです。煙とニオイはセットで発生するので、煙が少ないことはニオイも少ないといえます。

油に関するアマゾンレビュー(抜粋)

2020年3月20日 アマゾンレビューより

肉だけでなく魚を焼く時も頻繁に使用しています。油も落ちヘルシーでいろんな面で満足しています。

2021年2月9日 アマゾンレビューより

今まで家の中で焼肉する時は古いホットプレートを使っていたため、油は跳ねるし煙は出るし焦げるし臭いもすごいしで大変だったが、これはほとんど煙も出ないし、油跳ねも少ない。使用後のテーブル上の状態が歴然に変わった

2020年8月12日 アマゾンレビューより

煙が出なくて、ハネもほぼ無いので、食卓の片付けはラクでした

油の飛散も少ないようです。多くの方が油ハネが少ないとレビューしていました。

メーカー説明をレビューは反映していた!

メーカーの煙・ニオイ・油飛散に対する説明は、実際に使った方たちのレビューを見る限り。十分に支持されていました。

煙やニオイ、油の飛散などが少ない焼き肉を行うのに、グラファイト グリラーはおすすめですね。

ただ、いいレビューばかりではなく、多少残念なレビューもあります。

少し残念なレビューもあります

・肉の焼き具合がわかりにくい

・収納がコンパクトにできない

・火力は十分だが、強力とは言えない

ヒーターの赤い光が食材に当たるため焼き具合が少し見にくいようです。また、火力はホットプレートに比べ若干弱いようですが、焼き肉を行うには十分な火力です。

本体サイズが大きいので収納場所は予め確認しておいてょうが良いでしょう。

「お家で焼き肉」するなら グラファイト グリラーはおすすめ

以上、グラファイト グリラーとホットプレートの違いをお伝えしました。煙やニオイ、油の飛散を考えいるのであれば、グラファイト グリラーは良い選択です。

家の中やベランダで煙やニオイを気にせず焼き肉をしてみたい方にはグラファイト グリラーとマジック グリラーがおすすめです。

ただし、先のレビューにも有りましたが、マジックプレートは必需品のようです。

AEG-G13A(W)とCAG-G13B(G) どちらがおすすめか?

グラファイト グリラーにはAEG-G13A(W)とCAG-G13B(G)の2種類あります。

CAG-G13B(G)にはマジックプレートが付属、AEG-G13A(W)には付属していません。

マジックプレートはレビューにもある通り是非使用したいプレートです。そこで、オススメは次のようになります。

詳しくはこちらのページで説明していますが、おすすめは、AEG-G13A(W)とマジックプレートを購入することです。

この記事を書いている時点で、AEG-G13A(W)とCAG-G13B(G)の価格差は、マジックプレート価格より大きいのです。

なので安いAEG-G13A(W)とマジックプレートを同時に買ったほうがCAG-G13B(G)を買うより安くというわけです。

created by Rinker
Aladdin (アラジン)
¥5,480 (2021/04/12 21:02:02時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする