ノイルヒート DHS-1522 DHS-1222 どちらがおすすめ?

スポンサーリンク

ノイルヒートには最大消費電力1500WのDHS-1522と最大消費電力1200WのDHS-1222の2種類あります。

また、2021年製のノイルヒートもまだ市場に出回っています。

おすすめは次のとおり。

  • ノイルヒート 1500W、2021年製(型落ち)を購入する

となります。

以下に、もう少し説明します。

ノイルヒート DHS-1522 DHS-1222 どちらがおすすめ?

部屋の大きさでどちらかを選ぶことになりますが、予算が許せば1500WのDHS-1522がおすすめです。

DHS-1522がおすすめの理由は、

① 消費電力が大きい分暖まる時間も短くて済む

② 自動運転なら、DHS-1522と電気代はあまり変わらない

③ 本体サイズは同じ

ただ、価格はどうしてもDHS-1522のほうが高くなります。

そこで、仕様が同じ、型落ちのDHS-1521を安く購入することをおすすめします。(2022年9月現在DHS-1521のほうが安く購入できます)

1500W

DHS-1522の価格(2022年製)

DHS-1521の価格(2021年製))

1200W

DHS-1222の価格(2022年製)

DHS-1221の価格(2021年製)

仕様は同じなので、2021年製のDHS-1521が断然お得です。ただ、冬シーズンに入れる在庫がなくなってしまう可能性があるので、できればシーズン前に購入することをおすすめします。

① 消費電力が大きい分暖まる時間も短くて済む

ノエルヒートの最大消費電力は1500W、1200Wの2種類です。

消費電力が単純に熱になると仮に考えると、1500Wの方が1.25倍速く部屋を温めることができます。

寒い部屋を速く温めたいときなどは、この差は大きいのではないでしょうか?

② 自動運転なら、DHS-1522とDHS-1222の電気代はあまり変わらない

1500Wタイプも1200Wタイプもともに最小消費電力は300Wです。

ともに自動運転モードがあるので一度暖まれば、あとは自動で出力を調整しながら運転します。そのため、電気代はほとんど代わりありません。

また、最初に暖めるときも1500Wで短い時間で暖めるか、1200Wで時間をかけて暖めるかでトータルでかかる電気代にはあまり差がありません。

表1 仕様比較

DHS-1522 DHS-1222
電源 100V(50/60Hz) 100V(50/60Hz)
消費電力 1,500W~300W 1,200W~300W
待機時消費電力 0.6W 0.6W
運転電流 15A 12A
ヒーター 高密着FIXALヒーター(アルミダイキャスト式) 高密着FIXALヒーター(アルミダイキャスト式)
電源コード長さ 2.5m 2.5m
質量 11.3kg 9.7kg
外形寸法 高さ621×幅270×奥行469mm 高さ621×幅270×奥行469mm
その他 リモコン、フロアLED、転倒OFF(オフ)スイッチ、過熱防止装置、センサープラグ リモコン、フロアLED、転倒OFF(オフ)スイッチ、過熱防止装置、センサープラグ

室温が設定温度に近づけば、1200Wタイプも1500Wタイプ、どちらも300Wまたは600Wでの運転になります。

このことから、温度を維持する運転では電気代は同じということになります。

図1

③ 本体サイズは同じ

表1の比較表からわかる通り、1200Wと1500Wはサイズは全く同じです。違うのは重さだけです。

値段は?1年型落ちがおすすめ

2022年製ノイルヒートはまだ価格が高いので、同じ仕様の2021年製がおすすめです。

楽天やアマゾン、ヤフーショッピングで2021年製1500Wノイルヒートがあれば、無くなる前に購入されると良いでしょう。

1500W

DHS-1522の価格(2022年製)

DHS-1521の価格(2021年製))

1200W

DHS-1222の価格(2022年製)

DHS-1221の価格(2021年製)

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました