タイガー 5.5合炊きJPG-S100は1合炊も美味しい!評判と理由は?

スポンサーリンク

タイガー 5.5合炊きJPG-S100は1合炊きも美味しく炊ける土鍋圧力IH炊飯ジャーです。1合炊きへのこだわりから「一合料亭炊き」機能まで搭載しています。ここでは炊き上がりの評判についてお伝えしています。

タイガー 5.5合炊きJPG-S100が1合炊きでも美味しく炊ける!レビューからみた評判は?

残念なレビュー

アマゾンレビュー 2020/3/12

主人と2人になったので1合でも美味しく炊ける炊飯器をと思い思い切って買いましたが残念の一言です。
炊き上がったご飯がしゃもじで一気にもちあがります。
あんかけ焼きそばのそばみたいです。
タイガーなのに。
この炊飯器かなりのストレスです。
以前の1万円代の炊飯器のほうがずっと美味しいです。

コメント

かなり不満の大きなレビューです。このレビュワーはmelodyさんです。この方は16件ほどの商品のレビューを書かれていますが、ほとんどが高評価でレビューです。どのレビューにも悪意は感じられません。つまり、このタイガー炊飯ジャーのレビューは正直なものだと思えます。

タイガーも商品化するにあたりモニターさんたちに試食などしてもらうはずです。競争が激しい炊飯器の世界でそれほどひどいものを販売するわけには当然いかないからです。

ことによると使い方の問題があるのかと思います。例えば炊飯条件は正しくできていたのか?保温をやり過ぎなどはなかったのか知りたいですね。あるいは初期不良ということもあります。高価なものなのでダメと決めつける前に一度メーカーに問い合わせてみてもよいのではないかとおみます。

もうひとつ過激な悪いレビューを紹介します。タイガーからのコメントが付いていたので掲載しました。

アマゾンレビュー 2020年3月8日

はっきり言って、買って後悔。
この価格でこの味は無いだろ。
プレゼントで離れた実家に買ったが、無理して使わせているようで心苦しい。タイガーというブランドを信じて買ったが裏切られた。一応全メーカーのトップ機種をパンフレットで比較したが、最後は親がタイガーを指定してきたので買ってしまった。
何がいけないかというと
米に艶と旨味が無い。炊く時の温度調整が狂っているように思う。モサモサで不必要なコゲが出来ることもある。
あとで家電比較の雑誌で見たらやはり評価低かった。。。実家は米どころの昔からの農家で名の知れた米を作っているが、この炊飯器のせいで味が3段回くらい落ちる。
残念なのはプレゼントだったので自分で食べる機会がないまま数ヶ月が過ぎてしまい親も気を使って教えてくれなかったので、返品出来ないこと。二度とタイガーの炊飯器は買わない。結局「土鍋」であることしか「売り」が無いポンコツ。
こんなゴミみたいな商品をよくも世の中に出したな!恥を知れ、タイガー。

これに対してタイガーから以下のようなコメントがあったので掲載します。

弊社商品をご愛用賜り、ありがとうございます。
炊き上がったごはんに艶と旨味が感じられないとのこと、ご期待に沿えず申し訳ございません。
ご使用状況が分かりませんので推測になりますが、次のような要因があることも考えられますので、ご確認いただければ幸甚に存じます。
① エコ炊きメニューをご選択いただきましたか? ・・・エコ炊きメニューは消費電力を押さえて炊飯するメニューですが、白米メニューに比べかために炊き上がる傾向があります。
② 白米メニューが選択されている場合に、炊きわけを「しゃっきり」にご選択いただきましたか? ・・・ごはんにパサつき感が認められる場合は、「もっちり」などの炊きわけを選んでいただくとより良い状態に仕上がると思われます。
③ 無洗米をご使用の場合に限りますが、炊飯開始時に[炊飯/無洗米]キーを2回押して無洗米をご選択いただけますでしょうか? ・・・本製品は洗米が必要な白米も、無洗米も、付属のカップでお米の量をはかり、同じ水の量で炊飯していただきますが、無洗米の場合は炊飯開始時に上記の操作で「無洗米」を選んでいただくことをお願いしております。
なお、これらの何れにも該当しないにも関わらずごはんの炊き上がりにご満足いただけない場合は、弊社で点検・修理をさせていただくことも可能です。
弊社ホームページまたはお客様相談窓口(ナビダイヤル:0570-011101、ナビダイヤルがご利用いただけない場合:06-6906-2121)よりお申し込みくださいますようお願い致します。
今後とも、弊社製品をご愛顧頂きますようよろしくお願い申し上げます。

いかがでしょうか?タイガーのコメントは丁寧で炊飯ジャーにはメーカーとしての自信もうかがえます。これに対し、レビュアーさんは返答していません。言いっぱなしであとは音沙汰なしですね。せめてタイガーのコメント通りにやってどうだったのかは教えてほしいものです。

このレビューを投稿された方の他のレビューを見ると激高タイプで気に入ったものはべた褒め、悪いと感じたものには酷いレビューをする傾向にあります。

他にも悪いレビューはまだ何点かあります。可能性として初期不良や使い方の問題があるのかもしれません。使い方が悪いと美味しくない炊き上がりになってしまうでしょう。

好意的なレビュー

価格comレビュー 2019年12月14日

いままで使用していた象印の炊飯器(極め羽釜)が釜の剥がれなどが目立つようになり、また年齢をとり食べる量も減ってきた。
その為か味が落ちてきているように感じてくるようになり、新たに購入しました。
特に一合料亭炊きに関心がありました。
購入してよかったと思っています。
まだ色々と炊き方の設定に挑戦していないのですが美味しいです。
デザインは表面のピアノブラック仕上げは指紋が目立ちます。音声ガイドの音はもっと大きい音も設定出来るといいです。
デザインもシンプルでいいです。
高齢化社会になり、核家族の為に1~2名の家庭も増えています。
3合位の量を炊飯すると各社共に美味しく炊けるのですが、1合位の少量になると美味しく炊ける炊飯器はあまりありません。
中蓋とするというアイデアはコロンブスの卵的でグットアイデアだと思います。各社の担当者は「やられた」と思っていて来年以降に
このアイデアを採用してくるのではないかと思います。

価格.comのレビューです。このサイトのレビューは割としっかりしているので管理人もよく見ています。1合炊きに興味があり購入されたようですが、結果美味しく炊けたとあります。上の悪いレビューと正反対です。

さらに、もう一つ同じ価格.comからのレビューを紹介します。

価格.comレビュー 2019年8月31日

【デザイン】
余分なものをそぎ落とした、流麗な形のデザイン。直線ではなく、局面を見事活かしたデザイン。コンソールはフタに埋め込まれており、必要に応じて見えるデザイン。とことんこだわったデザイン。

【使いやすさ】
特にここがと言うことはなく、普通に使いやすい。取説見なくても、まず失敗はありません。

【炊き上がり】
標準だと、少し柔らかめ。しかし、設定で、かため・さっぱり系のご飯もいける。なにより、1合でも、3合でも、5合でも美味いのがイイ。

【サイズ】
やや大きめなるも、問題ない範囲。

【手入れのしやすさ】
内ブタを留め具はダメ。ストロークが小さすぎ、極めて外しにくい。この炊飯器唯一の欠点。

【機能・メニュー】
必要にして十分。

【総評】
高級炊飯器のファンは高年齢層が多く、冒頭に掲げた様に、少量炊きでも、普通炊きでも、多く炊いても同じであって欲しいという強いニーズがあります。これはそのニーズに応えた意欲作。内フタ留め具という欠点はあるモノの、その魅力に翳りはない。超お勧めの一品。

1合でも、3号でも、5合でも美味しいとレビューしています。

それで、結局のところどうなの?

以上、悪いレビューと好意的なレビューを2件づつお伝えしました。悪い方のレビューは製品の初期不良あるいは使い方の問題のような気がします。なぜなら、それほどに酷いのであれば美味しいとレビューする方はほぼいないのではないかと思うからです。

タイガーのフラグシップモデルJPG-S100は大げさに言えばタイガー炊飯ジャーの威信をかけたものです。いい加減なものを出すわけがありません。

JPG-S100は5合~1合まで美味しく炊ける炊飯器をお探しであればおすすめです。なお、この炊飯ジャーに限らず美味しくいただくのであれば保温はできるだけしないに限ります。

(参考)

下記の家電雑誌の動画は販売者サイドよりのものですが、特に食べ比べのところが参考になると思います。

商品の価格や詳細は下記の通販サイトをご覧ください。

JPG-S100が1合でも美味しく炊ける理由は?

JPG-S100には新たに中ぶたが登場しました。他の炊飯器には見られない独特なのものです。この中ぶたを使うことで1合のような少ないお米を炊くときに上図のようにお釜の体積を小さくします。

言い換えれば5号のお釜を1合のお釜に変身させます。つまり、1合サイズ専用の炊飯器になってしまうわけです。ですから当然1合でも美味しく炊けることになります。

簡単なアイデアですが、土鍋だからこそできたアイデアといえます。このように物理的に釜のサイズを変えてしまう方法は今までの炊飯器にはありませんでした。

5合炊きから1合炊きまで美味しく炊ける理由はJPG-S100が中ぶたを採用したことにありました。タイガーの炊飯ジャーで5合~1合まで美味しく炊けるのはJPG-S100だけといっても良いと思います。他社にも、まだこの様な炊飯器は無いようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする