イワタニカセットこんろ CB-SS-1とCB-EPR-1の違いは?

カセットこんろといえばイワタニというぐらい、イワタニのカセットこんろはメジャーです。災害などで長期の停電が発生した時など、このようなカセットこんろがあると、とても助かります。台風や地震などに備えに、カセットこんろを準備する方が増えています。今回は人気の2機種スリムタイプCB-SS-1とエコタイプCB-EPR-1の違いをまとめました。購入時の参考にしてください。

イワタニカセットこんろ CB-SS-1とCB-EPR-1の違いは?

サイズ・重量の比較

CB-SS-1 CB-EPR-1
本体サイズmm
幅335
奥行275
高さ84
幅334
奥行274
高さ89
重量
約1.3kg 約1.5kg

サイズも重量もほとんど同じですが、 CB-EPR-1はバナーの位置をずらして10号鍋が使用できます。CB-SS-1は9号鍋までです。家族構成によっては10号鍋が使えたほうがいい場合もありますね。10号鍋を使うならCB-EPR-1です。

参考

10号鍋

  • 外径35cm程度(持ち手含む)
  • 内径30cm程度(持ち手を含まない)
  • 容量は5~6人

9号鍋

  • 外径31cm程度(持ち手含む)
  • 内径28cm程度(持ち手を含まない)
  • 容量は4~5人

火力などの比較

CB-SS-1 CB-EPR-1
最大発熱量
3.3kW(2800kcal/h) 2.9kW(2500kcal/h)
ガス消費量
約236g/h 約210g/h
連続燃焼時間
約70分 約72分
バーナー
タテ型炎口バーナー 内炎式バーナー
点火方式
圧電点火方式 圧電点火方式

バーナーの比較

CB-EPR-1の内炎式バーナー

上の写真のように内炎式は、炎が外側に逃げず効率よくなべ底を熱します。カセットボンベの持ちも少し良くなります。お掃除は気持ち外炎式に比べしにくいです。

CB-SS-1の外炎式バーナー

外炎式のバーナーです。従来の炎の出口に比べタテ長の形状になっています。そのため炎が外に広がりにくく、無駄な炎が少なくなり省エネになります。外炎式なので掃除は簡単です。

炎の出口がタテ長な形状になっています。

まとめると、次の様にになります。

  1. CB-SS-1はタテ型炎口バーナー、CB-EPR-1は内炎式バーナでともに省エネ。
  2. B-EPR-1は内炎式バーナーで熱効率が高い。
  3. CB-EPR-1はバーナーの位置をずらし、10号鍋が使えるのでお人数向けに便利。
  4. お掃除はCB-SS-1の方が少し楽。

なお、オプションのプレート全てに両方とも対応しています。

カセットこんろ CB-SS-1とCB-EPR-1の最安価格は?

最安価格は変動するので、下記の赤(楽天)、緑(アマゾン)のリンクから最新価格をチェックしてください。ジャンプ先は楽天、アマゾンの公式ページです。価格の安い順にショップが並ぶのですぐに最安値がわかります。

CB-SS-1

楽天市場イワタニカセットこんろCB-SS-1楽天市場安値ショップ一覧

アマゾンイワタニカセットこんろCB-SS-1アマゾン安値ショップ一覧

CB-EPR-1

楽天市場イワタニカセットこんろCB-EPR-1楽天市場安値ショップ一覧

アマゾンイワタニカセットこんろCB-EPR-1アマゾン安値ショップ一覧

さいごに

CB-SS-1とCB-EPR-1の違いを見てきました。性能的には大きな差はありませんね。ただ、バーナーの種類が違っているのでCB-EPR-1の方が熱効率は良いと考えられます。しかし、掃除などを考えるとバーナーが外に出ているCB-SS-1が少し楽な感じですね。

少しでもガスボンベんを節約するならCB-EPR-1、お掃除重視ならCB-SS-1といった所ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする