シャープ洗濯機 ES-W113、ES-W112、ES-WS13,の違い~おすすめは?

スポンサーリンク

シャープの洗濯機 ES-W113,ES-W112,ES-WS13,の違いをお伝えしています。

ES-W113,ES-W112,ES-WS13はすべてドラム式洗濯乾燥機で洗濯・脱水容量11kg、乾燥容量6kgです。

ES-W113とES-WS13は、ES-W113にはない「洗剤・柔軟剤が少なくなるとアマゾンから自動で再購入機能」と「液体洗剤・柔軟剤自動投入機能」などが追加されました。

価格の安いES-WS13は乾燥方式が従来のハイブリッド方式からヒートポンプ方式だけに変わりました。

ES-WS13については価格が低いですが、ES-W113やES-W112に比べ性能や機能が見劣りします。

特に「温水極め洗いコース」がないのが残念です。

以下に、ES-W113,ES-WS13,ES-W112の違いをもう少し以降でお伝えしています。

シャープ洗濯機 ES-W113,ES-WS13,ES-W112の違い~おすすめは?

スペックや機能の比較

ES-W113 ES-W112 ES-WS13
洗浄力 マイクロ高圧洗浄 マイクロ高圧洗浄 マイクロ高圧洗浄
液体洗剤・柔軟剤自動投入 X
温水極め洗いコース X ガンコ汚れコース
ホームクリーニングコース
サッと予洗いコース
ひまわりガラス
時短コース
香りプラスコース
センサー

温度・湿度・水位・重量・光・泡・振動

温度・湿度・水位・重量・振動・光・泡

温度・湿度・水位・重量・振動

静音性 DDインバーター

洗い:30dB

脱水:37dB

乾燥:39dB

DDインバーター

洗い:30dB

脱水:37dB

乾燥:39dB

DDインバーター

洗い:26dB

脱水:37dB

乾燥:40dB

乾燥 ハイブリッド(人ポンプ+サポートヒーター) ハイブリッド(人ポンプ+サポートヒーター) ヒートポンプ
ぽかぽかおひさま乾燥 X
シワ抑え乾燥コース
プラズマクラスター
乾燥フィルター自動お掃除 X
乾燥ダクト自動お掃除
新形状の乾燥ダクト
洗剤のオンライン購入サービス X
超音波ウォッシャー付属 X X

黄色の網掛けが特に注目したい項目です。

温水極め洗いコース

シャープのHPから引用

温水極め洗いコースは、「洗い」中に衣類を温風で温めて洗剤の効果を高め、高圧シャワーで汚れをしっかり落としてすすぎます。
泥汚れ・襟汚れなど、落ちにくい汚れが付いた衣類におすすめします。
(標準コースよりもしっかり洗うため、運転時間が長く、水を多めに使用します※)
※ 極め洗いコース(洗濯)を洗濯量4kgで運転した場合の運転時間は約124分、使用水量は約105Lです。
(運転時間と使用水量は洗濯量によって変わります。)

<お洗濯のコツ>

しみついた汚れを効果的に落としたいときは、洗濯量を4kg以内にしてください。
(洗濯量4kg以上でご使用の場合でも洗浄効果は標準コースより高くなります)

汚れ物が多いのであれば、ES-W113、ES-W112がおすすめです。

ハイブリッド乾燥

業界初※のヒートポンプ&サポートヒーターのハイブリッド乾燥方式により、省エネ※1でふんわりあたたかな仕上がりを実現しました。さらに乾燥中もプラズマクラスターを放出。省エネ・心地よさを実現する乾燥方式です。

ヒートポンプ方式にサポートヒーターを加えて乾燥させるため、ふんわりの仕上がりになります。

液体洗剤・柔軟剤自動投入

ES-W113とES-WS13で、液体洗剤・柔軟剤自動投入ができるようになりました。毎回投入するのがメンドだった方にはうれしい機能です。

ES-W113とES-WS13には、シャープとして初めて「液体洗剤・柔軟剤自動投入」機能が搭載されました。ようやくパナソニックに追いつきました。

どう選ぶ?

シャープ初の「洗剤・柔軟剤自動投入」機能がES-W113とES-WS13に搭載されています。対応するのは液体洗剤と柔軟剤ですが、他社でも同様なので特に問題はないと思います。

「温水極め洗いコース」はES-W113とES-W112の機能です。しっかり汚れを落としたい場合は、この機能が役立ちます。

「ハイブリッド乾燥」もES-W113とES-W112の機能です。ふっくらした仕上がりがほしい方には欲しい機能です。

価格的ではES-W113のほうがES-W112より安くなってきました。こうなるとES-W112を購入する理由はありませんね。

最後にES-WS13は価格が安くて「洗剤・柔軟剤自動投入」機能がほしい方におすすめです。

しかし、ES-W113との価格差は3万円程度です。長期間使用するものなのでES-W113を選択するのがベストだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする