モダンデコのセラミックヒーターとアイリスのKJCH-126Tの違い~おすすめは?

スポンサーリンク

モダンデコのセラミックファンヒーターとアイリスオーヤマのJCH-126Tはよく似ています。ここでは、両社の違いについてお伝えしています。購入時の参考にしてみてください。

モダンデコのセラミックヒーターとアイリスのKJCH-126Tの違いは?

消費電力の違いは?

全く同じです。

モダンデコ

  • 強1200W、弱600W

KJCH-126T

  • 強1200W、弱600W

どちらもパワーは同じです。

運転モードの違いは?

モダンデコ、アイリスKJCH-126Tのともに連続運転モードと人感センサーモードがあります。

連続運転モードは、ともに最大4時間の連続運転です。

人感センサーモードは少し違っています。

  • モダンデコ:上下左右60°、感知距離2m
  • アイリスKJCH-126T:上下60°、左右90°、感知距離2m

アイリスKJCH-126Tの方が左右の感知角度が広くなっています。実用上は差が無いと考えてよいと思います。

温風調整は?

どちらの機種も送風、強、弱の3段階の調整ができます。

  • 送風:温風なし
  • 強:約1200Wで加熱した温風
  • 弱:約600Wで加熱した温風

ルーバーの角度調整は?

モダンデコは手動でルーバーの角度調整ができますが、アイリスKJCH-126Tのルーバー角度調整についてはメーカーの仕様にも明記されないのではっきりわかりません。外観を見る限り調整できそうに見えます。

チャイルドロックは?

共にチャイルドロッがあります。

  • モダンデコでは「運転切替」「温風切替」ボタンを同時に3秒長押しでロックの設定解除ができます。
  • アイリスKJCH-126Tでは「モード切替」「ヒーター切替」ボタンを同時に3秒長押しでロックの設定解除ができます。

ボタンの名前が違うだけで、操作は同じです。

転倒時安全装置は?

共にヒーターが点灯したときは自動的に電源が切れる安全装置が搭載されています。

温度過上昇防止装置

共に搭載されています。

フィルター

モダンデコは活性炭フィルターだけですが、アイリスKJCH-126Tは活性炭フィルター不織布フィルターの2枚重ねになっています。

活性炭の働きで臭いを吸着すします。さらにアイリスKJCH-126Tではホコリを取り除く不織布フィルターも装着されています。

フィルターはアイリスKJCH-126Tの方が少し良さそうです。

カラーバリエーション

モダンデコのカラーバリエーションは豊富です。左からホワイト、ゴールド、オレンジ、ナチュラル、ウォールナット5色用意されています。

アイリスオーヤマの方はっホワイトだけです。

操作パネル

モダンデコのパネル

アイリスオーヤマKJCH-126Tのパネル

見ての通りそっくりです。ボタンやインジケーターの名前が違うだけなので、確かではないですが同じOEM先の製本だと思われます。

電源コード長

共に1.8mです。

サイズ

モダンデコ:約 幅240㎜×奥行111㎜×高さ333㎜

アイリスオーヤマ:約 幅240㎜×奥行111㎜×高さ333㎜

全く同じです。

質量

約2.1kgでともに同じです。

以上、違いはあまりなくほとんど同じものだと考えてよいですね。

おすすめは?

違いはほとんどないのでコストで選ぶならモダンデコがおススメです。

アイリスオーヤマは不織布フィルターが入っていますが、価格はモダンデコに比べ高めに設定されています。

カラーバリエーションが多いモダンデコはいろいろな色が選べるのも魅力です。

通販情報

モダンデコ

アイリスオーヤマ

価格はモダンデコの方がだいぶ安いですね。性能は同じなので価格で選ぶのがお得です。現時点ではモダンデコがお得です。寒さの時期になると人気のカラーからすぐに売り切れてしまうので早めの準備をおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする