衣類乾燥除湿機 F-YHTX120とF-YHSX120の違いは?

スポンサーリンク

パナソニックの衣類乾燥機は毎年のように新商品が出てきます。今年購入したものも来年にはもう型落ちです。

性能や機能がアップされた新製品であれば検討する価値がありますが、そうでなければ旧製品の方が安価に購入できることがほとんどです。

ここでは、新製品と旧製品のスペックの違いや機能の違いなどをお伝えします。合わせてお得なのはどちらかもお伝えしています。

衣類乾燥除湿機 F-YHTX120とF-YHSX120の違いは?

衣類乾燥除湿機 F-YHTX120とF-YHSX120の違いは「衣類ケア」ボタンが「ケア」ボタンの変更されたことです。「ケア」のメニューも変更されています。

1.「衣類ケア」から「ケア」に変更された

F-YHTX120のパネル(ケア、除湿、衣類乾燥ボタン部)

F-YHSX120のパネル(衣類ケア、除湿、衣類乾燥ボタン部)

F-YHTX120 F-YHSX120
「ケア」ボタン

  • クローゼット
  • 衣類
  • 部屋
「衣類ケア」ボタン

  • クローゼット
  • ニオイ
  • 花粉

ボタンの名前が変わっただけではなく、メニューも変わっています。F-YHSX120では「クローゼット」「ニオイ」「花粉」というメニューだったのが、F-YHTX120では「クローゼット」「衣類」「部屋」になりました。

従来の「ニオイ」「花粉」は「衣類」に統合され、新たに「部屋」メニューが新設されたことになります。

「部屋」メニューは、部屋のニオイを取りたいときに使用するメニューです。このメニューでは湿度が70%を超えているときは部屋の除湿も行います。

2.衣類乾燥から引き続き行える運転の種類が増えた

衣類乾燥が終了すると従来は除湿運転を続けて行うことができました。新製品ではさらに「ヘア・部屋」での運転が追加されています。

F-YHTX120 F-YHSX120
除湿恩典 おまかせ運転 除湿運転 おまかせ運転
ケア 部屋

「ケア 部屋]運転は部屋のニオイを撮るための運転です。湿度が70%を超えた場合は除湿運転も行います。衣類を乾かしたあと部屋のニオが気になるようなときに使うと便利です。

F-YHTX120とF-YHSX120の違いは以上の通りです。F-YHTX120に部屋のニオイ取り運転「ケア 部屋」が新設されたのが違いといってよいでしょう。

上の図は「ケア」と「衣類ケア」のスペックを抜粋したものです。従来の「ニオイ」は「衣類」と全く同じスペックです。

「花粉」のスペックは消費電力が少なくなった「部屋」に置き換わっています。この様にスペックはほとんど変わっていないことがわかります。

言葉を色々変えることでわかりやすくなったとも言えます。新たに加わった「部屋」運転は従来機であれば「花粉」運転で同じような効果が得られるのではないかと思います。

どちらがおすすめ?

どちらがおすすめかといえばお値段次第です。

最初にもお伝えしましたが新製品といってもほぼ同じようなものを毎年新製品として売り出しているだけです。

今回のF-YHTX120とF-YHSX120ではスペックや機能に大きな差が無いので価格で決めるのがお得です。

通販情報

F-YHTX120とF-YHSX120は大手通販で購入できます。下のリンクから楽天、アマゾン、ヤフーショッピングの販売ページにジャンプできます。

F-YHTX120

楽天でF-YHTX120の安値ショップをチェックする

アマゾンでF-YHTX120の安値ショップをチェックする

ヤフーショッピングでF-YHTX120の安値ショップをチェックする

F-YHSX120

楽天でF-YHSX120の安値ショップをチェックする

アマゾンでF-YHSX120の安値ショップをチェックする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする