コロナSL-5118とトヨトミKR-47Aの違いと価格~灯油代は?

コロナSL-5118は5.14KWの対流型石油ストーブです。

トヨトミのKR-47は、暖房能力が4.7KW高性能な対流型石油ストーブです。

コロナのSL-5118は木造13畳・コンクリート18畳、一方のトヨトミのKR-47は木造12畳・コンクリート17畳と、暖房できる床面積が近いことから、購入時にはどちらにしようか迷いそうですね。今回はスペックや燃費の比較をしましたので購入時の参考にしてください。

コロナSL-5118とトヨトミKR-47Aの比較

暖房能力と燃費

  • コロナSL-5118:5.14kW(0.50L/h)
  • トヨトミKR-47A:4.7kW(0.457L/h)~3.76kW(0.366/h)

トヨトミの方が僅かですが、出力が小さい分燃費が良くなっています。トヨトミには火力調整機能があり、最小で燃焼すると燃料消費量はは0.366L/hまで落とせます。コロナの約7割程度の燃費で運転できることになります。

部屋が暖まってきたら、このような省エネ運転ができると助かりますね。コロナの方もこまめに火をつけたり消したりすれば良いのですがちょっと面倒です。

暖房能力そのものは、あまり変わりませんが、トヨトミの最小運転での運転ができるのは大きなメリットです。

火力調整

コロナSL-5118の火力調整

火力調整は最適な燃焼状態の範囲内で行いますが、あまり火力を絞ると不完全燃焼となり危険です。正しい炎の状態が1~3cmとあるので、この範囲での火力調整になります。火力調整幅が明記されていないぐらいなので、あまり大きくな調整できないと考えたほうがいいです。

コロナのQ&Aには、このように書かれています。

Q:火力を絞って使っていいですか。
A:火力は絞って使うとにおいや音(ポツポツ)・一酸化炭素(CO)が出たりします。
「取扱説明書や本体表示」に記載の正しい炎の状態に合わせて、調節範囲内で使用してください。

トヨトミKR-47Aの火力調整

トヨトミには上記の通り、最大正常燃焼と最小正常燃焼の2つのイラストが描かれています。最小は最大の約80%の火力です。最小火力にすることで19時間も運転し続けることができます。火力調整が必要ならトヨトミですね。

臭いについて

石油ストーブが苦手な人の一番の原因は臭いです。点火時や消火時の臭いをはじめ、燃焼中の臭いも気になるようです。どちらも正常燃焼して入り時は臭いが気になることは少ないです。トヨトミには更に臭いを抑えるダブルクリーン機能が搭載されています。

ダブルクリーンのイメージ

1段目(赤熱式)で燃え切らなかった臭いは、2段目(白光炎式)で燃やし切り臭いを抑えます。火力調整が20%もできるのは、このダブルクリーンがあるからです。

火力調整で炎を絞ると燃え切らないガスが多く出ますが、1200°Cにもなる2段目(白光炎式)で、これらのガスは燃えつくされ、臭いが抑えられます。

コロナは火力調整範囲は小さいので問題なかったのですが、トヨトミは火力調整幅を大きくしたので、この機能が必要になったと思えばいいですね。

灯油代について

コロナSL-5118とトヨトミKR-47Aの灯油代を比較してみます。

ここでは、灯油の価格を1700円/18Lとします。

コロナ

  • コロナSL-5118の灯油消費量は、0.5L/h
  • 灯油代は、1700円/18L × 0.5L/h = 47.2円/h

トヨトミ

  • トヨトミKR-47Aの灯油消費量は0.457L/h~0.366/h
  • 最大時の灯油代は、1700円/18L × 0.457L/h = 43.2円/h
  • 最小時の灯油代は、1700円/18L × 0.366L/h = 34.6円/h

灯油代が高騰している今は、石油ストーブのランニングコストは結構かかります。

しかし、石油ストーブは停電時でも使えるという大きなメリットがあります。停電しても厳しい寒さを石油ストーブさえあればしのぐことができるます。

多少ランニングコストはかかっても、停電時にも使えるというメリットは大きいですね。

エアコンと併用すれば省エネに!

部屋を一気に石油ストーブで暖め、あとはエアコンの自動運転で温度を維持すれば省エネになります。

エアコンが電気を食うのは初めに部屋の温度を一気に上げるときなので、そこは石油スト―ブに任せます。

温度が上がったら石油ストーブは停止して、エアコンにあとは任せます。エアコンは既に室温が上がっているので省エネ運転となり電気代も安上がりです。

このようにうまく組み合わせれば電気代も灯油代も節約できるのではないでしょうか。

コロナSL-5118とトヨトミKR-47Aの価格

価格は変動しますので、赤(楽天)または緑(アマゾン)のリンクから最新の価格を確認してください。リンク先は楽天あるいはアマゾンの公式ページです。それぞれのページは価格の安いショップ順に表示されますので、すぐに最安値が分かります。

コロナSL-5118

楽天市場コロナ対流型石油ストーブSL-5118楽天市場安値ショップ一覧

アマゾンコロナ対流型石油ストーブSL-5118アマゾン安値ショップ一覧

トヨトミKR-47A

楽天市場トヨトミ対流型石油ストーブKR-47A楽天市場安値ショップ一覧

アマゾントヨトミ対流型石油ストーブKR-47A(ベージュ)アマゾン安値ショップ一覧

アマゾントヨトミ対流型石油ストーブKR-47A(レッド)アマゾン安値ショップ一覧

さいごに

コロナSL-5118とトヨトミKR-47Aの違いを見てきましたが、どちらを選ぶかは使用する条件で違ってきそうです。

  • コロナは価格は安いが火力調整はまり期待できない。
  • トヨトミは価格は高いが火力調整範囲がとれて省エネ運転が可能。

室内で石油ストーブだけで暖を取るなら火力調整が出来るトヨトミが便利です。エアコンとの併用または人の出入りの多いオープンスペースなどの火力調整があまり必要でない場所ではコロナで良いと思います。使う環境に合わせて選ばれるのが一番ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする