スノーピーク HOME&CAMPバーナー GS-600 の特長は?

スポンサーリンク

スノーピークの小型バーナーがHOME&CAMPが大人気です。外観はキャンプなどでの屋外仕様ですが、屋内でも使えます。収納時のデザインもよいの部屋おインテリアにもなります。

多くのキャンプ用のシングルバーナーは屋外専用です。それは屋外専用であれば屋内使用時の規制を受けなくて済むからです。キャンプ用は屋外専用で当然ですが、そこを屋内でも使えるようにしたスノーピークのHOME&CAMPはとても気になります。

スノーピーク HOME&CAMPバーナー GS-600 の特長

屋内でも屋外でも使用できる

キャンプなどで使うシングルバーナーは当然ながら屋外専用のものがほとんどなので、屋内では使えません。

スノーピークのHOME&CAMPバーナーは屋内でも屋外でも使用できる待望のシングルバーナーです。

従来のキャンプ用バーナなどは屋外専用で屋内使用はメーカーが禁止しています。それは屋内使用での規制をクリアする安全装置などを実装していないからです。

スノーピークのHOME&CAMPバーナー GS-600は屋内使用ができるよう法規制をクリアしています。ただ、その分価格が上がってしまったのは仕方ないですね。

安全の証であるPSLPGマークはしっかり表示されています。JIA(日本ガス機器検査協会)はガス機器等の第三者認証機関です。

なお、生産国は韓国ですがスノーピークブランドなので品質はスノーピーク品質です。

五徳をコンパクトに収納できるカセットコンロ

収納時はボンベ格納部に五徳が入り込むので非常にすっきりと格納できます。

格納時はこのような円筒の中にすべて収まってしまいます。

円筒の蓋を開けると五徳がこのように格納されています

中のごとくを外に引き出してカセットコントが組みあがります

このようにとてもシンプルな構造で。特に収納時は円筒に収まってしまうので、だれが見てもデザインが素敵なのでインテリアにしか見えることでしょう。まさか、カセットコンロとは思いませんね。

安定感があるので大きめの鍋も置ける

取扱説明書には下記のように鍋の置き方が書かれています。対応鍋径は最小Φ14cm~最大Φ30cmです。屋内専用のカセットコンロに比べると多少制約はありますが使用上は特に問題ないと思います。

鍋の置き方(取説より)

輻射熱でテーブルが焦げないために適度な高さを保っている

キャンプ用など屋外専用のコンロの場合、地面への輻射熱はほとんど考慮されていないので木製のテーブルでコンロを使えば焦げてしまうこともあります。

スノーピーク HOME&CAMPバーナー GS-600では室内での使用も考慮しているので、テーブル面への距離をとってテーブルが受ける輻射熱を軽減しています。さらに別売のバーナーシートを使えば輻射熱を遮断してくれるのでより安全です。

スノーピーク(snow peak) HOME&CAMPバーナー ブラック GS-600BK
スノーピーク(snow peak)
スノーピーク(snow peak) HOME&CAMPバーナー カーキ GS-600KH
スノーピーク(snow peak)
スノーピーク(snow peak) HOME&CAMPバーナー シルバー GS-600SL
スノーピーク(snow peak)
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥4,378 (2019/11/17 09:31:24時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする