MRO-W10X MRO-W1Zの違い~おすすめなのはどっち?

スポンサーリンク

MRO-W1ZはMRO-W10Xのようにインターネット接続できるコネクテッド家電です。

2019年発売のMRO-W10Xや2020年発売のMRO-W1Yなどの後継機です。

シリーズの流れから見るとMRO-W1Yの後継機ですが、内容的にはMRO-W10Xの後継機といっても良さそうです。

MRO-W1Zには「野菜シャキシャキメニュー」が従来の「Wスキャン」に追加されました。

これは、「野菜を多く摂ることを心がける」という食生活の変化に対応したメニューだそうです。

野菜から出る水分を抑えることで、文字通りシャキシャキの食感に仕上げる機能です。

シャキシャキ野菜が好みの方には嬉しい機能かもしれません。

また、時短の要望にも対応し、1人分なら1分で調理できるメニューも新設されています。

MRO-W10XとMRO-W1Zの違いとしては、「野菜シャキシャキメニュー」と「時最短1分スピードメニュー」を押さえておけば良いと思います。

また、MRO-W1YとMRO-W1Yの違いは、「スマホ対応」と「野菜シャキシャキメニュー」「最短1分スピードメニュー」の有無です。MRO-W1Yには、これらは実装されていません。

MRO-W10X

MRO-W1Z

MRO-W10X MRO-W1Zの違い

MRO-W10Xにはない「野菜シャキシャキメニュー」が追加されたのがMRO-W1Zです。

MRO-W10Xの実質的な後継機がMRO-W1Zですが、型番的にはMRO-W1Yの後継機です。ただMRO-W1Yはコネクテッド家電でないのでスマホとの連携はできません。

MRO-W10X/MRO-W1Z/MRO-WY1の大きな違いは次の表のようになります。

MRO-W10X MMRO-W1Y MRO-W1Z
発売年 2019年 2020年 2021年
スマートフォン対応 X
野菜シャキシャキメニュー
最短1分スピードメニュー
X X

参考としてMRO-W1Yも表に加えました。

スマートフォン対応とは

スマートフォンとオーブンレンジを連携することができます。スマホに「ヘルシーシェフアプリ」をインストールすることで、献立決めや本体操作がスマホから行えるようになります。

インターネットに繋がっていないMRO-W1Yでは内蔵されたメニューを基本的には増やせません。しかし、MRO-W10XやMRO-W1Zのようなコネクテッド家電ではメニューは随時追加することができます。

設定を自分で入力すれば特に大抵のものは調理できます。しかし、自動調理メニューをダウンロードすれば調理が得意でない方でも簡単に調理ができます。

野菜シャキシャキメニューとは?

野菜をシャキシャキの食感で調理する新メニューです。全部で8種類のメニューが選べます。

最短1分スピードメニューとは?

1人分なら最短1分で調理できる新メニューです。全部で8メニューから選べます。短い時間で調理したいときは便利なメニューです。

他のメニューでは、簡単プラボウルメニューや冷凍から焼き物のメニュ数が拡充されています。

一方のMRO-W10Xもインターネットに接続されたコネクト家電なのでソフトのバージョンアップでメニューなどの拡充も随時行われます。

野菜シャキシャキメニューや最短1分スピードメニューなどはありませんが、これからも長く使用できるオーブンレンジだと思います。

おすすめは?

MRO-W10Xとの違いは、あまりなく「野菜シャキシャキメニュー」、「短1分スピードメニュー」があるかどうか程度です。

どちらかを選ぶときは、次の様に決めれば良いと思います。

①「野菜シャキシャキメニュー」、「短1分スピードメニュー」などは、あってもなくても良いなら価格で決める

② 価格差が殆どない場合はMRO-W1Zを選ぶ

新モデルは発売直後は高額なことが多いので、今すぐ必要な場合は別ですが年末商戦などで価格が一気に下るタイミングを待つほうがお得です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする