ER-X60とER-W60の違い~おすすめはどっち?オーブン調理もできるフラット庫内モデル

スポンサーリンク

ER-X60とER-W60の違いは、自動メニュー数と総レシピ数です。

<自動メニュー数と総レシピ数>

ER-X60 ER-W60
発売年月 2022年8月 2021年8月
自動メニュー数 69 72
総レシピ数 80 83

<価格差は少ない>

2022年8月現在、価格差はあまりないようです。

<おすすめ>

価格差はあまりないので、あえてER-W60を選ぶ意味はありません。2022年製のER-X60がおすすめです。

ER-X60とER-W60の違い

ER-X60(2022年製) ER-W60(2021製)
自動メニュー数 69 72
総レシピ数 80 83

性能・機能は同じで違うのは自動メニュー数と総レシピ数だけです。ただ、違いは少ないのであまり気にしなくてもよいと思います。

なお、2022年8月現在、価格差はあまりありません。

おすすめはどっち?

価格差が少ない現時点では、新しいER-X60を買うのがおすすめです。

<おすすめの理由>

① 表に出ない部分の変更

表向きは機能も性能も変わっていませんが、可能性は非常に少ないと思いますが、改善のため部品などの変更がなされたかもしれない。

② 倉庫での保管期間が長い

ER-W60は2021年製なので、今ある在庫品は1年以上倉庫で保管されていた可能性あり。倉庫の環境が不適切であると製品の劣化にもつながりかねない。

この様なリスクを避ける単にも新型がおすすめです。旧タイプを購入するときは信頼できるショップで購入しましょう。

以下は参考資料です(ER-X6 東芝ライフスタイルHPより)詳細なスペックや機能をチェックしたい方はこちらで確認できます。

(参考)製品スペックER-X6

専用付属品
角皿(鉄板ホーロー)38.8×30cm 1枚/取扱説明書 兼 料理集/(水受けは本体に装着済み)
外形寸法(mm)

*本体奥行きにハンドルは含みません。

外形寸法は左右・背面・上面の突起等を含む寸法です。
庫内有効寸法(幅×奥行×高さ(mm))

480(幅)×390(奥行)×325(高さ)
寸法図
設置寸法 背面ピッタリ※1

*左1.5cm以上、右4.5cm以上、上方は10cm以上あけてください。

質量(本体のみ) 約13kg
基本仕様・性能 オーブン・グリル機能 消費電力(W)/ヒーター出力(W) 1220/オーブン1150・グリル800
レンジ機能 消費電力(W)/高周波出力(W) 1430/1000:最大3分(600)※2
年間消費電力量※3 区分 73.4kWh/年(電子レンジ機能57.0kWh/年・オーブン機能16.4kWh/年・待機時0.0kWh/年)B:ヒーターの露出があるもので、30L未満のもの

※1熱に弱い壁・家電製品・家具・コンセントがある場合は記載寸法以上にすき間をあけて置いてください。また、コンセントが排気口の近くにあったり、よごれが気になるときも、排気が直接当たらないように記載寸法以上にすき間をあけて置いてください。後方がガラスの場合、温度差で割れる恐れがあるので、20cm以上あけてください。
※2定格高周波出力1000Wは短時間高出力機能(最大3分)であり、定格連続高周波出力は600Wです。600Wへは自動的に切り換わります。
※3年間消費電力量は、省エネ法・特定機器「電子レンジ」測定方法による数値です(区分名も同法に基づいています)。

商品画像の点灯部はイメージです。
■温度は庫内が空の状態で中心部を熱電温度計法により測定しています(JISの測定方法による)。庫内に食品や付属品を入れて温度を測定すると、温度が合わないことがあります(料理を作る場合は、料理集の温度を目安にしてください)。
■アース棒を同梱しておりません。アース棒が必要な場合は、販売店にご相談ください。
*オープン価格の商品は希望小売価格を定めておりません。

(参考)製品機能ER-X6

総庫内容量※2 23L(ワイド&フラット庫内)
オーブン・グリル
オーブン温度※4 100〜250℃※5
加熱方式 石窯オーブン石窯オーブン(上下ヒーター式)(上)ガラス管ヒーター庫内4面遠赤(底・奥・左右)
深皿調理
過熱水蒸気調理
ハイブリッド調理
ノンフライ調理
グリル調理 グリル調理
発酵 発酵(30・35・40・45℃)
レンジ レンジ出力(W) 1000:最大3分(600)※3/600・500連続 200相当、100相当
センサー 温度センサー
あたため機能(抜粋) ごはん/おかず/冷凍ごはん/牛乳/コンビニ弁当
解凍 解凍/さしみ(グラム合わせ)
スチーム スチーム方式 角皿式※1
スチーム調理 角皿スチーム調理※1
スチームレンジ
総レシピ数(自動メニュー数) 80※6(69※7)
自動メニュー(抜粋) 石窯おまかせ焼き
便利なあたため機能 ふっくらパン/カラッとあたため
時短・お手軽メニュー(抜粋) おつまみ1分/3分・5分・7分メニュー
トースト(6枚切り2枚) (グリルでの焼き上げ時間) トースト:5分45秒(約3分40秒で裏返し)冷凍トースト:8分30秒(約5分50秒で裏返し)
お手入れ 庫内コーティング 遠赤・脱臭ブラックコート ( 天井、扉部、底面を除く )
手間なしお手入れコース
使いやすさ IoT機能
表示 液晶表示(バックライトなし)

※1角皿にお湯を注いで水蒸気を発生させる調理方法。
※2総庫内容量とは、JISの規定に基づいて算出された容量です。
※3定格高周波出力1000Wは短時間高出力機能(最大3分)であり、定格連続高周波出力は600Wです。600Wへは自動的に切り換わります。
※4温度は庫内が空の状態で中心部を熱電温度計法により測定しています(JISの測定方法による)。 庫内に食品や付属品を入れて温度を測定すると、温度が合わないことがあります(料理を作る場合は、料理集の温度を目安にしてください)。
※5250℃での運転時間は約5分です。その後は自動的に200℃に切り換わります。温度を210℃以上に設定したときも自動的に200℃に切り換わります。また、設定温度が210℃以上のときは予熱温度は200℃になります。
※6アレンジレシピ、バリエーションレシピ、ケーキ型サイズ、トッピングを含みます。
※7取扱説明書および料理集の自動調理可能なメニュー数(自動あたためを含み、お手入れを除く)
■商品画像の点灯部はイメージです。
■温度は庫内が空の状態で中心部を熱電温度計法により測定しています(JISの測定方法による)。庫内に食品や付属品を入れて温度を測定すると、温度が合わないことがあります(料理を作る場合は、料理集の温度を目安にしてください)。
■アース棒を同梱しておりません。アース棒が必要な場合は、販売店にご相談ください。
*オープン価格の商品は希望小売価格を定めておりません。

ER-X6 おすすめ!

ER-W6

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました