象印 圧力IH炊飯ジャー NW-LA型とNW-KB型の機能や性能の違い~おすすめは?

スポンサーリンク

象印 圧力IH炊飯ジャー NW-LAがNW-KBの後継機としてリリースされました。ここでは仕様や機能、ハード面での大きな違いがあるのか調べてみました。仕様や機能はほぼ同じですが、IHヒーターに大きな違いがありました。

象印 圧力IH炊飯ジャー NW-LA型とNW-KB型の違い

仕様の違い

基本は同じですがわずかに違う点もありますがほぼ同じです。

表中の赤い文字が違うところですが、気になるような違いではないと思います。

NW-LA型 NW-KB型
炊飯時消費電力(W) 1240/1370 1240/1370
一回あたりの炊飯時消費電力量(Wh 154/184 154/186
一時間あたりの保温時消費電力量(Wh 16.4/21.8 16.2/21.7
年間消費電力量(kWh/年) 81.2/119.9 80.9/120.4
外形寸法(約cm)幅×奥行×高さ NW-LA110:

27.5×35×23.5(ふた開き時の高さ)46.5

NW-LA18:

31×37.5×26.5(ふた開き時の高さ)51.5

NW-KB10:

27.5×34.5×23.5(ふた開き時の高さ )46

NW-KB18:

31×37.5×26.5(ふた開き時の高さ )51.5

IHヒーターの違い

この底IHヒーターが最大の違いです。新しい底IHヒーターでより激しい対流を起こすことでよりおいしいごはんになるそうです。

真ん中がNW-KB10、右はNW-LA10です。IHヒーターが3ブロックから6ブロックになっています。下図のようにローテーションしながら対角線上の2つのブロックを同時加熱することで激しい対流を作り出します。象印のこだわりが見えますね。

違いをまとめると・・・

  1. 仕様や機能の違いはほとんどない。
  2. NW-LA型では底IHヒーターが3個から6個に分割されより激しい対流を生み出す。

仕様や機能は同じだがよりよい炊き上がりのため底IHヒーターをパワーアップしました。より美味くなったかどうかは人それぞれで違うかもしれませんね。

どちらがおすすめ

NW-LA型は底IH ヒーターにこだわった、よりおいしさを追求したモデルです。

しかし、よほど敏感な人でなければNW-KB型とW-LA型の炊き上がりの違いは分からないのではないかと思います。

そのためどちらにするかは価格で選んだら良いと思います。しかし、価格差があまりなければNW-LA型がおすすめです。

NW-LA型

楽天で象印NW-LA型をチェックっする

アマゾンで象印NW-LA型をチェックっする

ヤフーショッピングで象印NW-LA型をチェックする

NW-KB型

楽天で象印NW-KB型をチェックっする

アマゾンで象印NW-KB型をチェックっする

ヤフーショッピングで象印NW-KB型をチェックする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする