山善 DCモーター サーキュレーター YAR-AD233の特徴と評判は?

山善 DCモーター サーキュレーター YAR-AD233は上下左右首振り機能、DCモーター搭載の最新のサーキュレーターです。今回はDCモーターサーキュレーター山善YAR-AD233について特徴と評口コミ評判をまとめてみました。

楽天市場サーキュレーター楽天人気ランキング

山善 DCモーター サーキュレーター YAR-AD233の特徴と評判

DCモーター採用で省エネ

山善のACモーター搭載のサーキュレーターに比べ約57%の省エネになるようです。実際に計算すると、電気料金の目安単価として27円/kwhを使います。取説の仕様から最小消費電力は7Wです。

電気代

27円.kwhX7W÷1000=0.19円/時間

一日8時間で30日使うと約46円ですね。24時使いっぱなしだと月135円です。エアコンや他の電気製品に比べてとても少ないですね。

パワフルな空気循環

羽根径は23cmです。当然羽根径が大きいほど風量も多くなります。山善の大きな羽根は18cmが多い他社サーキュレーターに比べも有利です。

口コミ評判

  • ファンのサイズが大きく振っ量指定レベルでも洗濯物が乾くのが速い。
  • 23センチの羽根は、18、20センチ羽根に比べ風量格段に大きいです。
  • 扇風機よりも遠く風が届きます。音も個人的には気になりません。
  • 風量があるので洗濯物がよく乾く。室内温度が均一になり気に入っている。音は普通に風の音。

就寝時に最適な静音設計

静音モードが搭載されているので睡眠を妨げませんね。

口コミ評判

  • 上下左右の自動首振りでも音も静か。
  • 風量が最小時の上下左右首振り時の音は全く音は気にならないレベル。夏も就寝時に使用出来そうだ。
  • 風量もありです。扇風機を考えている人にも是非お勧めしたい。
  • に偽りなしです。

サーキュレーターの微風時の音はとても静かなようですね。首振りをしても静かだと書き込まれていますが、下の首振りの口コミ評判では異音がして眠れないなどの書き込みがありました。少なくとも首振りなしであれば静かだといえるでしょう。

首振り

リモコンでも「上下首振り」、「左右首振り」、「上下+左右首振り」の切り換えが出来るのでいちいちサーキュレーターまでいかなくてとても便利です。特に就寝時はなおさらですね。

上下首振り:約85°

左右首振り:約55°

口コミ評判

  • 上下左右の首振りもスムーズ、ガタつきがありません
  • 左右振り時のきしみ音で眠れない。音が発生しないときもあるのでクレームにしにくい。きしみ音以外は満足で、とても良い商品だと思う。
  • 2週間で振り時ギコギコ音が出始めた。本体シールには音が出ると書いてあるが使用しはじめは本当に静だっただけに残念だ。
  • 左右角度が小さい。全体としての完成度は高いと感じた。

首振り時には異音が多少出ることがあるようですね。また、左右の首振りが少し狭いとの指摘もありました。音については個人差が大きいです。就寝時には音に神経質な方は首振りにしないほうがいいでしょうね。首振り時の音は多少はあると思って購入した方がいいですね。

山善 DCモーター サーキュレーター YAR-AD233の通販

YAR-AD233の楽天最安寝は9,180円(税込・送料無料)。アマゾンでは9,530円(税込・関東への配送料無料)。下記の楽天ショップはポイント5倍(455ポイント)がついているので、下記の価格より実質455円さらに安く買える計算になりますね。

楽天最安ショップ
ポイント5倍(455ポイント)
↓ ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YAMAZEN DCモーター サーキュレーター YAR-AD233-WB
価格:9180円(税込、送料無料) (2018/5/7時点)

楽天市場YAR-AD233楽天安値ショップ一覧

アマゾンYAR-AD233アマゾン安値ショップ一覧

さいごに

山善のDCモーター サーキュレーターは羽根径が23cmと大きいので風量に余裕があります。サーキュレーターとして一番大切な部屋の空気循環を考えれば羽根径が大きいほうが有利です。また、洗濯物の乾燥でも有利になります。でもそういう点では、とてもお勧めのサーキュレーターです。

山善だけに限らないのですが首振り時に出る音は確実に避けるのは難しいと思います。ある程度はしょうがないと初めから考えていたほうがいいでしょう。

ここまで、ご覧いただきありがとうございました。この記事がお役に立てればうれしく思います。

楽天市場サーキュレーター楽天人気ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする