ここひえR2 2020と類似の冷風扇〜どれががおすすめ?

スポンサーリンク

ここひえの2020年モデルが人気ですが、似たような冷風扇も低価格で販売されています。ここではここひえと類似冷風扇ではどの辺が違うのか販売ページからわかる範囲で調べてみました。ここひえがちょっと高いと感じたら参考にしてください。

「ここひえ R2 2020」と人気の類似品3機種比較

1.  ここひえ R2 2020

アマゾンでチェック

販売:ショップジャパン

外寸:約 幅176mm×高さ181mm×奥行173mm

質量:約 1.03kg

タンク容量:約 600ml

消費電力:6W(強)

風力切替:3段階

電源:USB電源アダプター

2.   SHIPADO-TABO

アマゾンでチェック

販売:SEASALTY-JP

外寸:明記なし(高さは30センチほど、縦横ともに17センチ程-アマゾンカスタマー回答)

質量:明記なし(発送重量約1.1kg)

タンク容量:約 470ml

消費電力:明記なし

風力切替:3段階

電源:USB給電(別途USB ACアダプターなどの電源が必要?)

3.  KLOUDIC KTS02

アマゾンでチェック

販売:KLOUDIC

外寸:約14*14*19cm(幅*奥行*高さ)

質量:約 810g

タンク容量:約 350ml

消費電力:MAX 5V/1A

風力切替:3段階

電源:Type-C給電式(USBケーブル付き)

4. Yakuinパーソナルクーラー

アマゾンでチェック

販売:YKDirect

外寸:明記なし

質量:明記なし(発送重量880g)

タンク容量:約 600ml

消費電力:5V/1A MAX

風力切替:3段階

電源:USB給電(USBケーブルのみ付属)

違いをまとめると・・

タンク容量

1.  ここひえ R2 2020:600ml

2.   SHIPADO-TABO:470ml

3.  KLOUDIC KTS02:350ml

4. Yakuinパーソナルクーラー :600ml

タンク容量で比べると4番目のYakuinパーソナルクーラーが同じでした。タンク容量が大きくなると連続運転時間が長くなるので給水回数が少なくて澄みます。

外寸

外寸については明記されていない機種もあって比較はできませんが、概ね20cmの立方体ぐらいです。ただし2番目は高さが30cmでした。

質量

重さも概ね1kg前後です。

電源

電源はUSB給電がスタンダードになっているようでした。

風力切替

風力切替も全機種3段階でした。

ここひえに近いのは?

以上、ここひえに一番近いのは4番目の Yakuinパーソナルクーラー でした。価格はここひえの半分程度です。ただ実際の風力は道程かどうかはわかりませんし、ここひえにはある取手もついていません。

アマゾンの購入者レビューでこの4番目の冷風扇をみましたが評価がどこか不自然な気がします。やはり高くとも安全なここひえの方がいいでしょう。

次にここひえに近い2番目のタンク容量470mlの冷風扇のレビューをチェックしましたが、こちらはかなりまともなレビューでした。4番よりは2番の方が良いと思います。

3番目はタンク容量が少ないので、ここひえの方が高くとも使いやすいでしょう。

以上、ここひえの類似冷風扇をみてきまししたが、ここひえの次点としては2番目のSHIPADO-TABOでしょう。

しかし、品質や保証のことなど総合的に考えればショップジャパンから購入できるここひえが良いと思います。

アマゾンでチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする