パナソニック NE-EH229とNE-E22A1の違いと価格・評判は?

パナソニック NE-EH229とNE-E22A1の違いと価格・評判は?

スポンサーリンク

パナソニックの単機能レンジNE-EH229が人気です。この記事作成時では低価格電子レンジが目白押しの楽天ランキングで2位、アマゾンでは7位と大健闘しています。販売価格も1万5千円を切っています。単機能レンジを探している方には魅力的な電子レンジだと思います。現在NE-EH229の後継機種としてEH-E22A1も販売されています。見た目はほとんど変わりません。違いは操作パネルのボタン色が若干違っているだけです。以下にパネルの違いや価格、評判などをお伝えしますので参考にしてください。

NE-EH229とNE-E22A1の違いはパネルの色

パネル

左のNE-EH229(旧モデル)のパネルのほうが色が濃くて見やすい感じがします。NE-E22A1(新モデル)のパネルはおとなしい感じがしいます。はっきり言って大差ないですね。

パネル以外の変更はないのか念のためパナソニックのサービス窓口に確認したころないとの回答でした。単機能レンジは完成度が高くて仕様を変更する必要がないのかもしれないです。毎年パンソニックは型番を変えるので一目見てわかるようにパネルのデザインを少しずつ変えているのかもしれないですね。

次にNE-EH229とNE-E22A1の価格について楽天とアマゾンをみてみました。

NE-EH229とNE-E22A1の価格

パナソニックの単機能レンジはNE-EH229(旧モデル)とNE-E22A1(新モデル)が販売されていますが、価格は旧モデルのほうが今のところ安いです。

楽天最安値

  • NE-EH229 13,600円(旧モデル)
  • NE-E22A1 16,500円(新モデル)

アマゾン最安値

  • NE-EH229 15,200円(旧モデル)
  • NE-E22A1 16,335円(新モデル)

価格は以上の様になっています。(2017/12/1現在)違いはパネルのデザインだけですから型落ちがどうしてもいやでなければ、今のところ旧モデルのNE-EH229のほうが安くてお得です。

NE-EH229楽天最安ショップ(楽天BOOKが販売しています)
まだ在庫があるようですが、すぐに無くなると思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Panasonic 単機能レンジ (ホワイト) NE-EH229-W
価格:14272円(税込、送料無料) (2021/9/1時点)

楽天で購入

最新の安値ショップ一覧で楽天とアマゾンの最新価格を確認できますので活用してください。

NE-E22A1 在庫が少ないのでめちゃくちゃ高額で販売しています!

(参考)この様に在庫がないので高額で販売しているショップがいくつかあります。すでにNE-E22A1 は生残終了で市場に在庫も殆どないので購入はやめましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パナソニック 電子レンジ 単機能 22L ヘルツフリー ホワイト NE-E22A1-W
価格:54924円(税込、送料別) (2021/9/1時点)

楽天で購入

NE-EH229とNE-E22A1の評判は?

使いやすさ

  • 横開きで使いやすい。
  • 無駄な機能がなくシンプルで使いやすい。
  • 単機能で使いやすい。
  • 操作が単純で使いやすい。
  • 70代の高齢者にも関単に操作でき使いやすい。
  • 操作音と完了音が消せるのが素晴らしい。
  • パワーがあり冷凍食品の温めが早くて便利。
  • 手動でワット数の設定やタイマー設定できるのが便利。
  • マニュアル見なかったので700wで使うときはレンジボタンを押さないことを知らなかった。本体に貼り出してくれればわかりやすい。
  • 温めムラがなくて良い。
  • ボタンが大きくて見やすい

単機能レンジならではの使いやすさですね。地味な機能ではありますが、操作音や完了音を消せる機能は便利です。夜中でも気兼ねなく使えます。

ターンテーブルで回転させるので温めムラが少なくなります。ちょっとレトロな感じですが、とても合理的な方法です。

デザイン・大きさ

  • デザインもよい。
  • デザインは普通でサイズはちょうどよい。
  • シンプルなデザインが気にいっている。
  • すっきりしたデザインに満足。
  • デザインもシンプルでスッキリしている。
  • デザインはスッキリしていて綺麗だ。

見た目にも清潔感のあるすっきりしたデザインですね。

手入れ

  • 中の掃除はしやすい。
  • 丸皿と回転器具が関単に外せるのでお掃除が簡単。
  • 庫内はつるつるでさっと汚れを拭き取れる。
  • 庫内の手入れがしやすく大満足。

丸皿や回転器具が外せるので、お掃除は簡単そうです。

残念なところ

  • 700wでいっきに15分チンできなくて残念。
  • 半年で強く引っ張らないとドアが開かなくなった。
  • ホットミルクも自動だとカップの下は冷たいままで残念。
  • 自動にすると激熱になる。
  • 自動あたためは得意不得意がありあまりあてにはできない。

残念なところもあります。自動モードは便利なようですが思うようにできない方もいるようです。ホットミルクも自分で最適な時間やワット数を見つけましょう。使いこなすといえば大げさですが自動に頼り過ぎないことが大事だと思います。

さいごに

単機能レンジならではの使いやすさが人気でした。高額なごちゃごちゃと機能がたくさん付いたレンジを購入しても使うのは温めだけではあまりにももったいないです。使い方をはじめから温めるだけと決めてかかれば出費もかなり節約できます。今回のパナソニックの単機能レンジは温めるだけのレンジです。この用途でOKならとても使いやすいレンジですね。ここまで、お読みいただきありがとうございました。この記事がお役に立てればうれしく思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. oem odm より:

    この電子レンジについて

    ・中国製
    パナブランドだがラベル記載のとおり中国製
    ・中国メーカー
    この価格帯はどのメーカーも基本的に中国メーカーOEMで美的集団Midea製が多い
    ・ハイアールや日本メーカーも
    今やハイアールまでも電子レンジは美的からOEMを受けており基本的な内部構造やボタン配置がよく見ると同じように見える

    割とポコポコ似たようなのがあり
    違うのはセンサーの有無、細かい機能
    つまりよくわからないブランド(例えばSK JapanやYUASA)を選んでも、日立やパナソニックを選んでも基本はハイアールと同じ
    古ければ当たり外れは激しいが、この頃はそこまででもない枯れた技術

    勿論、高価格帯のメイドインジャパンは健在(ただしニーズは不在)