パナソニック NE-BS657とNE-BS656の違い~おすすめは?

スポンサーリンク

パナソニックスチームオーブンレンジ NE-BS657とNE-BS656の違いについてお伝えします。

NE-BS657はブラック、NE-BS656はブラックとホワイトがラインナップされています。

NE-BS657

NE-BS656

パナソニック スチームオーブンレンジNE-BS657とNE-BS656の違い

パナソニックのスチームオーブンレンジ NE-BS657とNE-BS656は基本的には同じ仕様なので大きな違いはありません。細かな違いも含めて上げると以下の通りです。違いとしては1番目と2番目の違いに注目すればよいかと思います。

  1. グリル皿ごとテーブルへ「かんたん見栄えごはん」
  2. チャイルドロック
  3. オーブン消費電力/オーブンヒーター出力
  4. 取説掲載レシピ数/自動メニュー数
  5. 質量

グリル皿ごとテーブルへ「かんたん見栄えごはん」NE-BS657に搭載

「かんたん見栄えごはん」はグリル皿ごとテーブルに見栄えのよい料理メニューをNE-BS657 に追加。デイリーメニューとパーティメニューの2種類が用意されています。

手を抜いても見栄えの良い料理が作りたいという要望に応えるメニューです。

デイリーメニュー

肉や魚などの身近な食材を使った手間のかからない調理メニューです。グリル皿のままで出せるので盛り付けの食器も使わない手間なしメニューです。

1  パーティーメニュー

パーティーや来客用に豪華な食材で手間をかけずに作る調理メニューです。グリル皿をそのままパーティー皿として使ってもいい感じですね。

この機能にピンときたら、NE-BS657は要チェックです。

なお、従来からの「こんがり10分」「蒸し物10分」「蒸し焼き15分」「煮物10分」、定番の和食が手軽にできる「和食50選」も搭載されています。

2  チャイルドロック NE-BS657に搭載

やっとNE-B657にチャイルドロックが搭載されました。子供が興味本位でボタンを押しても動作しないようにできるので、子供のいたずらで目が離せない状態が少し改善されます。その反面、急いでいるときは反ってロックが不便なこともありますが安全優先でいくなら多少の不便さは我慢できますね。

3  オーブン消費電力/オーブンヒーター出力の違い

仕様を見るとオーブン消費電力とヒーター出力がNE-BS656とNE-BS657でわずかに違っていました。使う上では全く気にするところではありませんが、一応違いということで揚げています。

NE-BS656 NE-BS657
オーブン 消費電力 1.27kW 1.22kW
オーブン ヒーター出力 1.25kW 1.20kW

NE-BS657の方が50Wずつ少なくなっています。使用上は気にする必要ありません。

4  取説掲載レシピ数/自動メニュー数の違い

取説掲載レシピ数と自動メニュー数ともにNEBS657が少なくなりました。

NE-BS656 NE-BS657
取説掲載レシピ数 206 176
自動メニュー数 191 166

メーカー間の加熱したレシピ数合戦も少し落ち着いてきたのでしょうか。それでもかなりの数があるので困ることは無いかと思います。わが家のオーブンレンジも使う自動メニューは限られています。

5  質量の違い

NE-BS657

  • 15.5kg

NE-BS656

  • 15.7kg

200gほど違いがありますが、全く気にするところではありませんね。

おすすめは?

違いの1番目グリル皿ごとテーブルへ「かんたん見栄えごはん」と2番目チャイルドロックが搭載されたNE-BS657、それらが不要であれば価格の安い方を選べばよいと思います。

  • 時短を少しでもしたい方はNE-BS657
  • 価格を最優先の方はNE-BS656とNE-BS657の安い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする