パナソニック NE-BS607とNE-BS606の違い~おすすめは?

スポンサーリンク

パナソニックのスチームオーブンレンジNE-BS607とNE-BS606の違いをお伝えします。NE-BS607はNE-BS606の後継機種です。

NE-BS607

NE-BS606

パナソニック スチームオーブンレンジNE-BS607とNE-BS606の違い

パナソニックのスチームオーブンレンジ NE-BS607とNE-BS606の違いとしては以下のような点があります。特に見た目に違うのはコントロールパネルで、目を引くのはNE-BS607のホワイトバックライト液晶。従来のグレー液晶と比べとても見やすく高級感があります。

  1. グリル皿ごとテーブルへ「かんたん見栄えごはん」
  2. チャイルドロック
  3. オーブン消費電力/オーブンヒーター出力
  4. 取説掲載レシピ数/自動メニュー数
  5. 質量

NE-BS607に「かんたん見栄えごはん」機能が搭載された

「かんたん見栄えごはん」は従来の「こんがり10分」「蒸し物10分」「蒸し焼き15分」「煮物10分」、定番の和食が手軽にできる「和食50選」などの時短メニューに追加された新機能です。

時短機能がさらに充実してきました。メニューは「デイリーメニュー」「パーティメニュー」の2種類があります。

デイリーメニュー

身近な肉や魚などを使用する調理で、出来上がればグリル皿のまま食卓に出せる時短メニューです。盛り付け皿をわざわざ使わなくても見栄えの良いお料理が出来上がります。

1  パーティーメニュー

パーティーや、お客様のおもてなしに、豪華な食材を使った見栄えの良いお料理が簡単にできます。グリル皿のままで出せるのでとても便利です。

2  NE-BS607にチャイルドロック機能が搭載された

NE-BS607にチャイルドロック機能が搭載され、子供のイタズラ対策に効果的です。子供がイタズラしてボタンを押しても反応しないので安全です。ロックの設定や解除なども手間はかかりますが安全のために必要なケースも多いのではないかと思います。

3  オーブンの消費電力/出力が少し減少

使用上は全き気にしなくともよいのですがオーブンの消費電力とヒーター出力にわずかな違いがあります。

NE-BS607 NE-BS606
オーブン 消費電力 1.22kW 1.25kW
オーブン ヒーター出力 1.20W 1.27kW

4  取説掲載レシピ数/自動メニュー数の違い

取説掲載レシピ数と自動メニュー数ともにNEBS607が少なくなりました。気になるような違いではありません。

NE-BS607 NE-BS606
取説掲載レシピ数 103 106
自動メニュー数 62 68

5  質量の違い

NE-BS607 NE-BS606
質量 15.3kg 15.5kg

おすすめは?

グリル皿ごとテーブルへ「かんたん見栄えごはん」「チャイルドロック」「ホワイトバックライト液晶」などに必要性を感じる場合はNE-BS607がおすすめです。

まら、これらの必要性が無ければ、価格の安い方を選ぶことをおすすめします。

【最大100円OFF■当店限定クーポン 8/10 23:59迄】NE-BS607-W パナソニック スチームオーブンレンジ 26L ホワイト Panasonic Bistro(ビストロ) [NEBS607W]
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする