グリルホットサンドメッシュであんこホットサンドとハム卵チーズホットサンドを作った感想は?

グリルホットサンドメッシュで、あんこホットサンドとハム卵チーズホットサンドを作りました。食パンは6枚切りを使いました。本当は8枚切りが欲しかったのですが、なかったので6枚切りになりました。しかし6枚切りではあまりにも厚すぎるので結局半分にスライスして使用。12枚切りですね。

グリルホットサンドメッシュは前回ご紹介した通りステンレス製のシンプルなものです。食パンに具を挟んで網を閉じ、オーブントーストや魚焼きグリルで加熱してホットサンドを作ります。

今回はオーブントースターを使っての、あんこホットサンド、卵ハムチーズホットサンド作成体験風にお伝えしますので、参考にしていただければと思います。

ホットサンド作成に使った材料

次の材料でホットサンドを作りました。

あんこホットサンド

  • 食パン12枚切り 2枚
  • 自家製あんこ

ハム卵サンドホットサンド

  • 食パン12枚切り 2枚
  • スライスハム 2枚
  • スライスチーズ 1枚
  • 目玉焼き
    目玉焼きはフライパンであらかじめ作っておくます。

あんこホットサンド作成手順【写真】

6枚切りを半分にスライスした食パンを2枚を準備します。

あんこを片方の食パンに乗せます。

この時に注意したことは、

大量にのせてないこと

パンのエッジ付近は開けておくこと

この2点です。

はじめてホットサンドを作るときはよくわからないので、つい具をたくさん入れてしまいがちですが、最悪パンの端から具がこぼれ出てしまいます。ここは、ぐっとこらえて、少し少ないかなぐら胃がちょうどいいと思います。

次に、パンのエッジ付近には具をのせないという点です。普通に考えればわかる通り、エッジの近くは、ぺったんこに潰されるところです。

潰されることで2枚のパンがくっつくわっけですから、ここに具が入っているとちょっと具合がよくありません。

ここには具をのせないようにしてみました。写真でもエッジ付近いはあんこは乗っていないのが分かると思います。

パンが網にくっつくという方は、この辺りも一度チェックしてみるといいかもしれないですね。

あんこを挟みますが、入れすぎに注意しましょう。先にご説明した通りです。

グリルホットサンドメッシュに乗せます。メッシュの膨らんだ真ん中あたりにあんこが入るればパンクしにくいです。

グリルホットサンドメッシュをしっかりロック。無事メッシュがかかったらロックして加熱中にぱかっと開かないように注意です。

オーブントースターに入れます。オーブントースターは奥行きがあまりないので、写真の通り横置きになりました。オーブントースターの網の上にポンと横向きに置くだけにしました。

1300Wで5分加熱します。オーブントースターはパナソニックのNT-T500です。かなり強烈に加熱されています。

よくは見えませんがパンから水蒸気が上がっているはずですね。強い火力で短時間にパンの表面を焼けば中の水分は出にくくなるので、外カリ中ふわのパンになります。

5分のタイマーをかけ、しばらく待ちます。ずっと見てなくともよいので楽ですね。

焼き上がりです。

焦げ色が付きました。網には、なにもこびりついていないです。

ステンレスのメッシュは変色もこびりつきもありませんでした。ただ、取り出すときはものすごく熱くなっていますので、厚めのミトンで取り出しました。

網を開けると、こんがりとおいしそうに焼けています。上下のパンはしっかりくっついています。エッジはぺったんこです。膨らんだ部分にあんこが詰まっています。美味しそうです。

反対側の焼け具合です。こちらは、あまり焦げていません。もう少し時間をかければ焦げますが、この辺りはお好みで。

オーブントースターの棚に乗せるので、ヒータまでの距離が上側のパンの方が近くになります。

わずかな差ですが、熱用は距離の2乗に反比例しますので、このわずかな差でも大きく聞いてくるのだと思います。焦げ色はついていなくてもパンの表面は十分カリカリになっているようです。

真ん中で切ったところです。あんこがきれいにパンに包まれています。かなり、あんこが入っているように見えます。狭い面積に押し込まれたので厚み方向に膨らんでいますね。

角度を変えて撮影

上のサンドを 裏返してみました。時間をかければもう少し焦げ目がついたかもしれないですが、パンは外はサクッと中かはふわっと出来てすごく美味しく頂きました。たっぷり入ったあんこでお腹が一杯になりました。あんこホットサンドは大成功!また食べたいです。

ハム卵チーズホットサンドの作成手順【写真】

スライスハムとスライスチーズ、目玉焼きをパンに乗せます。食パンは6枚切りをスライスして12枚きりにしています。

グリルホットサンドメッシュにセットしました。要領はあんこの時と同じです。

オーブントースターで1300w、5分間焼きます。今度も、うまくできrますように!

オーブントースターからとりだしたところです。いい感じに焼きあがっています。

焦げ色はあんこサンドと同じ感じですね。

反対側は焦げ色がほとんどついていません。

半分に切ったところです。目玉焼きが美味しそうです。チーズもとろけていて美味しかったです。

角度を変えて撮影

パンはしっかりくっついて具を包み込んでいます。チーズが入っていると一味違います。

今回はあんこホットサンドと卵ハムチーズホットサンドをグリルホットサンドメッシュで作りました。とても美味しくて大満足です。明日はカレーを挟んでカレーホットサンドを作ることにしました。

使用後のグリルホットサンドメッシュは汚れた?

あんこホットサンド、卵はムチーズホットサンドを続けて作った後のグリルホットサンドメッシュです。

パンくずはわずかに落ちていますが、こびり付きは全くありません。これなら、お掃除も簡単です。水洗いの必要は今回は全くないですね。

比較的強い火力で焼いたことと、6枚切りをさらに半分にスライスしたことが良かったのでしょう。

中の具材にもよると思いますが、水分が多めのものだと、こびりつきやすいような感じがします。

使用後のグリルホットサンドメッシュはきれいでした。パンくずが僅かについているだけで、新品と全く差がありません。多少変色するかと思いましたが、全然変色していませんでした。

反対の網もきれでした。

グリルホットサンドメッシュを使用した感想

使ってみた感想は、とにかく簡単に美味しいホットサンドが出来るのでとてもよいと思いました。

後片付けについては、使用後も汚れは見られず、このままパンくずをほろって落とせばOKといったところです。

オーブントースターがあれば、特に電気式のホットサンドメーカーは無くても大丈夫な気がします。

ただ、オーブントースターは火力は強いほうがうまくできると思います。今回は1300wあったので十分早く焼き上がり外がサクサク、中はふっくらしたホットサンドが楽しめました。

オーブントースターで作るメリットは、タイマーが使えることです。タイマーがあるので付きっ切りで見ている必要がないので、焼きあがるまで別のことができるのでとても便利です。

グリルホットサンドメッシュの収納も軽くて小さいので場所をとらなのがいいです。

グリルホットサンドメッシュ
↓ ↓ ↓

さいごまで、お読みいただきありがとうございました。この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする