コアヒートCH-126R,CH-127R,CH-128Rの違いは?

コロナのコアヒートは現在2014年製から2018年製が通販で売られています。もっと古いのも時々見かけます。仕様が同じであれば古い型番が安くてお得です。ここでは、それぞれの製造年での仕様の違いなどがあるかどうかをまとめています。せっかく購入するなら少しでもお安いほうがいいので是非参考にしてくださいね。

コアヒートCH-126R,CH-127R,CH-128Rの違い

基本仕様や形状などはCH-126R,CH-127R,CH-128Rでは同じです。型番だけ変えているようです。主な仕様や機能は以下の通りです。

消費電力

  • 通常運転:1150W~330W
  • 揺らぎ運転:820W~200W

コード長

  • 2.0m

質量

  • 5.6kg

首振り機能

  • 自動首振り:70度
  • 手動首振り:60度

タイマー

  • 3時間タイマー 30分刻みで3時間
  • 6時間自動切タイマー

チャイルドロック機能

  • 搭載

外形寸法(縦向きの時)

  • 高さ:717mm
  • 幅:340mm
  • 奥行:300mm

安全装置

  • 転倒オフスイッチ
  • 温度過昇防止器

生産国

  • 日本

製品保証

  • ヒーター:3年
  • 本体:1年

3機種ともすべて同じスペック・生産場所・保証期間です。このことから、特に型落ちにこだわらないのであれば価格の一番安いものを選ぶのがお得です。

楽天市場コロナ コアヒート楽天市場安値ショップ一覧

アマゾンコロナ コアヒートアマゾンショップ一覧

コアヒートの型番は他にもある

ところで、コロナは流通経路によっても型番を変えます。また、型落ち品は製造年が分からないようにして「A]を付けて販売することもあります。このため多くの型番があって分かりにくくなっています。「A」の付いているのは、普通は前の年に生産したものと考えておけばいいと思います。

製造年別型番

2016年の型番

  • CH-126R 一般ルート
  • DH-1216R 家電量販店
  • AH-126R ホームセンター

2017年雄型番

  • CH-127R 一般ルート
  • DH-1217R 家電量販店
  • AH-127R ホームセンター

2018年の型番

  • CH-128R 一般ルート
  • DH-1218R 家電量販店
  • AH-128R ホームセンター

このように流通ルートで型番を変わります。型番だけが単純に変わっているのならまだいいのですが、実はわずかですがカラーやパネル形状、サイズなども変えているのです。バリエーションがあっていのか、煩雑なだけなのかはとらえ方次第ですが、メーカーはは面倒でしょうね。

型番の頭文字による違い(CH、DH、AH)

コード長とカラーの違い

型番 コード長 カラー
CH-126R
CH-127R
CH-128R
2m (-W)ホワイト
DH-1216R
DH-1217R
DH-1218R
2.4m (-SS)シャンパンシルバー
AH-126R
AH-127R
AH-128R
2m (-SS)シャンパンシルバー

操作パネルの違い

2016製では操作パネルはCH、DH、AHとも同じです。

2017年製からDHの操作パネルは変更され使い勝手がよくなりました。(2018年製のDHも2017年製の操作パネルと同じです)

DH-1217R,DH-1218Rの操作パネル

運転ランプが後ろからも見える様になり、パネルに傾斜がついて操作しやすくなっています。操作パネルの後ろに段差が設けられ本体回転時に便利です。

どうしてDHだけ変更して他には展開しなかったのか疑問ですが、このパネルが気に入ったらら2017年製DH-1217Rか2018年製DH-1218Rを選んでくださいね。ただし、価格が高めに設定されているのであまり強くはお勧めできません。

サイズの違い

型番 サイズ
CH-126R
CH-127R
CH-128R
高さ:717mm
幅:340mm
奥行:300mm
DH-1217R
DH-1218R
高さ:723mm
幅:340mm
奥行:300mm
DH-1216R 高さ:717mm
幅:340mm
奥行:300mm
AH-126R
AH-127R
AH-128R
高さ:717mm
幅:340mm
奥行:300mm

DH-1217R,DH1218Rだけ高さが6mm高くなっています。操作パネル形状が変更されたからですね。

コアヒートの通販価格

楽天市場コロナ コアヒート楽天市場安値ショップ一覧

アマゾンコロナ コアヒートアマゾンショップ一覧

さいごに

頭文字がCHとAHのコアヒート2016年~2018年では全て同じでした。

違いが有ったのは頭文字がDHで始まる型番でのコアヒートで、2017年からは操作パネルが改良され使いやすくなっています。

この改善で使い勝手は良くなりました。選ぶときは2017年製のDH-1217Rか2018年製のDH-1218Rになります。しかし、ちょっと価格が高めで無理に選ぶ事もないと思います。

DH-1217R,DH-1218Rの価格

楽天市場コアヒートDH-121(R,DH1217R楽天市場

アマゾンコアヒートDH-121(R,DH1217Rアマゾン

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする