アイリスオーヤマ PCF-HM23 サーキュレーターの口コミ評判は?

アイリスオーヤマのサーキュレーターPCFHM23は20畳まで対応する大型のサーキュレーターです。今回は実際の使用者さんのレビューから20畳でもしっかり働いてくれるのかどうかをチェックしてみました。結論から言えば、20畳の部屋でも空気循環ができ、冷暖房の省エネに役立つサーキュレータでした。以下にもう少し詳しくお伝えしますので参考にしてください。

人気サーキュレーターはここからチェック
↓ ↓ ↓
楽天市場サーキュレーター楽天人気ランキング

アイリスオーヤマ PCF-H23 サーキュレーターの口コミ評判 20畳で使えるか?

アマゾンと楽天のレビューから20畳で使っている方のレビューをピックしまとめています。16~18畳の方のレビューも混ざっていますが参考になると思いますので掲載しました。また事務所でお使いの方のレビューも含めました。部屋の空気がちゃんと循環して冷暖房の省エネになったかならなかったかというような内容のレビューをなるべく集めてみました。

アマゾンレビューより

  • 20畳より大きめのオフィスで使用しているが、熱のこもり方に違いを感じます。サーキュレーターを見直しました。音も最強にしてもオフィスでは気になりません。
  • 期待外れだった。何を根拠に20畳としているのか知りたい。買わなければよかった。
  • 16畳のLDKの冷暖房の空気循環のために購入。1.2m程度の高さに設置し冷房時は下向き,暖房時は上向きで運転。風量は十分あり室内空気を攪拌出来る。
  • 20畳でパワー不足を感じた。
  • 16畳で使用。つけて30分位ですぐ効果が出る。暖房時はエアコン温度の28度を23度に変更、さらに20度に出来る。良い商品に出会った。
  • 20程度の事務所で暖房温度を少し下げることが出来た。風量2でも音は気にならない。もっと早く買えばよかったと思う。
  • 20畳用なのでパワフルと期待したが、最大風力でも扇風機の強に劣るように思う。6畳くらいの部屋でも少々微妙だ。

パワー不足を感じるレビューもありましたが、実際に冷暖房の省エネになったのかどうかについてはこれらのレビューからはわかりません。感覚的に風量が弱いと感じているだけかもしれません。

一方、冷暖房の設定で省エネに成功しているレビューもありました。こちらは実際に温度設定の変更ができたというレビューなので信用できるレビューだと思います。温度設定の変更が出来ず省エネにならなかったのであれば、わざわざレビューは書かないと思われるからです。

次に、楽天レビューを見てみました。

  • 18畳のリビングで使用。今までは暖房時にエアコン設定温度を26度にしても寒かった。このサーキュレーターで空気を循環させたら一気に部屋が暖まって来た。
  • 今まで使っていた海外製サーキュレーターは強風にすると、うるさくストレスだった。こちらの製品は静か。その分パワーが控えめだが、20畳弱のリビングでも空気循環できる。安くて良い買い物ができた。
  • 18畳の治療院で使用。エアコンの冷気が攪拌され柔らかくなり、治療中も心地が良いのでお客様に喜ばれている。
  • 会社事務所の空気循環に使用。音も静かでつけているのかどうかもわからないほど。非常に満足しているのでもう一台買います。
  • 17畳のリビングで使用。エアコンの設定温度28度でも快適。寝室では熱帯夜でも窓全開で天井に強で風を送るとやわらかな風が循環して涼しく朝まで寝られる。
  • 13畳LDKと6畳の間に置いて使用。空気が回って外からの空気も入り涼しい。

こちらのレビューでは実際に空気循環ができた。結果として冷暖房の設定温度も変えられ省エネができたとレビューしています。

実際に体験された話なので信ぴょう性は高いですね。20畳で使用している方のレビューでは良い買い物ができたとかかれていて、とても満足しているようですね。

以上のレビューから20畳あるいはそれに近い広さの部屋でも多くの方は空気が循環していることを体感していました。更に付け加えれば、とても静かであるとのレビューもありました。満足度の高い商品だと言えますね。

さいごに

アイリスオーヤマのサーキュレーターは特殊形状の羽根で大風量でありながら静音性も実現しています。お値段がリーズナブルなのもうれしいですね。

購入の目的がサーキュレーターでリビングの冷暖房費を抑えることならアイリスのPCF-HM23はイチオシのサーキュレーターだと言えます。

ここまで、ご覧いただきありがとうございました。この記事がお役に立てればうれしいです。

人気サーキュレーターはここからチェック
↓ ↓ ↓
楽天市場サーキュレーター楽天人気ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする