石油ファンヒーター コロナとダイニチ~燃費・電気代が安いのは?

スポンサーリンク

石油ファンヒーターの燃費や電気代比較をコロナとダイニチで比較してみました。ランニングコストの比較も購入の際のチェックポイントの一つです。

コロナ石油ファンヒーター

ダイニチ石油ファンヒーター

石油ファンヒーター コロナとダイニチの燃費・電気代は?

燃費の比較

燃費は同じです。灯油1Lで得られるエネルギーは37MJです。どのメーカーの石油ファンヒーターであろうと灯油を燃焼する限り燃費は同じになります。

一例をあげてみます。

ダイニチ FW-3719SGXのスペックは次のようになっています。

  • 最大暖房出力:3.7kW
  • 最大燃料消費量:0.36L/h

灯油1Lのエネルギーは37MJなので、最大燃料消費消費量0.36L/hのエネルギーは

37MJx0.36L/h=13.32MJ/h

1kW=3.6MJなので

13.32MJ/h÷3.6MJ=3.7kW/h

これは、ダイニチのFW-3719SGXの最大暖房出力3.7kWに一致します。このように灯油の燃費は石油ファンヒーターのメーカーには関係なく灯油のもつエネルギーで決まってしまいます。よって、燃費は同じになります。

電気代の比較

ダイニチのSGXシリーズとコロナのWZシリーズで電気代を比較。その結果、コロナの方が電気代は少ないことがわかります。

ただし、コロナでは秒速点を使うと約80Wの電力がヒーターが停止しているときにも必要になります。

しかし、秒速タイマーで秒速点火をセットする時間が決められ、秒速点火の時間を短くできるのであまり気にする必要はありません。

赤字が電気代です。電力料金の目安単価を27円/kWhで計算しています。

暖房の目安

(木造和室・畳)

メーカー 最大暖房出力

(kW)

大火力時消費電力

(W)

小火力時消費電力

(W)

10 ダイニチ 3.7 129

3.5円

62

1.7円

コロナ 3.6 22

0.6円

11

0.3円

12 ダイニチ 4.7 153

4.1円

70

1.9円

コロナ 4.62 23

0.6円

11

0.3円

15 ダイニチ 5.7 191

5.2円

80

2.2円

コロナ 5.65 27

0.7円

11

0.3円

10畳タイプのコロナとダイニチの電気代をしミューレとしてみます。

最大燃焼で24時間30日使ったと仮定して電気代を求めてみます。

コロナの場合

最大燃焼時の電気代:0.6円/h

1日24時間30日の電気代=0.6円/hx24hx30日=432円

ダイニチの場合

最大燃焼時の電気代:35円/h

1日24時間30日の電気代=3.5円/hx24hx30日=2520円

ダイニチの電気代はコロナの約5.8倍です。電気代の差は無視できないですね。

燃費・電気代が安いのは?

以上を再度まとめると次の通りです。

燃費

  • 同じです

電気代

  • コロナの電気代はダイニチの約15%でとても少ない

ただ、コロナの場合は秒速点火をセットすると石油ファンを使用していないときでも約80W(約2.2円/時間)の電気を使います。しかし、秒速点火の開始時刻は秒速タイマーで設定できるので実際には電気代をそれほど気にしなくても大丈夫です。

以上のことから電気代の安さで選ぶならコロナをおすすめします。

コロナ石油ファンヒーター

楽天市場コロナ石油ファンヒーターを楽天でチェック

アマゾンコロナ石油ファンヒーターをアマゾンでチェック

YAHOO!コロナ石油ファンヒーターをヤフーショッピングでチェック

ダイニチ石油ファンヒーター

楽天市場ダイニチ石油ファンヒーターを楽天でチェック

アマゾンダイニチ石油ファンヒーターをアマゾンでチェック

YAHOO!ダイニチ石油ファンヒーターをヤフーショッピングでチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする