ブラザー HS110/HS120の口コミ~ PS202との違いは?

ブラザー ミシン HS110/HS120はコスパに優れたコンピューターミシンです。模様数やぬい目長さ調整、振り幅調整のあるPS202/PS203の人気に押され気味ですが、ワイドテーブル+サイドカッターが標準で付いてPS202/PS203とほぼ同価格です。価格的にお得なミシンです。今回は、このHS110/HS120の口コミとPS202/PS203との違いについてまとめてみましたので参考にしてください。

ブラザー ミシン HS110/HS120 口コミ

ブラザーのHS110とHS120は色が違うだけであとは全く同じものです。型番が違っているので別の機種化と勘違いしそうですね。HS110の色はワインレッド、HS120の色はネイビーブルーでどちらも落ち着いた感じがします。

HS110/HS120の口コミ評判については、楽天のみんなのレビューを参照してまとめました。みんなのレビューに寄せられた件数は3264。総合評価は4.44点(5点満点中)で高評価ですね。評価の内訳は、次の通りです。

5点 1678件

4点 1373件

3点 188件

2点 9件

1点 5件

高評価の5点と4点の比率は93.5%、塀評価の2点と1点の割合は0.4%です。どちらでもない3点は6.1%です。この割合からもレビューを寄せられた方のほとんどが満足しているとみていいでしょう。

口コミ調査では、厚物縫い、糸調子、糸通し、静音性、残念なところをピックアップしました。

先に簡単にまとめると

  • 厚物縫いについては、縫えた方とそうでない方がいます。このミシンのパワーは大きくないので、人がミシンをうまくリードしないと厚物は旨く縫えない様です。初心者さんには難しいでしょう。ベテランの方はミシンを補助する方法を知っているので厚物も縫い上げてしまいます。厚物をパワーの弱いミシンで縫う時は技量が物を言いますね。
  • 糸調子につぃては、自動糸調子がないので標準でに行けてそうです。価格的仕方ないといった感じです。
  • 糸通しは難しいというか分かりにくいようですね。わかれば簡単にできるようです。
  • 静音性については個人差があります。普通かそれより静かといった感じですね。
  • 残念なところは少し多めに掲載しておきました。なるほどというものや、どうしてというものもあります。価格的に機能を抑えているところはしょうがないですが、それ以外の点はきちんとやってほしかったですね。

それでは、以下に要約した口コミをお伝えします。

なお、原文が見たい方は下記よりご覧いただけます(楽天に飛びます)
↓ ↓ ↓
楽天市場楽天みんなのレビュー

厚物ぬいは?

  • 厚手はやや弱い感じ。普通のものは問題なし。
  • 上手くリードできれば厚手のものも問題ない。
  • 厚めの生地もスムーズに縫えれば良かったと思った。
  • ツルツルの素材も厚物も楽々縫えて感激した。
  • 手提げ袋の厚みの部分も大丈夫。
  • 厚物はもう少し頑張って!という縫いで☆一つ減。
  • キルト生地4枚重ねぐらいは縫える。

糸調子

  • 糸調子が上手くいかないときの説明がもっと欲しかった。
  • 糸調子は標準のままで6つ折りまでスムーズにできた。
  • 糸調子がうまくいかずブラザーにTELして対応方法を聞いた。
  • 下糸が釜のばねにかかっていなかったのに気づかず糸調子を3日間試行錯誤した。その後は順調。
  • 糸調子は自動でないので頑張る。
  • 糸調子は今のところ順調。
  • 糸調子は自分で合わせれば大丈夫。

糸通し

  • 説明書を見ながらスムーズにできた。
  • 最初に迷ったのが糸通し。説明書を見てようやくわかった。
  • 糸通しも使いやすい。
  • 糸通し少しわかりにくい。
  • 針の糸通しも初めはわからなかったが慣れれば簡単にできる。
  • 説明書のおかげで糸通しもすんなりとできた。
  • 相談窓口で糸通しを教えてもらったら、すぐできた。

静音性

  • ガタガタする音が少し気になる。
  • 思っていたより音は静か。
  • 縫い始めてビックリしたのは音が静かなこと。
  • 普通だと思う。
  • 適度に静かなので、特に気にならない。
  • 使いやすくて音も静かだ。
  • うるさくもなく、めっちゃ静かでもないが問題なし。

残念なところ

  • 糸調子が自動でないのが残念。
  • ミシンの気分次第な糸調子にふりまわされている。修理依頼を出したがこれほど大失敗な感じがした買い物は初めて。
  • ミシンに汚れが付いていた。
  • ミシン糸との相性があるようできれいに縫えないことが多々ある。
  • 結婚のお祝いに送ったがラッピングがビリビリに破れていた。
  • 相性がよくない。値段相応だが、もう少し値段出せばよかった。
  • 厚手は返し縫で2回に1回エラー。ちょこっとしものなら普通に使える。
  • 上糸の調子が弱い。
  • パワーが全く足りない。
  • もうちょっとパワーがほしいが、このコスパならしかたないか。

ブラザーのPS202/PS203との違い

お値段も性能も同じようなPS202/PS203と比べました。。

模様数

  • HS 12種類
  • PS 20種類

振り幅、ぬい目長さ調整

  • HS 固定
  • PS 可変

PSには振り幅やぬい目長さを調整する機能があります。これはHSにはないものです。この機能を上手に使うと縫い目がとてもキレになります。縫い目にこだわるならここはPSしかありません。

ワイドテーブル+サイドカッター

  • HS 標準
  • PS 別売

以上の点が違っています。ぬい目にこだわるならPSシリーズの方がおすすめです。ぬい目長さが可変できるのでよりキレイな縫い目になります。模様の数もPSの方が多いので楽しいかもしれません。HSはワードテーブル+サイドカッター込みの価格なので、これらが必要ならPSよりお値段的には安く買えます。

機能でみればPSですが、価格で見ればHSといった感じです。多少予算が許せるのであればPSシリーズの方がいいと思います。

HS110/HS120の仕様と特長

仕様と特長です。詳しくは製品ページをご覧ください。

仕様

  • 寸法(約):幅407×奥行170×高さ291mm
  • 質量:約4.5kg
  • 消費電力:40W
  • ライト:有(LEDデュアルライト)
  • 釜形状:水平全回転釜
  • ボタンホール:有
  • その他機能:液晶ディスプレイ(LCD)、ワイドテーブル、6枚送り歯、クイック上糸通し、簡単
  • 下糸巻き
  • フットコントローラー:別売
  • 付属品:取説DVD

特長

    • 見やすい液晶ディスプレイ(LCD)
    • わかりやすいエラーメッセージ
    • タッチするだけらくらく模様選択
    • ゆっくりスタート
    • LEDデュアルライト
    • 6枚送り歯
    • 押さえ固定ピン
    • サイドカッター
    • 自動ボタン穴かがり
    • ワイドテーブル

さいごに

ブラザーのコンピューターミシン HS110/HS120の口コミ評判を見てきましたが、自動糸調子や自動糸通しがないので多少はじめは戸惑いそうですが慣れてしまえば問題なさそうです。パワーはそれほどないので小物をちょこっと縫ったりするのがメインであれば問題ないです。ミシンそのものも軽量ということもあり大きなものを縫うのは少し面倒かもしれませんね。コスパはとてもいいので入園グッズや通園・通学グッズなど小物を扱うにはぴったりなミシンだと思います。予算が許せばPS202/PS203も是非検討して下さい。

ここまで、お読みいただきありがとうございました。この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする