コロナ ノイルヒート DHS-1519とCHS-15Aの違いは?

スポンサーリンク

コロナ ノイルヒートの1500Wタイプには家電量販店向けDHS-1519(リモコン付き)と一般ルート向けCHS-15Aと(リモコンなし)いう機種があります。

違いはリモコンの有り無しだけなのか、他にも何か違いがあるのか、買うならどちらが良いかなどをお伝えしています。

コロナ ノイルヒート DHS-1519とCHS-15Aの違いは?

基本仕様の比較

DHS-1519 CHS-15A
暖房の目安

日本電機工業会、カッコ内は次世代エネルギー基準

10畳(13畳) 10畳(13畳)
消費電力 1500W 1500W
外形寸法 H621xW270xD469mm H621xW270xD469mm
質量 11.3kg 11.3kg
電源コード長 2.5m 2.5m
タイマー プログラム運転・入タイマー プログラム運転・入タイマー
安全装置 転倒オフスイッチ・過熱防止装置・センサープラグ(電源) 転倒オフスイッチ・過熱防止装置・センサープラグ(電源)
付属品 リモコン・リチウム電池 なし

スペックや取説を見ると違いはリモコンとボディカラーだけの様です。

リモコンを除くと性能や機能は全く同じです。CHS-15AよりはDHS-1519の方が価格は安く設定されていることが多く、リモコンも付いているのでお得ですね。

取説を見るとDHS-1519にはリモコン受信部が表示されています。

一方のCHS-15Aにはリモコン受信部の表示がありません。

リモコン受信部がないCHS-15Aでは仮にリモコンだけを購入してもリモコン操作はできないと思われます。

単純にリモコンが付属していないだけで本体は同じというわけではないようです。本体カラーが色が違うだけではなく、リモコン機能もありませんね。

やはり購入するならリモコンが付いているDHS-1519の方がよさそうです。

おすすめは?

おすすめは、先にお伝えした通りDHS-1519です。理由はDHS-1519は家電量販店向ということで価格設定が一般ルート向けのCHS-15Aより安い傾向にあること、リモコン操作ができることなどからです。

通販サイトではDHS-1519は普通に見かけますがCHS-15Aはあまり見かけません。価格がDHS-1519より安くて、リモコンが本当に不要な場合は別ですが、そうでなければDHS-1519を検討したほうがよいと思います。

1200W(8畳、10畳)タイプ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする